2018年2月号 No.967

論 文
海禁政策は琉球を対象とするか…………………………………木土 博成(1)

シリーズ 歴史家とアーキビストの対話 【第3回】 
提 言
歴史学とアーカイブズ学の課題…………………………………安藤 正人(18)
時 評
森友学園問題・加計学園問題からみる公文書管理と
情報公開の問題と課題………………………………………三木 由希子(35)
アーカイブズを訪ねる
アルゼンチン国立文書館との思い出-2001-2017年-………武田 和久(43)

書 評
大串潤児『「銃後」の民衆経験-地域における翼賛運動-』…比江島 大和(47)
清水美里『帝国日本の「開発」と植民地台湾』…………………湊 照宏(50)
南雲泰輔『ローマ帝国の東西分裂』………………………………大月 康弘(54)
板橋拓己『黒いヨーロッパ-ドイツにおけるキリスト教保守派の
「西洋」主義、1925~1965年-』………………………………小野 清美(57)

展示評
 日本の表装-紙と絹の文化を支える/掛軸の歴史と装い-……芳澤 元(62)



2018年1月号 No.966

論 文
幕末期の掛屋と年貢銀収納…………………………………………東野 将伸(1)
 -備中一橋領を事例として-

研究動向
紀伊国桛田荘研究の現状について……………………………………林 晃平(19)
 -前田正明氏への反批判を中心に-

時 評
遙かなる江戸の此方にあるもの……………………………………岩淵 令治(29)
-〝幸せな江戸像〟と文化ナショナリズムをめぐって-    
国会議員による名誉毀損事件裁判を闘って(2)…………………吉見 義明(39)

書 評
塩出浩之『越境者の政治史-アジア太平洋における日本人の移民と植民-』
  ……………………………………………………………………中山 大将(44)
戸部健『近代天津の「社会教育」』…………………………………高田 幸男(47)
笠原十九司『第一次世界大戦期の中国民族運動』…………………小池 求(50)
平田雅博『ウェールズの教育・言語・歴史』………………………… 岩井 淳(54)
今井宏昌『暴力の経験史
 -第一次世界大戦後ドイツの義勇軍経験1918-1923-』……小野寺 拓也(57)
井関正久『戦後ドイツの抗議運動』…………………………………高橋 秀寿(61)

会告:吉見裁判最高裁決定に対する抗議声明………………………………(65)