2017年12月号 No.965

論 文  
昭和初期司法省の転向誘発政策と知的情報統制………………佐々木政文(1)
-司法権力による「読み」・「書き」の掌握過程-

特集 出土文字資料が開く比較史の可能性(Ⅱ)
研究動向
ヘレニズム期エジプトにおける嘆願書研究のいま………………石田真衣 (17)
-日常的交渉の記録から-

書 評
後藤敦史『開国期徳川幕府の政治と外交』……………………福岡万里子(26)
ジョルダン・サンド著/天内大樹訳『帝国日本の生活空間』……藤原辰史(30)

◆2017年度歴史学研究会大会報告批判◆
全 体 会…………………………………………伏見岳志・塩出浩之(33)
古代史部会……………………………………………………柳沢菜々(37)
中世史部会………………………………………………………市沢哲(40)
近世史部会……………………………………………………菊池勇夫(42)
近代史部会…………………………………………長島怜央・山本一生(45)
現代史部会…………………………………………沼尻晃伸・北村陽子(48)
合同部会…………………………………………………糸隆太・簗田航(50)
特設部会………………………………………………大門正克・奧村弘(53)

会告:歴研シンポジウム 「現代歴史学の新たな地平を求めて
―『第4次 成果と課題』再考-」 のご案内……………………(59)

総目次:『歴史学研究』Nos.953-965(2017年1月~12月)………(60)




2017年11月号 No.964

特集 出土文字資料が拓く比較史の可能性(Ⅰ) 
特集によせて……………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
日本古代木簡の資料的特質…………………………………………… 市大樹(2)
 -廃棄論・機能論・形態論の視点から-
簡帛と紙石の世紀…………………………………………………… 關尾史郎(14)
中国石刻墓誌の史料的性格・意義・問題点…………………………石見清裕(25)
 -隋唐時代の墓誌を中心に-
アッカド語楔形文字文書「後期バビロニア年代誌」と『バビロン天文日誌』の関係
 ……………………………………………………………………三津間康幸(35)
砂漠の縁のローマ軍-帝政後期の辺境軍の文書を読む-…………高橋亮介(46)
研究動向
中国簡牘学の現在……………………………………………………石原遼平(58)
座談会
出土文字資料が拓く歴史研究の可能性……三上喜孝・陶安あんど・高橋亮介(68)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(77)

会告:小池百合子東京都知事による「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」への
追悼文送付取り止め措置に対する抗議声明……………………………………(78)
:歴研シンポジウム 現代歴史学の新たな地平を求めて
  -『第4次 成果と課題』再考-のご案内…………………………………(79)

2017年増刊号 No.963

2017 年度大会報告によせて……………………………歴史学研究会委員長 小沢弘明(1)
全体会 境界領域をめぐる不条理
清朝・ベトナム国境と越境する海賊………………………………………………豊岡康史(2)
「イギリス臣民」が作り出す不条理………………………………………………鈴木英明(10)
  -19 世紀インド洋西海域における境界と不条理の一事例-
近現代のアルメニア人社会が包摂する「境界」…………………………………吉村貴之(19)
 コメント1…………………………………………………………………………村井章介(27)
 コメント2…………………………………………………………………………錦田愛子(29)
 全体会討論要旨(31)
古代史部会 日本古代国家の支配構造とその形成過程
日本古代国家形成期の交通と国司-その前史と成立・展開-…………………中大輔(35)
日本古代における土地支配体制の特質と形成過程……………………………北村安裕(43)
 古代史部会討論要旨(53)
中世史部会 日本中世の権威と秩序
室町幕府将軍権威の構造と変容………………………………………………石原比伊呂(57)
足利時代における血統秩序と貴種権威…………………………………………谷口雄太(66)
 中世史部会討論要旨(75)
近世史部会 日本近世の自然資源と政治・社会
秋田藩の林政と山林資源管理技術………………………………………………芳賀和樹(78)
漁村秩序の近世的特質と自然資源・環境………………………………………中村只吾(88)
 近世史部会討論要旨(97)
近代史部会 人々の実践と生活世界の変容
島民からみた硫黄島史……………………………………………………………石原俊(100)
 -プランテーション社会,強制疎開と軍務動員,そして難民化-
植民地期朝鮮における言語の政治史・社会史…………………………………三ツ井崇(110)
 コメント1……………………………………………………………………高江洲昌哉(119)
 コメント2……………………………………………………………………村田奈々子(121)
 近代史部会討論要旨(124)
現代史部会 都市の「開発」と戦後政治空間の変容
戦後都市,「不法占拠/居住」をめぐる空間の政治…………………………本岡拓哉(127)
未来都市の米国現代史……………………………………………………宮田伊知郎(136)
 -郊外化,開発,ジェントリフィケーションにおける排除と包摂-
 コメント1………………………………………………………………………源川真希(144)
 コメント2………………………………………………………………………森千香子(146)
 現代史部会討論要旨(149)
合同部会 「つながり」の比較史-前近代ヨーロッパの商業ネットワークと人的紐帯-
帝政ローマ前期ガリアの商人・運送業者のネットワーク……………………長谷川敬(152)
 -アルル,リヨン,北海-
14世紀リューベック商人のネットワーク………………………………………柏倉知秀(161)
 コメント…………………………………………………………………………菊池雄太(168)
 合同部会討論要旨(170)
特設部会 地域に生きる市民と歴史-「社会的要請」と歴史学(その2)-
地域市民と交流する歴史研究-宮城県における震災前後の変容-…………斎藤善之(173)
地域市民と言葉を通わせる-飯田市歴史研究所での活動を通じて-……多和田雅保(179)
歴史研究が地域で果たすべき役割-国境の島・対馬の実際-…………………大澤信(184)
 特設部会討論要旨(189)

