2018年4月号 No.969

小特集 脇田晴子の歴史学
小特集によせて…………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
商業の発展を物語った人…………………………………………早島大祐(2)
脇田晴子と中世女性史研究………………………………………細川涼一(9)
脇田晴子の中世都市論をめぐって………………………………三枝暁子(17)
脇田晴子の身分論・芸能論…………………………………………辻浩和(25)
日本国外の学術研究における脇田晴子の貢献と遺産…… トノムラ ヒトミ(36)

時 評
香港返還20年-近現代史からの視点-…………………………古泉達矢(47)

書 評
町田祐一『近代都市の下層社会』………………………………大杉由香(53)
村元健一『漢魏晋南北朝時代の都城と陵墓の研究』………久保田和男(56)
芦部彰『カトリシズムと戦後西ドイツの社会政策』………………中野智世(59)

会告:2018年度歴史学研究会大会のお知らせ……………………………(63)



2018年3月号 No.968

論 文
日本における宗廟観の形成…………………………………………井上正望(1)
 -宇佐宮・香椎廟と伊勢神宮-
日露戦後期の軍隊立地と遊廓をめぐる社会状況…………………松下孝昭(17)
 -北海道旭川町の中島遊廓設置反対問題を中心に-

時 評
歴史的勝訴と、ヘイト判決・国策判決と………………………………藤永壯(35)
 -3地裁判決を終えた朝鮮学校の「高校無償化」裁判闘争-
小池都知事の追悼辞送付取りやめとは何か………………………田中正敬(45)
 -関東大震災朝鮮人虐殺をめぐって-

書 評
 上杉和彦『鎌倉幕府統治構造の研究』……………………………高橋典幸(52)
松本英治『近世後期の対外政策と軍事・情報』……………………松方冬子(55)
川越泰博『永楽政権成立史の研究』…………………………………高橋亨(57)
辻明日香『コプト聖人伝にみる十四世紀エジプト社会』…………佐藤健太郎(62)



2018年2月号 No.967

論 文
海禁政策は琉球を対象とするか…………………………………木土 博成(1)

シリーズ 歴史家とアーキビストの対話 【第3回】 
提 言
歴史学とアーカイブズ学の課題…………………………………安藤 正人(18)
時 評
森友学園問題・加計学園問題からみる公文書管理と
情報公開の問題と課題………………………………………三木 由希子(35)
アーカイブズを訪ねる
アルゼンチン国立文書館との思い出-2001-2017年-………武田 和久(43)

書 評
大串潤児『「銃後」の民衆経験-地域における翼賛運動-』…比江島 大和(47)
清水美里『帝国日本の「開発」と植民地台湾』…………………湊 照宏(50)
南雲泰輔『ローマ帝国の東西分裂』………………………………大月 康弘(54)
板橋拓己『黒いヨーロッパ-ドイツにおけるキリスト教保守派の
「西洋」主義、1925~1965年-』………………………………小野 清美(57)

展示評
 日本の表装-紙と絹の文化を支える/掛軸の歴史と装い-……芳澤 元(62)



2018年1月号 No.966

論 文
幕末期の掛屋と年貢銀収納…………………………………………東野 将伸(1)
 -備中一橋領を事例として-

研究動向
紀伊国桛田荘研究の現状について……………………………………林 晃平(19)
 -前田正明氏への反批判を中心に-

時 評
遙かなる江戸の此方にあるもの……………………………………岩淵 令治(29)
-〝幸せな江戸像〟と文化ナショナリズムをめぐって-    
国会議員による名誉毀損事件裁判を闘って(2)…………………吉見 義明(39)

書 評
塩出浩之『越境者の政治史-アジア太平洋における日本人の移民と植民-』
  ……………………………………………………………………中山 大将(44)
戸部健『近代天津の「社会教育」』…………………………………高田 幸男(47)
笠原十九司『第一次世界大戦期の中国民族運動』…………………小池 求(50)
平田雅博『ウェールズの教育・言語・歴史』………………………… 岩井 淳(54)
今井宏昌『暴力の経験史
 -第一次世界大戦後ドイツの義勇軍経験1918-1923-』……小野寺 拓也(57)
井関正久『戦後ドイツの抗議運動』…………………………………高橋 秀寿(61)

会告:吉見裁判最高裁決定に対する抗議声明………………………………(65)