2020年2月号 No.993


論 文
近世フランス植民地における外国人の法的地位……………………見瀬 悠(1)
-アンティル諸島への外国人遺産取得権の導入から廃止まで-

WGIP問題について
研究動向:教育かプロパガンダか-GHQ情報宣伝活動の研究史と課題-
…………………………………………………………賀茂 道子(17)
時評:瓦礫の掃き寄せ-WGIP史観のあとさき-……………… 與那覇 潤(25)

批判と反省:合評会:戦時期日本社会史の新地平
戦時期日本社会史の新地平………………………近代史・現代史運営委員会(34)
細谷 亨『日本帝国の膨張・崩壊と満蒙開拓団』………………安岡 健一(35)
佐々木啓『「産業戦士」の時代』…………………………………町田 祐一(38)
コメント:ジェンダー・女性の経験の視点から………………小野沢あかね(42)
リプライ:満蒙開拓団と地域…………………………………………細谷 亨(45)
-戦時日本社会史から戦後日本社会史へ-
リプライ:労働力動員から見える戦時体制の姿………………佐々木  啓(47)

時 評
歴史遺産と信仰空間としてのパリ・ノートル=ダム大聖堂の「再生」
………………………………………………坂野 正則(51)

書 評
藤本仁文『将軍権力と近世国家』…………………………………小宮山敏和(60)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(64)

会告:歴研シンポジウム:「皇位継承再論
-女帝・女系の可能性と皇太子-」のご案内………………………………(65)


2020年1月号 No.992


論 文
戦国大名島津氏の「地頭―衆中制」に関する再検討……………久下沼譲()
 -「召移し」・「繰替え」の実態から-

イングランド革命期の教区社会における教会規律権論と聖餐式…穴井佑(15)
 -ノリッジのセント・ピーター・マンクロフトを事例として-

批判と反省
日野富子暗躍伝承は排除すべきである……………………………家永遵嗣(29)
 -桜井英治の論難に応える-

時 評:「徴用工」問題を考える
韓国大法院判決と再現する暴力について……………………………太田修(36)
朝鮮人強制動員の実態と「徴用工判決」…………………………庵逧由香(46)

書 評
白水智『中近世山村の生業と社会』………………………………中村只吾(55)
酒井一臣『帝国日本の外交と民主主義』…………………………黒沢文貴(58)
加藤圭木『植民地期朝鮮の地域変容』………………………………愼蒼宇(61)

会告:即位の礼・大嘗祭に反対し、天皇の政治利用を
批判する(共同声明)……………………………………………………………(68)