2019年9月号 No.987

論 文
室町前期における足利将軍家出身僧の身分と役割……………………… 髙鳥廉(1)

研究動向
アメリカ合衆国の人種主義的大量収監と21世紀の刑罰国家……………藤永康政(17)

シリーズ 歴史家とアーキビストの対話 【第6回】 
提 言
「現代記録史料学」の必要性とその課題…………………………………下重直樹(26)
 -電子公文書の管理をめぐって-
アーカイブズを訪ねる
近世の宗派ネットワークと文書館調査……………………………………西川杉子(33)
ポルトガル国立トルレ・ド・トンボ文書館-現代の「文書の塔」-…………岡本真(38)
情報公開、技術革新、コミュニケーション………………………………平体由美(41)
 -ロックフェラー・アーカイブ・センター紹介-
ハワイ州立公文書館から考える…………………………………………原山浩介(45)

書 評
高橋秀樹『三浦一族の研究』………………………………………………田中大喜(50)
石井香江『電話交換手はなぜ「女の仕事」になったのか
-技術とジェンダーの日独比較社会史——』………………………………榎一江(53)
高橋秀寿『時間/空間の戦後ドイツ史』…………………………………佐藤成基(56)


会務報告
2019年度歴史学研究会総会の報告……………………………歴史学研究会委員会(60)


2019年8月号 No.986

論 文
19世紀フランスの公益質屋制度…………………………………岡部造史(1) 
 -その福祉としての役割をめぐって-

研究ノート
元弘・建武内乱期における軍事編成……………………………永山愛(16)
 -南北朝最初期の軍勢催促状の検討-

時 評
国名改称の歴史的意義 ……………………………………大庭千恵子(26)
 -南東欧地域における「マケドニア」名称-
「性暴力」における人種とジェンダー……………………………箕輪理美(38)
 -ブレット・カバノー最高裁判事任命をめぐって-

書 評
石井寛治『資本主義日本の地域構造』………………………小林延人(46)
諸 点淑『植民地近代という経験-植民地朝鮮と日本近代仏教-』
  ………………………………………………………………藤井健志(49)
中村元哉『中国、香港、台湾におけるリベラリズムの系譜』……緒形康(52)
小関 隆『アイルランド革命1913-23』…………………………崎山直樹(55)

展示評
国立歴史民俗博物館「先史・古代」展示リニューアル……………橋本剛(59)

史料・文献紹介……………………………………………………………(63)


2019年7月号 No.985

特集 文書管理の歴史学-作成・保管・利用・破棄-(Ⅱ)

論 文
中世日本における文書と情報の管理……………………………西岡芳文(1)
破棄された文書に光を当てる……………………………………佐藤尚平(11)
  -イギリス帝国による植民地文書の隠蔽-
東ドイツ「公文書」の現在……………………………………伊豆田俊輔(22)


研究動向
戦後日本の中国近現代史研究におけるナショナリズム論…小野寺史郎(36)

書 評
高野信治『武士神格化の研究』……………………………………曽根原理(45)
長坂良宏『近世の摂家と朝幕関係』…………………………………金炯辰(47)
梅森直之『初期社会主義の地形学-大杉栄とその時代-』……住友陽文(50)
加島 潤『社会主義体制下の上海経済』…………………………泉谷陽子(53)
長谷川まゆ帆『近世フランスの法と身体』…………………………田瀬望(56)

展示評
中国的激情への共鳴と不協和音……………………………………衛藤安奈(61)
  -「祭姪文稿」のもたらすロマン主義的情感をめぐって-

2019年6月号 No.984

特集 文書管理の歴史学-作成・保管・利用・破棄
特集によせて………………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
文書実践と神話……………………………………………………………渡辺 浩一(2)
     -松江漁師仲間の文書編集と歴史叙述-
日本近代における公文書管理……………………………………………渡邉 佳子(13)
     -「史録」「史籍」の編纂から「器械的ノ事務」へ-
宋元代の伯夷叔斉廟への加封と文書保管………………………………小林 隆道(23)
     -首陽山二賢廟を中心に-
中国明清時代以降の文書管理…………………………………………臼井 佐知子(35)
     -地域社会における行政と文書管理-
コンモドゥスの記録と記憶…………………………………………………福山 佑子(48)
     -碑文に刻まれた二世紀末の皇帝・元老院関係-
フランス革命とアーカイブズ……………………………………………………岡崎 敦(57)
     -近代的⽂書館の形成と変容-

書 評
荒木裕行『近世中後期の藩と幕府』………………………………………山本 英貴(67)
猪飼隆明『近代日本におけるハンセン病政策の成立と病者たち』……平井 雄一郎(70)
広中一成『冀東政権と日中関係』…………………………………………戸部 良一(73)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(77)

2019年5月号 No.983

論 文
律令制下の地方行政監察使……………………………………………橋本 剛(1)
   -〈道別派遣型〉監察使の特質-
平安中期における受領と年官………………………………………手嶋 大侑(19)

研究動向
キリシタン史研究の成果と課題……………………………………村井 早苗(31)
   -近年の動向を中心に-

書 評
河西秀哉『近代天皇制から象徴天皇制へ』………………………源川 真希(38)
鄒燦『「盧溝橋事件記念日」をめぐる日本と中国』…………………佐藤 卓己(41)
渡辺和行『ドゴールと自由フランス』…………………………………南 祐三(45)


