2021年3月号 No.1006


論 文 
第1次PL480タイトルI協定をめぐる日米交渉…………………伊藤 淳史(1)
-1954~55年-

研究動向
沖縄戦後史研究における「島ぐるみ」の問題……………………古波藏 契(16)

時 評
コロナ禍におけるデジタルパブリックヒストリー
-「コロナアーカイブ@関西大学」の現状と歴史学上の可能性、あるいは課題について-  
 …菊池信彦、内田慶市、岡田忠克、林武文、藤田高夫、二ノ宮聡、宮川創(23)
トルコ政府によるアヤソフィアの再モスク化に関する一考察……今井宏平(32)

時評:日本学術会議任命拒否問題
日本学術会議をめぐる問題について………………………………小谷 汪之(40)
日本学術会議会員6名の任命拒否事件と日本学術会議の活動…木村 茂光(47)
-史学委員会を中心に-

書 評
渡辺尚志『日本近世村落論』…………………………………………小松 賢司(55)
岩井茂樹『朝貢・海禁・互市-近世東アジアの貿易と秩序-』…岡本 隆司(58)
水野祥子『エコロジーの世紀と植民地科学者―イギリス帝国・開発・環境-』
…………………磯部 裕幸(61)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(65)

2021年2月号 No.1005


論 文 
アジア・太平洋戦争期における海軍の新兵動員と陸海軍協定……木村美幸(1)

時 評
コロナ禍における国立国会図書館……………………藏所和輝・竹内秀樹 (18)

シリーズ 歴史家とアーキビストの対話 【第8回】 
【提言】
災害経験をめぐる記憶の行方………………………………………天野真志(28)
 -災害資料の収集と保存から考える-
米国国立公文書館の現場から考えること……………長坂マイヤーズ陽子(34)
【アーカイブズを訪ねる】
尼崎市立地域研究史料館からあまがさきアーカイブズへ
 -尼崎市の公文書館事業-……………………………河野未央・辻川敦(43)
基礎自治体が設置するアーカイブズの現状………………………髙野弘之(46)
 -武蔵野ふるさと歴史館の事例と課題―
史料・文献紹介…………………………………………………………………(51)

書 評
山口英男『日本古代の地域社会と行政機構』……………………北村安裕(54)
高梨久美子『駐英大使の見たヘンリ八世時代』……………………皆川卓(57)

会告:日本学術会議第25期推薦会員任命拒否に関する人文・社会科学系学協会共同声明……人文・社会科学分野310学協会(62)


2021年1月号 No.1004


小特集 皇位継承再論-女帝・女系の可能性と皇太子-

小特集によせて………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
「万世一系」論と女帝・皇太子………………………………………仁藤 敦史(2)
-皇統意識の転換を中心に-

コメント
日本中世史上の女帝・皇太子………………………………………佐伯 智広(12)
近世の女帝と国家・社会………………………………………………村 和明(16)
「女帝・女系の可能性」と<近代>………………………………長 志珠絵(19)

論 文
近世後期の朝廷運営と再興理念………………………………………金 炯辰(24)
-関白鷹司政通の律令封禄再興構想を素材として-

研究動向
「制度」としての医師・病院・患者…………………………………磯部 裕幸(41)
-歴史学的「医学史」の成果と課題-

時評
コロナ禍をきっかけとした「おうちミュージアム」の試み……渋谷 美月(50)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(60)

会告:菅首相による日本学術会議会員の任命拒否に強く抗議する(共同声明)(63)