2016年12月号 No.952

特集 史料の歴史-権威・権力・アクセシビリティ-(Ⅱ)

論 文
女性に関する史料は少ないのか……………………………久留島典子(1)
医療アーカイブズ試論…………………………………………廣川和花(13)
-研究倫理・医療情報・スティグマの観点から-
794年フランクフルト集会で生まれた一文書に関する「史料の歴史」と
 シャルルマーニュ時代の統治行為における文書利用………津田拓郎(25)

書 評
小林延人『明治維新期の貨幣経済』…………………………伊藤昭弘(37)
青木敦『宋代民事法の世界』…………………………………小川快之(39)
仲手川良雄『古代ギリシアにおける自由と社会』………………橋場弦(41)

◆2016年度歴史学研究会大会報告批判◆
全 体 会…………………………………………… 長志珠絵・貴堂嘉之(45)
古代史部会…………………………………………………………吉江崇(49)
中世史部会………………………………………… 田村憲美・桜井英治(50)
近世史部会………………………………………………………横山伊徳(53)
近代史部会………………………………………… 丸山雄生・鈴木一史(56)
現代史部会………………………………………………………池上大祐(59)
合同部会……………………………………佐野大起・高橋優・柴田隆功(61)
特設部会………………………………………………小川和也・三浦徹(65)

史料・文献紹介……………………………………………………………(71)

会告:総合部会例会「憲法のゆくえ、歴史から考える
-危機に瀕する立憲主義-」のご案内…………………………………(80)

総目次:『歴史学研究』Nos.940-952(2016年1月~12月)……………(74)


2016年11月号 No.951

特集 史料の歴史-権威・権力・アクセシビリティ-(Ⅰ)

特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
日本近世民間文書主義社会の存立基盤に関する一考察……………冨善一敏(2)
 -近世天草の筆者(ふでしゃ)を事例として-
「背教者」ユリアヌス………………………………………………………田中創(12)
 -皇帝書簡と伝承-
パーソナル・ナラティブからみるオーラル・ヒストリー…………………酒井順子(28)
 -史資料の生成、保存、公開そして再利用に関わる権力・権威関係をめぐって-
史料の秘匿から公開に向けて……………………………………… 栗原浩英(40)
 -ロシア・中国・ベトナムの事例をめぐって-
「革命的な兵器」か、「強力な爆弾の一つ」か?…………………… 繁沢敦子(52)
 -原爆の威力をめぐる言説と米戦略爆撃調査団報告書-

2016年増刊号 No.950

2016年度大会報告によせて…………………………歴史学研究会委員長 小沢弘明(1)
〈全体会〉人の移動と性をめぐる権力
初期イスラーム時代の奴隷女性と境域の拡大…………………………………清水和裕(2)
「からゆきさん」における移動の経験と性の権力………………………………嶽本新奈(10)
アメリカ合衆国への移民の流入と性・人種規範の構築……………………… 松本悠子(19)
  コメント……………………………………………………………………… 松井洋子(28)
 全体会討論要旨………(31)
〈古代史部会〉日本古代における支配の変質
摂関期の政治と国家……………………………………………………………今正秀(35)
  コメント1………………………………………………………………………中大輔(44)
  コメント2……………………………………………………………………神谷正昌(46)
 古代史部会討論要旨………(48)
〈中世史部会〉移行期の社会と富・貨幣
中世成立期の社会編成と富の生成・分配の構造……………………………守田逸人(49)
15~17世紀海域アジアの交流と日本の貨幣…………………………………川戸貴史(61)
 中世史部会討論要旨………(69)
〈近世史部会〉近世日本の「開国」と政治・社会-新たな国家像の模索-
問題提起……………………………………………………… 近世史部会運営委員会(72)
幕末外交と日本近海測量…………………………………………………… 後藤敦史(73)
「開国」と国学的世界観…………………………………………………………三ッ松誠(82)
 近世史部会討論要旨………(91)
〈近代史部会〉大戦間期における社会意識の変容-人びとにとっての科学と文化-
戦間期アメリカ合衆国における優生学と大衆文化……………………………小野直子(94)
デモクラシー・モダニズム・ファシズムと日本の音楽文化……………………上田誠二(102)
  コメント1……………………………………………………………………松原宏之(113)
  コメント2……………………………………………………………………高岡裕之(115)
 近代史部会討論要旨………(117)
〈現代史部会〉軍事・社会空間の形成と変容-米軍との「接触」を中心に-
戦後日米関係史断章―行政協定/地位協定という接触面―……………明田川融(120)
1990年代のグアムにおける米軍用地問題とチャモロ・ナショナリズム……長島怜央(129)
  コメント1…………………………………………………………………木戸衛一(139)
  コメント2………………………………………………………………ロメロ・イサミ(142)
 現代史部会討論要旨………(144)
〈合同部会〉3―8世紀における地中海世界を中心とした政治的コミュニケーションの断絶と継受
クルスス・プブリクスとポイティンガー図………………………………………南雲泰輔(147)
 -後期ローマ帝国時代の街道とその図示-
カロリング期の政治的コミュニケーションにおける書簡の機能について……菊地重仁(155)
初期イスラーム時代における政治的コミュニケーションの構造とその変化……亀谷学(164)
 合同部会討論要旨………(173)
〈特設部会〉歴史研究の成果を社会にどう伝えるのか-「社会的要請」と歴史学-
メディアと歴史学-『週刊金曜日』編集の現場から-………………………片岡伸行(178)
学術出版と歴史学-書籍編集者の立場から-……………………………吉田浩一(185)
歴史学研究の研究システム構築と可視化・高度化……………………………平川南(189)
 -国立歴史民俗博物館の実践と人間文化研究機構の計画-
 特設部会討論要旨………(199)
 編集後記………(203)

