『歴史学研究』掲載論文等利用許諾基準

1.印刷媒体でのコピー、転載等

(1)『歴史学研究』に掲載された論文等の著作者(以下、単に「著者」という)は、 自らの名において論集・著作集等を印刷媒体で作成するとき、歴史学研究会(以下、単に「当会」という)の許諾を得たうえで、転載することができる。ただ し、この場合、(イ)当該論文等は『歴史学研究』誌上で出版後、1年を経過したものである、(ロ)前記の印刷媒体の中で出典を明らかにする、(ハ)『歴史 学研究』の版面(以下、単に「版面」という)をそのまま使用しない、という条件を課す。なお、出版業者などの第三者が、著者に対して印税・原稿料等の趣旨 で金銭の提供を申し出たときは、著者は当会に報告することなく、これを受領することができる。

(2)第三者が当会に対して『歴史学研究』所載の論文等の転載許可を求めたとき、当会は当該著者の許諾があることを確認し、その転載が適当であるかどうか を判断したうえで、その許否を決するものとする。著者(ないしはその遺族)が所在不明である場合に限り、当会は自ら前記の判断を行う。ただし、版面を利用 して出版することは、当該著者の許諾があっても、許されないものとする。上記の転載が行われ、第三者が印税・原稿料等の趣旨で著者に対して金銭の提供を申 し出たときは、前項に拠るものとする。ただし、当該著者が所在不明の場合においては、当会がこれを受領し、自らの目的に照らしてこれを利用することができ る。

(3)著者は、当会が作成した『歴史学研究』に掲載された著者の論文等の抜刷、ないしは著者自身が作成した抜刷を、当会の許諾なしに複製し、かつそれを配 布することができる。

(4)著者は、『歴史学研究』に掲載された論文等を、その所属する他の機関、または当会が発行する出版物、および助成金の支給を受けた機関もしくは団体等 への報告書に、当会の許諾なしに転載、または添付することができる。その場合、出典を明らかにすることを条件として、版面の利用も許されるものとする。

2.電子媒体でのコピー、転載等

著者が『歴史学研究』に掲載された論文等を自己の所有するサーバ、もしくは著者が所属する他の機関が運営するサーバに、機関リポジトリ等の電子媒体をもち いて公表する場合は、必ず版面にもとづくPDF等の画像形式のファイルのみを掲載するものとし、その他の方法は許されない。また、上記掲載にあたっては、 (イ)論文等の出典を明らかにする、(ロ)『歴史学研究』誌上で出版後、2年を経過したものである、(ハ)著者が公表するファイルに加えて、当会が電子媒 体で公表しているファイルにもリンクを張る、という条件を課す。以上の条件を満たす場合に限り、当該掲載には当会の許諾を必要としない。その他の場合にお いては、当会の許諾を要するものとする。

以上

2009 年4月1日 歴史学研究会 委員会