 編集後記(193)

2017年10月号 No.962

小特集 憲法のゆくえ、歴史から考える-危機に瀕する立憲主義-

小特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
「平和国家ノ確立」から「平和憲法の公布」まで…………………………高見勝利(2)
 -9.4勅語と11.3勅書の間-
改憲をめぐる戦後史の展開と安倍改憲の歴史的位置……………………渡辺治(13)
トルコ近現代史のなかの立憲主義………………………………………佐々木紳(24)
 -歴史の復元ポイントとして-
コメント
日本における立憲主義と「歴史の復元ポイント」………………………青井未帆(33)

論 文
農民を帝国臣民に鋳直す………………………………………………青島陽子(37)
 ―帝政期ロシアの農村教師養成のポリティクス―

書 評
前田亮介『全国政治の始動-帝国議会開設後の明治国家-』……塩出浩之(54)
福島大我『秦漢時代における皇帝と社会』……………………………目黒杏子(57)
和田春樹『スターリン批判1953~1956年』…………………………… 河本和子(60)



2017年9月号 No.961

論 文
皇室財産課税問題の展開-1890~1920年-………………………加藤祐介(1)

シリーズ 3.11からの歴史学 【その10】
提 言
熊本における被災文化財レスキュー活動……………………………稲葉継陽(18)
私たちは阪神・淡路大震災における被災障害者支援の
 教訓を生かせているのか……………………………………………野崎泰伸(22)
東日本大震災と本…………………………………………………… 土方正志(26)
史料と展示
台湾と日本-震災史とともにたどる近現代-…………………… 久保茉莉子(30)
時 評
「シン・ゴジラ」はいまどうなっているか?…………………………大串潤児(33)
宮城における被災文化財の現在地点…………………………………天野真志(38)
 -宮城県被災文化財等保全連絡会議公開シンポジウムを踏まえて-
史料・文献紹介………………………………………………………………… (42) 

書 評
伊集院葉子『日本古代女官の研究』……………………………… 渡部育子(44)
楊韜『近代中国における知識人・メディア・ナショナリズム』…………石島紀之(47)
平野千果子『フランス植民地主義と歴史認識』……………………… 池田亮(50)
橋本伸也『記憶の政治-ヨーロッパ歴史認識紛争-』…………… 塩川伸明(54)

会務報告
2017年度歴史学研究会総会の報告…………………歴史学研究会委員会(58)

史料・文献紹介………………………………………………………………(65)

2017年8月号 No.960

論 文
フランス第二帝政期における地方幹部候補行政官の登用論理……岡本託(1)
 -ローヌ県参事会員のNotice Individuelleを手がかりに-

研究動向
西ドイツ社会史研究の現在…………………………………………芦部彰(15)
 -「長い60年代」をめぐる研究を中心に-

批判と反省
中村政則と日本の環太平洋史・貫戦史………………アンドルー・ゴードン(23)

シリーズ 歴史家とアーキビストの対話 【第2回】 
提 言
アーカイブズとアーキビストをめぐる3つの誤解……………………青木祐一(29)
外交文書公開の現状と課題………………………………………井上正也(32)
アーカイブズを訪ねる
台湾の檔案館とその政治・社会的位置
 ―政治・行政・市民・歴史研究―…………………………………川島真(35)
迷宮のなかでの宝探し-アメリカ国立公文書館-………………荒木圭子(39)
史料・文献紹介………………………………………………………………(42)