2016年10月号 No.949

小特集 沖縄からみた「本土」、そして世界 

小特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
近世琉球の位置づけ………………………………………………………田名真之(3)
 -日中の眼差しと琉球の自己認識-
近代沖縄の歴史経験と変遷する歴史像………………………………高江洲昌哉(11)
沖縄現代史のなかの「島ぐるみ」の系譜………………………………… 櫻澤 誠(20)
コメント
沖縄の自己認識と主体性………………………………………………… 小松寛(30)

論 文
関東軍と満洲国軍………………………………………………………松野誠也(34)

批判と反省
「大分岐」を超えて…………………………………………………………村上衛(49)
 -K.ポメランツの議論をめぐって-
ヨーロッパ史をどう書くか、20世紀史をどのように描くか…………………篠原琢(55)
 -マーク・マゾワーの著作をめぐって-


2016年9月号 No.948

論 文
先賢祭祀と祖先祭祀…………………………………………………梅村尚樹(1)
 -南宋後期における学校と先賢祠-

時 評
イランの核合意・制裁解除―その意義、背景と余波―…………松永泰行(17)

シリーズ 3.11からの歴史学 【その8】
提 言
3.11、熊本地震は歴史研究者に何を求めているのか………岡田知弘(22)
「役に立たざるもの」の役に立つこと……………………………J.F.モリス(26)
-災害時と歴史学・資料保全活動の心理社会的意義について-
史料と展示
 歴史的写真……………………………………………………赤城修司(31)
書 評
石橋克彦『南海トラフ巨大地震-歴史・科学・社会-』………榎原雅治(34)
史料・文献紹介……………………………………………………………(37) 

書 評
宮地正人『歴史のなかの《夜明け前》』…………………………奈倉哲三(39)
内山一幸『明治期の旧藩主家と社会』…………………………樋口雄彦(43)
西成田豊『近代日本の労務供給請負業』………………………島田克彦(45)
夏井春喜『中華民国期江南地主制研究』………………………柳澤和也(49)
福士純『カナダの商工業者とイギリス帝国経済 1846~1906』…木畑洋一(52)

会務報告
2016年度歴史学研究会総会報告…………………歴史学研究会委員会(55)

史料・文献紹介……………………………………………………………(62)

会 告
日本軍「慰安婦」問題をめぐる最近の動きに対する日本の
歴史学会・歴史教育者団体の声明……………歴史学関係15団体声明(63)

2016年8月号 No.947

特集 「不在」の歴史学-自己決定と選択の権利をめぐって-(Ⅱ)
論 文
光明園から邑久光明園へ………………………………………松岡弘之(1)
 -戦時ハンセン病療養所における自治返上のあと・さき-
普天間基地移設問題における辺野古区民の不在……………熊本博之(12)
植民地期朝鮮のラディカル・フェミニズム、その不在を問う………宋連玉(24)
帝国諸侯による「不在」の強制と再洗礼派による抵抗…………永本哲也(36)
 -1534-35年ミュンスター包囲戦における言論闘争と支援のネットワーク形成-

時 評
対テロ戦争とパレスチナ問題…………………………………荒井信一(48)

