2018年11月号 No.977

特集 人口と権力(Ⅰ)

特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
生存・生殖の維持と日本古代の地域社会…………………………………坂江渉(2)
「民」の選別と救済………………………………………………………高野信治(11)
 -近世領主の権力基盤-
「当てにならぬ」人口調査………………………………………………遠藤正敬(22)
 -近代日本における戸籍制度の躓き-
昭和戦前期の日本における「知識階級失業者」をめぐる把握と対策
 …………………………………………………………………………町田祐一(33)
宋代中国の科挙社会と解額……………………………………………近藤一成(44)
 -南宋吉州の場合-
16世紀後半におけるイスタンブルの人口規模…………………………澤井一彰(55)
近世ドイツの軍隊と査閲…………………………………………………斉藤恵太(67)
 -宿営社会の「人口」把握-


2018年増刊号 No.976

2018年度大会報告によせて………………………………………歴史学研究会委員長 小沢弘明(1)

全体会 戦争を検証する-「9.11事件」の歴史化をめざして-
現代世界と戦争-歴史的視座から-……………………………………………………木畑洋一(2)
世界秩序への挑戦-日独中ソ提携構想の系譜-………………………………………田嶋信雄(10)
 コメント1…………………………………………………………………………………黒木英充(18)
 コメント2…………………………………………………………………………………加藤陽子(21)
 全体会討論要旨(23)
古代史部会 古代国家における支配構造の形成
「庶人」が結ぶ中国古代の社会と国家……………………………………………………椎名一雄(26)
地域社会からみた部民制・国造制・ミヤケ制………………………………………………平石充(35)
6・7世紀の国家と収取制度………………………………………………………………毛利憲一(45)
 古代史部会討論要旨(55)
中世史部会 中世における宗教と社会
中世後期の社会と在俗宗教…………………………………………………………………芳澤元(59)
15~17世紀における門跡寺院と地域社会………………………………………………近藤祐介(68)
 中世史部会討論要旨(77)
近世史部会 近世日本の権威と民衆
問題提起……………………………………………………………………近世史部会運営委員会(80)
19世紀における将軍権威の再構築と地域・民衆………………………………………椿 田有希子(81)
近世畿内・近国社会と天皇・朝廷権威-丹波国桑田郡山国郷を主な事例に-……………吉岡拓(91)
 近世史部会討論要旨(100)
近代史部会 生活のなかの労働と社会関係
「仁義」の動員-戦時期日本における日雇労働者-……………………………………佐々木啓(103)
生活世界を捉えるということ…………………………………………………………………南修平(112)
 -ニューヨーク港湾地区に生きる労働者とその日常-
 コメント1…………………………………………………………………………………相馬保夫(122)
 コメント2…………………………………………………………………………………沼尻晃伸(124)
 近代史部会討論要旨(126)
現代史部会 冷戦体制形成期の知の制度化と国民編制
アメリカ製軽水炉の選択をめぐる情報・教育プログラム-1950年代末の日米関係-…土屋由香(129)
アメリカの学術世界における学知の変容・制度化と世界構造……………………………藤岡真樹(138)
東ドイツの社会編成とその変容-「社会政策」の検討を通じて(1945~70)-………河合信晴(147)
 現代史部会討論要旨(156)
合同部会 「主権国家」再考
君主政の狭間から見る近世的主権国家-スコーネ住民と「正しき統治」-…………古谷大輔(160)
17世紀ブリテン諸島における礫岩国家・主権・法の支配………………………………後藤はる美(168)
ブルゴーニュ複合君主政下のネーデルラント諸邦と主権………………………………青谷秀紀(178)
 コメント1……………………………………………………………………………………篠原琢(186)
 コメント2……………………………………………………………………………………黛秋津(190)
 コメント3………………………………………………………………………………田口宏二朗(192)
 合同部会討論要旨(194)
特設部会 3.11からの歴史学
歴史学がふくしま復興・再生に資するために……………………………………………阿部浩一(198)
 -現場での7年間を通して経験し,考えたこと-
地殻災害と「人新世」の歴史学……………………………………………………………保立道久(205)
若い世代の未来志向と死者の行方………………………………………………………北原糸子(211)
 特設部会討論要旨(220)

 編集後記(224)


2018年10月号 No.975

論 文
イングランド1628年議会における議員と選挙区との関係……仲丸 英起(1)
  -強制借用金に対する抵抗者の議員選出と議会活動-

研究動向
拡散と収束……………………………………………………永本 哲也(18)
  -複数形、長期、グローバルな観点による宗教改革像の黎明-

時 評
歴史的視点から見た中国共産党第19回全国代表大会
  ・第13期全国人民代表大会………………………………杜崎 群傑(27)

研究動向・明治150年を考える③
明治維新期における統治機構の形成と定着…………………湯川 文彦(33)
幕末維新期の経済史研究……………………………………小林 延人(39)

書 評
義江明子『日本古代女帝論』………………………………桜田 真理絵(47)
笠原十九司『日中戦争全史』(上・下)…………………………吉井 文美(50)
高井康典行『渤海と藩鎮-遼代地方統治の研究-』…………工藤 寿晴(53)
新居洋子『イエズス会士と普遍の帝国-在華宣教師による文明の翻訳-』
                  ………………………田中 有紀(56)
豊川浩一『十八世紀ロシアの「探検」と変容する空間認識』…田中 良英(58)