書 評
遠藤みどり『日本古代の女帝と譲位』………………………… 佐藤長門(45)
佐藤雄介『近世の朝廷財政と江戸幕府』……………………西村慎太郎(48)
加藤直人『清代文書資料の研究』………………………………上田裕之(51)
深澤安博『アブドゥルカリームの恐怖』……………………… 八嶋由香利(54)
和田光弘『記録と記憶のアメリカ』………………………………鰐淵秀一(57)
西田慎・梅崎透編著『グローバル・ヒストリーとしての「1968年」
  …………………………………………………………………野田昌吾(61)

会告
「共謀罪」法案に反対する決議……………………………………………(65)
「教育ニ関スル勅語」の教育現場での無前提な利用に反対する決議…(65)

2017年7月号 No.959

特集 神話と神話化の歴史学(2
論 文
近世後期における歴史編纂事業と祖先顕彰………………………岸本覚(1)
「軍神の妻」の神格化と忘却-乃木静子とメディア-………… 片山慶隆(13)
女性の神話化…………………………………………………… 弘末雅士(25)
 -東南アジアの王統記が語る王国の滅亡と女性-
社会主義が/で生み出した英雄・チンギス・ハーン…………… 島村一平(36)
 -モンゴル人民共和国におけるチンギス表象とナショナリズム
  形成にかかる一試論(1941~1966年)-
白黒で描かれた『国民の創生』…………………………………大森一輝(52)
 -20世紀初頭のアメリカ合衆国における「建国神話」と人種-
批判と反省
神話的歴史(mytho-history)……………………………………粟屋利江(62)
 -インドのダリトの事例を中心に-

書 評
山本和行著『自由・平等・植民地性
 -台湾における植民地教育制度の形成-』…………………北村嘉恵(69)
南祐三『ナチス・ドイツとフランス右翼』…………………………深澤民司(72)
長島怜央『アメリカとグアム
 ―植民地主義、レイシズム、先住民-』…………………………新井隆(76)

2017年6月号 No.958

特集 神話と神話化の歴史学(1)
特集にあたって………………………………………歴史学研究編集委員会(1)
論 文
豊臣秀吉政権の神国宣言…………………………………………清水有子(2)
 -伴天連追放令の基本的性格と秀吉の宗教政策を踏まえて-
アイヌ口承文学におけるウイマム概念…………………………坂田美奈子(14)
近代日本における建国神話の社会史……………………………古川隆久(27)
「偉大な孫中山」神話の形成…………………………………… 横山宏章(37)
オスマン/トルコにおける「イスタンブル征服」の記憶-1453-2016年-
 ……………………………………………………………… 小笠原弘幸(47)

書 評
大澤正昭『南宋地方官の主張』…………………………………梅村尚樹(59)

史料文献紹介……………………………………………………………(62)

2017年5月号 No.957

論 文
広州格致書院の創設と地域社会…………………………………… 土肥歩(1)

批判と反省
西欧近世・近代史研究の動向とその課題………………………佐々木真(17)
 -3冊の近著を題材に-

時 評
指導要領改訂に向けた中教審答申をめぐって……………………久保亨(25)
「未完のキューバ革命」…………………………………………後藤政子(30)
 -「人間らしい社会」にふさわしい社会体制を求めて-

書 評
遠藤ゆり子『戦国時代の南奥羽社会-大崎・伊達・最上氏-』…黒嶋敏(35)
宮間純一『戊辰内乱期の社会-佐幕と勤王のあいだ-』…… 奈倉哲三(38)
高嶋修一『都市近郊の耕地整理と地域社会』…………………永江雅和(42)
鄭 栄桓『忘却のための「和解」
 -「帝国の慰安婦」と日本の責任-』……………………… 大越愛子(44)
黒田祐我『レコンキスタの実像-中世後期カスティーリャ・
 グラナダ間における戦争と平和-』………………………… 内村俊太(48)

◆2017年度歴史学研究会大会報告主旨説明
全 体 会:境界領域をめぐる不条理……………………………………(52)
古代史部会:日本古代国家の支配構造とその形成過程………………(53)
中世史部会:日本中世の権威と秩序……………………………………(54)
近世史部会:日本近世の自然資源と政治・社会……………………… (56)
近代史部会:人々の実践と生活世界の変容……………………………(57)
現代史部会:都市の「開発」と戦後政治空間の変容……………………(58)
合 同 部会:「つながり」の比較史……………………………………… (60)
特 設 部会:地域に生きる市民と歴史………………………………… (61)
史料・文献紹介………………………………………………………… (63)

会 告
2017年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ…………………………(65)

2017年4月号 No.956

小特集 教科書問題の新展開
小特集にあたって……………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
高校必修新科目「歴史総合」はどうあるべきか ……………………君島和彦(2)
新検定基準と高校日本史教科書……………………………………原田敬一(12)
世界史的視野で中学校歴史教科書の前近代史叙述を検討する
……………………山田耕太・梅村尚樹・仲田公輔・須田牧子(20)
時 評
「韓国史」教科書国定化問題をめぐって…………………………………池享(30)
歴史教科書と教室のいま………………………………………………山田耕太(35)