書 評
石井寛治『資本主義日本の歴史構造』………………………柳沢遊(57)
青木利夫『20世紀メキシコにおける農村教育の社会史』……松久玲子(60)

2016年7月号 No.946

特集 「不在」の歴史学-自己決定と選択の権利をめぐってⅠ-

特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
清代における殺人事件の裁判と女性―楊乃武案を手掛かりに-…… 五味知子(2)
不可視化された大韓帝国…………………………………………………金文子(12)
封地分配の行方……………………………………………………… 高田良太(23)
 -中世後期クレタにおけるヴェネツィア人入植政策とギリシア人の反応-
中近世スペインにおける宗教的マイノリティの「不在」……………………関哲行(33)
 -終末論、メシア思想を含めて-
ロシア史における民族史研究の意味と問題……………………………豊川浩一(44)
 -バシキール史研究とМ.К.リュバーフスキー-
奴隷制時代のフランスにおける「黒人」………………………………平野千果子(55)
 -見えないものから見えないものへ-
せめぎ合いの場としての「不可視性」………………………………… 村田勝幸(66)
 -1960年代後半以降のブルックリン(ニューヨーク)における西インド諸島系の位置-

史料・文献紹介……………………………………………………………(77)

2016年6月号 No.945

論 文
隋文帝「亡国の音」考………………………………………………戸川貴行(1)
 -中国古代における新音程の正当化-

時 評
国会議員による名誉毀損事件裁判を闘って………………………吉見義明(15)

シンポジウム 施行一年の特定秘密保護法-歴史学、アーカイブズ学から考える-
歴史学から特定秘密保護法を考える-施行後の現状と課題-… 瀬畑源(22)
秘密と公開-記録管理の立場から-………………………… 小川千代子(28)
日韓会談文書公開要求運動から得られたもの……………………吉澤文寿(40)
書 評 安藤正人・久保亨・吉田裕編『歴史学が問う
  公文書の管理と情報公開-特定秘密保護法下の課題-』…金田敏昌(48)

書 評
李炳鍋『百済寺院の展開と古代日本』…………………………小笠原好彦(51)
岡本隆司・箱田恵子・青山治世
 『出使日記の時代-清末の中国と外交-』……………………森万佑子(53)
岩井淳『ピューリタン革命の世界史』………………………… 小林麻衣子(57)
藤田文子『アメリカ文化外交と日本』…………………………… 井川充雄(60)

史料・文献紹介……………………………………………………………(63)

2016年5月号 No.944

論 文
1930年代前半の中国における検察制度…………………………久保茉莉子(1)

時 評
宇宙と砂漠と海と……………………………………………………後藤雄介(19)
 -チリ映画『光のノスタルジア』・『真珠のボタン』が描く歴史への問い-
「ホーエンエムスのユダヤ」の「再発見」……………………………増谷英樹(27)
 -「ユダヤ博物館」訪問記-

書 評
小宮山敏和『譜代大名の創出と幕藩体制』……………………笠谷和比古(33)
森下嘉之『近代チェコ住宅社会史』………………………………香坂直樹(36)
北村 厚『ヴァイマル共和国のヨーロッパ統合構想』………………福田 宏(39)
松沼美穂『植民地の<フランス人>』…………………………平野千果子(42)
中野耕太郎『20世紀アメリカの国民秩序の形成』………………松本悠子(45)

◆2016年度歴史学研究会大会報告主旨説明◆
全 体 会:人の移動と性をめぐる権力……………………………………(50)
古代史部会:日本古代における支配の変質………………………………(51)
中世史部会:移行期の社会と富・貨幣……………………………………(53)
近世史部会:近世日本の「開国」と政治・社会……………………………(54)
近代史部会:大戦間期における社会意識の変容…………………………(55)
現代史部会:軍事・社会空間の形成と変容………………………………(57)
合 同 部会:3-8世紀における地中海世界を中心とした
  政治的コミュニケーションの断絶と継受………………………………(58)
特 設 部会:歴史研究の成果を社会にどう伝えるのか …………………(59)

史料・文献紹介……………………………………………………………(61)

会 告
2016年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ…………………………(63)