◆2019年度歴史学研究会大会報告主旨説明
全 体 会:排外主義の時代における歴史学の課題…………………………(50)
古代史部会:古代国家における支配構造の形成と展開………………………(51)
中世史部会:中世における地域の構造・運動と権力…………………………(53)
近世史部会:政治交渉ルートからみる近世中後期の幕藩関係………………(54)
近代史部会:移動する人びとの「地域」………………………………………(56)
現代史部会:平和運動を歴史化する…………………………………………(57)
合 同 部会:「主権国家」再考Part2……………………………………………(59)
特 設 部会:歴史学における男女共同参画……………………………………(60)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(62)

会 告
2019年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ…………………………………(65)

2019年4月号 No.982

論 文
汪精衛政権の憲政実施構想…………………………………関 智英(1)
  -日中戦争と憲政-
議員職を歴任する…………………………………………谷口 良生(17)
  -ブーシュ=デュ=ローヌ県選出議員の政治的経歴―

批判と反省
『応仁記』捏造説の収束に寄せて…………………………桜井 英治(35)

批判と反省:日本古代史の研究動向(981号)を受けて
戦後古代史学と部会活動…………………………………荒木 敏夫(42)
戦後の歴史学と歴研の古代史研究………………………吉村 武彦(46)

批判と反省:対談
いま、なぜオーラル・ヒストリーか………………大門 正克・清水 透(51)

会 告
「即位の礼」と大嘗祭に対する抗議声明……………………………… (64)
2019年度歴史学研究会大会のお知らせ………………………………(65)
歴研シンポジウム「天皇と皇位継承のコスモロジー」のご案内………(66)

2019年3月号 No.981

論 文
インダス川水利協定締結(1960年)の再検討…………………近藤高史(1)
 -パキスタンの国内開発および国際関係の観点から-

研究動向
大会テーマ・報告にみる日本古代史部会の歩み…………………栁田甫(18)
 -国家論を中心として-

時 評
歴史と文化の危機………………………………………………岩﨑奈緒子(30)
-文化財保護法の「改正」-

時評・アメリカ大使館エルサレム移転問題
歴史のなかのアメリカ大使館エルサレム移転問題……………佐藤雅哉(37)
 -アメリカからの視座-
大使館移転が映し出す「首都エルサレム」の現実……………鈴木啓之(46)
 -ナクバから70年を迎えたパレスチナ問題の行方-

書 評
平井健介『砂糖の帝国-日本植民地とアジア市場-』………堀内義隆(55)
藤原敬士『商人たちの広州-一七五〇年代の英清貿易-』…菊池秀明(58)
仲松優子『アンシアン・レジーム期フランスの権力秩序』………見瀬悠(61)

史料・文献紹介……………………………………………………………(65)

2019年2月号 No.980

論 文
中世東国寺社別当職をめぐる僧俗の都鄙関係 ……………小池勝也(1)
 -伊豆密厳院別当職問題を事例に-

研究動向
日本における唐代ソグド人研究の動向……………………中田美絵(17)

シリーズ 歴史家とアーキビストの対話【第5回】 
提 言
軍事史料調査の経験からアーカイブズと史料調査に
 ついて考える…………………………………………………林博史(25)
戦争と軍事をめぐるアーカイブズの現状と課題……………佐々木真(31)
アーカイブズを訪ねる
トルコ・イスタンブル・(旧)首相府オスマン文書館
 (大統領府オスマン文書館)………………………………髙松洋一(38)
「不安定」に満ちた文書調査-イランにおける
 文書館利用と文書史料探索-……………………………阿部尚史(43)
史料・文献紹介…………………………………………………………(47)

書 評
志賀節子『中世荘園制社会の地域構造』……………………高木純一(48)
飯塚一幸『明治期の地方制度と名望家』……………………三村昌司(51)
牛米 努『近代日本の課税と徴収』……………………………中西啓太(54)
土肥祐子『宋代南海貿易史の研究』…………………………山崎覚士(57)
宮古文尋『清末政治史の再構成』……………………………佐々木揚(59)
寺本敬子『パリ万国博覧会とジャポニスムの誕生』……… 武藤秀太郎(62)


2019年1月号 No.979

論 文
二林蔗農事件の背景の再検討……………………………………都留 俊太郎(1)
  -地域史からみた日本統治期台湾農民運動-

時 評
「1968年」50年…………………………………………………………西田 慎(18)
  -スイスとドイツで企画展を見て-
スペイン南部アンダルシアからみたカタルーニャ分離独立問題………齊藤 明美(27)

時 評・学習指導要領の改訂をめぐって
学習指導要領の改訂と高校「社会科」教育の課題…………………米山 宏史(36)
新しい高等学校学習指導要領をめぐって……………………………西村 嘉髙(45)
  -「歴史総合」を中心に-

「明治150年」を考える④
研究動向 幕末維新期の思想史研究と「明治150年」……………小田 真裕(53)
時評 アメリカから「明治150年」を考える………………ダニエル・V・ボツマン(60)

会 告:「君が代」不起立・再雇用拒否にかかわる最高裁不当判決に
     対する抗議声明…………………………………………………………(67)