『歴史学研究』掲載論文等の著作権譲渡のお願い

 歴史学研究会(以下「当会」)は、1933年の創刊以来、学会誌『歴史学研究』(以下「本誌」)を刊行して参りました。70年余の長きにわたり本誌を刊行 できましたことは、ひとえに会員・著者各位のご支援、ご協力の賜物と深く感謝いたします。
 さて、このたび当会は、近年の情報技術の発展・普及を鑑み、学会誌の活動におきましても、掲載論文等の電子化、データベース化、ウェブサイト上での公開 などに、積極的に取り組んで行くことにいたしました。
 こうした活動にあたっては、掲載された論文等を当会が利用するための著作権が、当会に帰属していることが必要となります。そこで当会では、本誌852号 (2009年4月号)より、掲載される論文等の著作権を当会に譲渡していただくようお願いすることになりました。しかしながら、それ以前の論文等につきま しては、著作権者と詳細な取り決めをしていないのが実情です。
 そこで、過去、本誌において掲載された論文等の著作権を、当会へ譲渡することに同意していただけるようお願い申し上げます。該当する論文等の著作権者の 方で、この処置に異議がある方がおられる場合は、2009年12月31日までに下記の連絡先まで、書面(手紙、ファックス、電子メール等)でお申し出くだ さい。ご同意いただけない論文等につきましては、今後の電子化事業の対象から除外いたします。お申し出がなかった場合は、著作権の譲渡に同意いただいたも のとして処理させていただきます。ただし、上記の期日以降も、異議申し立てがあった際は、速やかに対応いたします。
 なお、今回の著作権譲渡は、当会が会誌に掲載された論文等を電子利用することが目的であり、著者自身による論文の利用を妨げるものではありません(詳し い利用許諾基準につきましては、当会のウェブサイトの「『歴史学研究』掲載論文利用許諾基準」 をご覧ください)。
会員・著者各位におかれましては、本件に関する情報を、退会された旧会員の方々にも広く伝えてくださいますようご協力をお願いいたします。

2009年 4月1日 歴史学研究会委員会