2016年4月号 No.943

特集 第22回国際歴史学会議済南大会
総論
国際歴史学会議済南大会について………………………………… 小沢弘明(1)
国際歴史学会議と中国-申請に至る経緯と準備過程-…………… 川島真(4)
大テーマ
世界史の中の諸革命-比較と関係-…………………………………三谷博(9)
個別テーマ 
家事労働を商品化する-時代を超えた家庭の仕事-……………浅田進史(12)
音楽と国家………………………………………………………… 半澤朝彦(18)
ジョイント・セッション
外交実践の歴史のための新しいアプローチ…………………… 小檜山ルイ(24)
自然災害についての歴史学と比較史的視点……………………加藤千香子(27)
1906年サンフランシスコ大地震後の市内における
 中国人移民と日本人移民のコミュニティ復興の比較…………上田貴和子(33)
ラウンドテーブル
最先端にある女性史……………………………………………… 仲松優子(39)
加盟委員会(第二次世界大戦史国際委員会)
第二次世界大戦の文化的考察・アジアにおける
 大戦の問題点と遺産…………………………………………… 剣持久木(44)

時 評
米国・キューバ国交回復に寄せて……………………………………上英明(50)
 -オバマ外交を問う-
書 評
本城正徳『近世幕府農政史の研究』………………………………平野哲也(57)
小松賢司『近世後期社会の構造と村請制』……………………白川部達夫(61)
史料・文献紹介………………………………………………………………(65)

会 告
2016年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ………………………………(66)

2016年3月号 No.942

論 文
豊臣政権の「喧嘩停止」と畿内・近国社会……………………………谷 徹也(1)

時 評
アジア太平洋戦争のポリティックスと教育-アメリカ合衆国で日本史を教えて-
………ジョルダン・サンド、フランツィスカ・セラフィム(17)

シリーズ 3.11からの歴史学その7
提 言
ロベルト・ユンクの歴史認識と「原子力国家」批判…………………若尾祐司(28)
  -同著『原子力帝国』の復刊によせて-
原発事故から5年、福島県における農業・農村の現段階…………小山良太(32)
「震災」を経験して……………………………………………………大平 聡(37)
史料と展示
東京国立博物館と東京都立中央図書館,明治大学博物館の
東日本大震災に関する3展示を見て………………………………宇野淳子(41)
史料・文献紹介………………………………………………………………(43) 

書 評
木村茂光『日本中世百姓成立史論』………………………………鈴木哲雄(46)
藤本 猛『風流天子と「君主独裁制」』…………………………… 宮崎聖明(49)
村上正和『清代中国における演劇と社会』………………………… 磯部彰(52)
黛 秋津『三つの世界の狭間で
 -西欧・ロシア・オスマンとワラキア・モルドヴァ問題』-………松井真子(56)
史料・文献紹介…………………………………………………………… (61)

会告
吉見義明氏の名誉毀損に関わる裁判の公正な判決を求める決議………(63)



2016年2月号 No.941

小特集 宗派化とキリシタン禁制-日欧交流と宗教的秩序の形成-
小特集によせて………………………………………… 歴史学研究会委員会(1)
論 文
近世の宗教と政治-日欧比較の一視点-…………………………… 踊共二(3)
近世日本の異端的宗教活動と宗教的属性…………………………大橋幸泰(13)
 -潜伏キリシタンと隠れ/隠し念仏-
「殉教録」とともにヨーロッパに帰国した修道士…………………… 木崎孝嘉(22)
 -イエズス会管区代表プロクラドールの活動-
近世ドイツ語圏南部の「宗派化」と日本のキリシタン…………… 大場はるか(33)
 -演劇に見られる宗派的規範の継承と「他者」の表現-
かくれキリシタン、信者と信仰の実像……………………………… 中園成生(43)

書 評
杉山一弥『室町幕府の東国政策』…………………………………植田真平(52)
北河賢三『戦後史のなかの生活記録運動』……………………… 倉敷伸子(55)
栗田禎子『中東革命のゆくえ』……………………………………… 加藤博(58)

2016年1月号 No.940

特集 歴史の中の「正典」―外部/内部世界による分断・再編―(3)
神々は沈黙せず-平田派神霊事件考-………………………三ツ松誠(1)
20世紀初頭のインドネシア・イスラーム社会における近代女子教育の形成
-「正典」をめぐる解釈とコミュニティのゆらぎ・再編-………… 服部美奈(13)

研究ノート
戊戌政変前夜の外国人招聘策と「合邦」策…………………宮古文尋(24)

研究動向
朝鮮時代社会経済史研究における新動向………………… 須川英徳(35)

書評
蟻塚亮二『沖縄戦と心の傷-トラウマ診療の現場から-』……中村江里(49)
石島紀之『中国民衆にとっての日中戦争』…………………矢久保典良(52)
藤井真生『中世チェコ国家の誕生』………………………… 横川大輔(56)

史料文献紹介…………………………………………………………(60)