批判と反省
国民国家論と土地問題のあいだ……………………………………松沢裕作(41)
-牧原憲夫の近代史像・再考-

時 評
「被爆体験の継承」再考-記憶を導きとして-……………………直野章子(45)

書 評
中塚明『歴史家 山辺健太郎と現代
 -日本の朝鮮侵略史研究の先駆者-』 ………………………糟谷憲一(53)
小川眞里子『病原菌と国家
 -ヴィクトリア時代の衛生・科学・政治-』…………………………永島剛(56)
永田智成『フランコ体制からの民主化』……………………………中塚次郎(59)

史料・文献紹介………………………………………………………………(62)

会 告
2017年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ………………………………(65)
発行元変更のお知らせ………………………………………………………(66)

2017年3月号 No.955

論 文
添田啞蟬坊論………………………………………………………… 能川泰治(1)
 -都市下層社会と大正デモクラシーに関する研究として-

研究動向
織田信長研究の現在…………………………………………………平井上総(18)

批判と反省
中国の議会を語ること…………………………………………………関智英(26)
 -深町英夫編『中国議会100年史-誰が誰を代表してきたのか-』を手がかりに-

時 評
連合王国のEU離脱とその影響…………………………………………八谷舞(33)

シリーズ 3.11からの歴史学 【その9】
提 言
地域歴史文化拠点としての大学の重要性……………………………奧村弘(40)
 -災害が続く日本列島の中での取り組みから-
見えないトラウマが歴史をつくる……………………………………蟻塚亮二(44)
史料と展示
 発掘された日本列島2016-特集1「復興のための文化力」、
特集2「復興の歴史を掘る」-………………………………………溝口優樹(50)
陸前高田からのメッセージ………………………………………… 西願麻以(53)
 -展示会「よみがえる、ふるさとの宝たち」での試み-
史料・文献紹介………………………………………………………………(56)

書 評
加藤千香子『近代日本の国民統合とジェンダー』………………姫岡とし子(60)

史料・文献紹介………………………………………………………………(63)



2017年2月号 No.954

シリーズ 歴史家とアーキビストの対話 【第1回】 
シリーズの開始によせて…………………………歴史学研究会編集委員会(1)
提 言
公文書管理法から見えるもの……………………………………… 佐藤勝巳(2)
公文書管理について歴史研究者はどう見ているのか………………加藤陽子(7)
書 評
坂口貴弘『アーカイブズと文書管理
 -米国型記録管理システムの形成と日本-』…………………… 瀬畑源(14)
アーカイブズを訪ねる
ロシアの文書館史料の利用と公開について…………………………麓慎一(17)
ドイツ公文書館放浪記………………………………………… 五百旗頭薫(19)
史料・文献紹介…………………………………………………………… (23)

批判と反省
認識論の歴史学へ-安丸良夫の歴史学-……………………成田龍一(27)

時 評
「生前退位」狂騒曲と象徴天皇制………………………………河西秀哉(37)

書 評
堀越祐一『豊臣政権の権力構造』………………………………… 池享(44)
尾関学『戦前期農村の消費』………………………………………満薗勇(47)
沼尻晃伸『村落からみた市街地形成』………………………… 高柳友彦(49)
塚瀬 進『マンチュリア史研究』…………………………………… 飯塚靖(52)
小林麻衣子『近世スコットランドの王権』……………………… 竹澤祐丈(55)
佐々木真『ルイ14世期の戦争と芸術』………………………… 林田伸一(58)

史料・文献紹介……………………………………………………………(62)

2017年1月号 No.953

論文
戦間期ハンガリーにおける国民化政策の反自由主義化………姉川雄大(1)
 -学校外体育義務制度(レヴェンテ制)の失敗と転換-

研究動向
漢籍交流史の現在-日本中世における受容の視点から-…川本慎自(19)

批判と反省
夢から覚めて、人は何を想う…………………………………澤井啓一(28)
 -『日韓民衆史研究の最前線-新しい民衆史を求めて』の読後感想-

時評
岐路に立つ世界と「戦争法」…………………………………栗田禎子(35)
 -現代史のなかで中東・日本・平和憲法を問い直す-
オバマ大統領広島訪問の歴史的意味………………………西崎文子(43)

書評
石原比伊呂『室町時代の将軍家と天皇家』…………………久水俊和(51)
朴澤直秀『近世仏教の制度と情報』…………………………大橋幸泰(54)
満薗勇『日本型大衆消費社会への胎動』………………… 武田晴人(57)
高山博『中世シチリア王国の研究』………………………… 高橋謙公(60)

史料・文献紹介………………………………………………………(63)