史料・文献紹介………………………………………………………………(63)


2018年9月号 No.974

論 文
国策研究会論………………………………………………………茶谷 翔(1)
 -「国策」と「挙国一致」をめぐって- 

シリーズ 歴史家とアーキビストの対話 【第4回】
提 言
「デジタルアーカイブ」とアーカイブズ、
 そして歴史学を取り巻く現在と未来……………………………後藤 真(18)
デジタルアーカイブをめぐる現状と課題……………………… 菊池 信彦(24)
 -歴史学のオープン化に向けた意識改革を求めて-
対話の場としてのデジタルアーカイブ-歴史研究者のための
 データ・リテラシーとウェブデザイン-
    ……小風 尚樹・中村 覚・金 甫榮・清原 和之・福田 真人・田中 聡(31)
大学アーカイブズの現状と課題………………………………倉方 慶明(38)
アーカイブズを訪ねる
タミル・ナードゥ公文書館……………………………………志賀 美和子(42)
 -インドの地方公文書館の歴史と現状-
ホロコースト研究とアーカイブズ-情報の複合体へ-………武井 彩佳(46)
地震の被害を受けたイタリア国立モデナ文書館への支援……山辺 規子(51)
史料・文献紹介……………………………………………………………(55)

会務報告
2018年度歴史学研究会総会の報告………………歴史学研究会委員会(59)

史料・文献紹介……………………………………………………………(65)


2018年8月号 No.973

論 文
19世紀ベトナムにおける亜鉛銭使用の拡大と銅銭流通の変容…多賀 良寛(1)
令状、騒擾、税金滞納者…………………………………………稲垣 春樹(18)
 -19世紀前半英領インドにおける現地人の司法利用と行政官の危機意識-

批判と反省
荒井信一の歴史学の意義…………………………………………笠原 十九司(32)

研究動向・明治150年を考える②
異国船はなぜ日本に来たか…………………………………………後藤 敦史(39)
 -イギリス測量艦アクタイオン号を事例に-

書 評
鈴木正信『日本古代の氏族と系譜伝承』…………………………長谷部 将司(48)
佐野真由子『幕末外交儀礼の研究』…………………………………久住 真也(51)
杉本弘幸『近代日本の都市社会政策とマイノリティ』…………………中村 元(54)
大森弘喜『フランス公衆衛生史―19世紀パリの疫病と住環境』…永山のどか(57)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(61)

会 告
文部科学省による名古屋市立中学校の授業への介入に反対する決議………(63)
公文書の改竄・隠蔽に抗議し、適切な作成・管理・保存・公開の
 ための制度改革を求める決議…………………………………………………(64)



2018年7月号 No.972

特集 壁の構築と崩壊(Ⅱ)

論 文
近世大坂の道頓堀周辺-非人垣外と水茶屋-……………………… 塚田孝(1)
巡幸と界壕-金世宗、章宗時代の北辺防衛体制-………………吉野正史(13)
西洋中世都市の市壁と都市のアイデンティティ……………………原田晶子(26)
難民・移民と欧州統合-東欧から見た壁-…………………………家田修(37)

時 評
「民主主義の新たな対立線」?……………………………………佐藤公紀(48)
 -2017年ドイツ連邦議会選挙と政治動向-

展示評
現代史展示の挑戦と挑発…………………………………………戸邉秀明(59)
-「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」-

史料・文献紹介………………………………………………………………(64)



2018年6月号 No.971

特集 壁の構築と崩壊(Ⅰ)

特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
2つの「壁」から沖縄を考える……………………………………………平良好利(2)
「壁」の喪失-近現代中国における城壁撤去問題について-…………村上衛(14)
「壁」が「壁」として機能するために………………………………………小林功(25)
 -7世紀中盤の小アジアとビザンツ帝国-
近世ロシア帝国の空間形成…………………………………………豊川浩一(36)
 -南東ロシアにおける要塞線建設の背景-
非合法移民問題をめぐる戦後期の米墨関係………………………戸田山祐(48)
 -国境の管理と移民労働者導入のせめぎ合い-
ベルリンの壁…………………………………………………………井関正久(57)
 -人びとを閉じ込める装置の構築・拡充、そして崩壊-

時 評
潰えた民族の悲願………………………………………………………山尾大(69)
-クルディスターン地域政府(KRG)の独立に向けた住民投票の歴史的意味-

史料・文献紹介………………………………………………………………(78)



2018年5月号 No.970

論 文
鎌倉時代の原初的替銭………………………………………………井上正夫(1)
 -その特質および割符との並存理由について-
1950年代前半における「知識人と民衆」……………………………高田雅士(17)
-国民的歴史学運動指導者奥田修三の「自己変革」経験から-

連 載 明治150年を考える①
「明治150年」の歴史的位置……………………………………平井和子(35)
 -女性史・ジェンダー史の観点から-

書 評
川分圭子『ボディントン家とイギリス近代』……………………水井万里子(41)
馬場哲『ドイツ都市計画の社会経済史』………………………岩間俊彦(44)

