歴史学研究会は2022年12月に創立90周年を迎えます。
本会では創立90周年を記念し、シンポジウム「「戦前歴史学」のアリーナ―1932:歴研が生まれた頃―」を開催し、記念誌『「人文知の危機」と歴史学 歴史学研究会創立90周年記念』を発行致します。
詳細は以下の通りとなります。


記念シンポジウム「「戦前歴史学」のアリーナ―1932:歴研が生まれた頃―」

■日時
2022年12月18日(日)13:00~18:00
(12:00開場、12:30 受付開始)

■会場
早稲田大学 早稲田キャンパス8号館106教室
キャンパスマップ

■報告
加藤陽子「1930年代の歴史学の「刷新」と黎明期の『歴史学研究』」
井上文則「「宮崎市定」の誕生―1930年代の軌跡」
佐藤雄基「1930年代の歴史系学会と史学史ブーム」
馬場哲「社会経済史学会の創立と1930年前後の社会経済史研究」

■コメント
小嶋茂稔、昆野伸幸、舘葉月

■司会
岩間俊彦、大沢武彦

■参加費
500円

  • どなたでも参加できます。
  • 当日は、12時の開場より、歴史学研究会関係の書籍の展示・販売を行います。
  • 完全対面での開催を予定していますが、状況により開催方法を変更する場合には、12月15日までに歴史学研究会のホームページでお知らせしますので、必ずホームページをご確認の上、来場をお願いします。完全対面で行う場合は事前申込は不要です。直接会場までお越しください。
  • 詳細についてはこちらのページもご参照ください。

記念誌『「人文知の危機」と歴史学 歴史学研究会創立90周年記念』

記念シンポジウムの開催にあわせ、記念誌『「人文知の危機」と歴史学 歴史学研究会創立90周年記念』を発行致します。
概要は以下の通りです(詳細は順次更新致します)。

編集発行:歴史学研究会、発売:績文堂出版

■第一部
座談会「人文知の危機」(久留島典子、佐藤大介、宇山智彦、隠岐さや香、久保亨)

■第二部
座談会「一九八〇・九〇年代の歴研と歴史学」(小谷汪之、加藤博、木畑洋一、若尾政希)
寄稿文(大門正克、藤田覚、吉田伸之)

■第三部
資料(年表、委員会組織変遷表、出版図書一覧)

*この他の本会の出版物についてはこちらのページをご参照ください。