◆2018年度歴史学研究会大会報告主旨説明
全 体 会:戦争を検証する…………………………………………………(48)
古代史部会:古代国家における支配構造の形成…………………………(49)
中世史部会:中世における宗教と社会……………………………………(50)
近世史部会:近世日本の権威と民衆………………………………………(51)
近代史部会:生活のなかの労働と社会関係………………………………(52)
現代史部会:冷戦体制形成期の知の制度化と国民編制…………………(53)
合 同 部会:「主権国家」再考………………………………………………(55)
特 設 部会:3.11からの歴史学………………………………………………(56)

史料・文献紹介………………………………………………………………(60)

会 告
2018年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ………………………………(65)


2018年4月号 No.969

小特集 脇田晴子の歴史学
小特集によせて…………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
商業の発展を物語った人…………………………………………早島大祐(2)
脇田晴子と中世女性史研究………………………………………細川涼一(9)
脇田晴子の中世都市論をめぐって………………………………三枝暁子(17)
脇田晴子の身分論・芸能論…………………………………………辻浩和(25)
日本国外の学術研究における脇田晴子の貢献と遺産…… トノムラ ヒトミ(36)

時 評
香港返還20年-近現代史からの視点-…………………………古泉達矢(47)

書 評
町田祐一『近代都市の下層社会』………………………………大杉由香(53)
村元健一『漢魏晋南北朝時代の都城と陵墓の研究』………久保田和男(56)
芦部彰『カトリシズムと戦後西ドイツの社会政策』………………中野智世(59)

会告:2018年度歴史学研究会大会のお知らせ……………………………(63)



2018年3月号 No.968

論 文
日本における宗廟観の形成…………………………………………井上正望(1)
 -宇佐宮・香椎廟と伊勢神宮-
日露戦後期の軍隊立地と遊廓をめぐる社会状況…………………松下孝昭(17)
 -北海道旭川町の中島遊廓設置反対問題を中心に-

時 評
歴史的勝訴と、ヘイト判決・国策判決と………………………………藤永壯(35)
 -3地裁判決を終えた朝鮮学校の「高校無償化」裁判闘争-
小池都知事の追悼辞送付取りやめとは何か………………………田中正敬(45)
 -関東大震災朝鮮人虐殺をめぐって-

書 評
 上杉和彦『鎌倉幕府統治構造の研究』……………………………高橋典幸(52)
松本英治『近世後期の対外政策と軍事・情報』……………………松方冬子(55)
川越泰博『永楽政権成立史の研究』…………………………………高橋亨(57)
辻明日香『コプト聖人伝にみる十四世紀エジプト社会』…………佐藤健太郎(62)



2018年2月号 No.967

論 文
海禁政策は琉球を対象とするか…………………………………木土 博成(1)

シリーズ 歴史家とアーキビストの対話 【第3回】 
提 言
歴史学とアーカイブズ学の課題…………………………………安藤 正人(18)
時 評
森友学園問題・加計学園問題からみる公文書管理と
情報公開の問題と課題………………………………………三木 由希子(35)
アーカイブズを訪ねる
アルゼンチン国立文書館との思い出-2001-2017年-………武田 和久(43)

書 評
大串潤児『「銃後」の民衆経験-地域における翼賛運動-』…比江島 大和(47)
清水美里『帝国日本の「開発」と植民地台湾』…………………湊 照宏(50)
南雲泰輔『ローマ帝国の東西分裂』………………………………大月 康弘(54)
板橋拓己『黒いヨーロッパ-ドイツにおけるキリスト教保守派の
「西洋」主義、1925~1965年-』………………………………小野 清美(57)

展示評
 日本の表装-紙と絹の文化を支える/掛軸の歴史と装い-……芳澤 元(62)



2018年1月号 No.966

論 文
幕末期の掛屋と年貢銀収納…………………………………………東野 将伸(1)
 -備中一橋領を事例として-

研究動向
紀伊国桛田荘研究の現状について……………………………………林 晃平(19)
 -前田正明氏への反批判を中心に-

時 評
遙かなる江戸の此方にあるもの……………………………………岩淵 令治(29)
-〝幸せな江戸像〟と文化ナショナリズムをめぐって-    
国会議員による名誉毀損事件裁判を闘って(2)…………………吉見 義明(39)

書 評
塩出浩之『越境者の政治史-アジア太平洋における日本人の移民と植民-』
  ……………………………………………………………………中山 大将(44)
戸部健『近代天津の「社会教育」』…………………………………高田 幸男(47)
笠原十九司『第一次世界大戦期の中国民族運動』…………………小池 求(50)
平田雅博『ウェールズの教育・言語・歴史』………………………… 岩井 淳(54)
今井宏昌『暴力の経験史
 -第一次世界大戦後ドイツの義勇軍経験1918-1923-』……小野寺 拓也(57)
井関正久『戦後ドイツの抗議運動』…………………………………高橋 秀寿(61)

会告:吉見裁判最高裁決定に対する抗議声明………………………………(65)