939号  2015年12月号

特集 歴史の中の「正典」―外部/内部世界による分断・再編―(2)
論 文
沖縄の復帰運動と日本国憲法…………………………………櫻澤誠(1)
 -沖縄違憲訴訟を中心に-
漢代の古文尚書学…………………………………………保科季子(13)
 -「今文太誓」と『古文尚書』-

批判と反省
「人びと」から拓く歴史……………………………………… 鹿野政直(24)
 -学び舎発行の『ともに学ぶ人間の歴史』について-

◆2015年度歴史学研究会大会報告批判◆
全 体 会………………………………………沼尻晃伸・飯島渉(30)
古代史部会……………………………………………… 川尻秋生(34)
中世史部会……………………………………………… 近藤成一(36)
近世史部会……………………………………………… 高野信治(39)
近代史部会………………………………… 宇田川幸大・金鉉洙(41)
現代史部会……………………………………………… 後藤春美(45)
合同部会……………………………紺谷由紀・纓田宗紀・窪信一(47)
特設部会………………………………………安村直己・日高智彦(51)

会告:戦後70年首相談話に対する声明……………………………(57)
シンポジウム「施行一年の特定秘密保護法」のお知らせ…………(58)
総目次:『歴史学研究』Nos.927-939(2015年1月~12月)…(61)


938号  2015年11月号

特集 歴史の中の「正典」―外部/内部世界による分断・再編―(1)
特集によせて………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
憲法発布と維新史の成立……………………………………………小風秀雅(2)
 -ナショナル・ヒストリーの形成と二人の「朝敵」-
東学=天道教正史の変遷……………………………………………趙景達(16)
 -教門の正統性と民族運動の主導権-
ローマ帝国の「アーカイブ碑文」と「アーカイブ・パピルス文書」……志内一興(27)
 -帝国発給文書の真正性と属州民による活用について-
「生ける国家」と「モンスター」…………………………………………岩井淳(37)
 -イングランド近世の有機体的国家観-
ハイチから見た『人権宣言』……………………………………………浜忠雄(50)
研究動向
織豊政権と「正典」……………………………………………………竹井英文(61)
 -「天下」「惣無事」をめぐる研究動向-

書 評
浜口誠至『在京大名細川京兆家の政治史的研究』………………山田康弘(71)
中野目徹『明治の青年とナショナリズム』…………………………有山輝雄(74)
史料・文献紹介………………………………………………………………(77)

937号  2015年増刊号

2015年度大会報告によせて…………………………………………………委員長 久保亨(1)
〈全体会〉 環境から問う帝国╱帝国主義
タカラガイ・雲南・帝国…………………………………………………………………上田信(2)
イギリス帝国の科学者ネットワークと資源の開発・保全…………………………水野祥子(11)
帝国日本のエコロジカル・インペリアリズム………………………………………藤原辰史(20)
 全体会討論要旨……(29)
〈古代史部会〉日本古代の支配論理の展開
律令官人制の展開と地方支配 …………………………………………………十川陽一(32)
蔵人所の成立と展開—家産官僚制の拡張と日本古代国家の変容—……………佐藤全敏(38)
 古代史部会討論要旨……(50)
〈中世史部会〉中世の法秩序と国制
中世前期の検断と国制……………………………………………………………西田友広(53)
中世後期の土地法秩序と国制—「安堵」の史的展開—…………………………松園潤一朗(62)
 中世史部会討論要旨……(70)
〈近世史部会〉18世紀の国家・社会と政治文化—「藩」をめぐる意識の形成と変容—
 問題提起…………………………………………………………近世史部会運営委員会(73)
明君像の形成と「仁政」的秩序意識の変容……………………………………小関悠一郎(74)
近世日本における対外関係の変容と「藩」意識…………………………………吉村雅美(83)
 近世史部会討論要旨……(92)
〈近代史部会〉戦後70年からの問い直し—象徴天皇制・植民地支配の未清算・植民地認識—
戦争責任論と象徴天皇制…………………………………………………………河西秀哉(95)
日韓財産請求権「経済協力」構想の再考…………………………………………太田修(104)
満洲経験の記憶と変遷……………………………………………………………佐藤量(112)
 コメント1…………………………………………………………………………吉田裕(122)
 コメント2………………………………………………………………………岡田泰平(124)
 近代史部会討論要旨……(126)
〈現代史部会〉「難民」をめぐる国際政治と「人道主義」
国際的「難民」保護の始まりをめぐる考察…………………………………………舘葉月(130)
 —第一次世界大戦から国際連盟創設期を中心に— 
在日朝鮮人「帰国問題」—新しい論点と課題—……………………………………朴正鎮(138)
合衆国難民政策の人道主義と新自由主義的世界秩序………………………佐原彩子(149)
—インドシナ難民の受け入れを事例に—
 現代史部会討論要旨……(158)
〈合同部会〉分裂と統合の場としての教会会議
カルタゴ司教キプリアヌスと3世紀中葉北アフリカにおける教会会議……………大谷哲(161)
中世カトリック世界の重層的アイデンティティ……………………………………藤崎衞(171)
 —12・13世紀の教会会議言説の分析—
皇帝権力とテクスト—第2リヨン公会議へのビザンツの反応について—………橋川裕之(180)
 合同部会討論要旨……(190)
〈特設部会〉地域から世界へ——危機の時代の歴史教育を考える——
高校教育の科目「歴史基礎」を考える—人文社会学の危機のなかで—…………三谷博(194)
歴史教育の可能性を求めて……………………………………………………高澤紀恵(203)
震災・原発事故災害を現代史学習の一項目に…………………………………福田和久(211)
歴史認識の共有とはどのようないとなみか……………………………………齋藤一晴(220)
 —歴史教育を国境を越えて問い直す—
 特設部会討論要旨……(229)
編集後記……(235)

936号  2015年10月号

小特集 史料の面白さ、歴史教育の現場
-『世界史史料』と『史料から考える 世界史20講』-

小特集にあたって…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)

論 文
高大連携の視点から見た大学の歴史教育……………………………………鈴木茂(2)
 -「ラテンアメリカ史入門」の実践報告-
『世界史史料』を読み解く高校世界史学習の試み……………………… 米山宏史(14)
コメント
史料を取り入れた授業とその問題点…………………………………… 松本通孝(23)
歴史教育における史料の役割と活用…………………………………… 齋藤一晴(27)
歴史教育と歴史研究の二重らせん……………………………………… 安村直己(30)
生徒から見た『世界史史料』読解の授業……………………………… 大澤創太(33)

時 評
シャルリ・エブド襲撃事件とフランス………………………………平野千果子(36)
-報道から考える現代社会-

書 評
村石正行『中世の契約社会と文書』…………………………………… 湯浅治久(45)
三宅正浩『近世大名家の政治秩序』……………………………………高野信治(47)
小林隆道『宋代中国の統治と文書』……………………………………伊藤一馬(50)
小田中直樹『19世紀フランス社会政治史』……………………………… 槇原茂(54)
岡田泰平『「恩恵の論理」と植民地』…………………………………中野由美子(57)

史料文献紹介……………………………………………………………………(61)

935号  2015年9月号

論 文
南宋末期における賈似道と宗室・外戚の対抗関係……………………宮崎聖明(1)
 -陳著『本堂集』を手がかりに-

時 評
高校無償化からの朝鮮高校除外、その前後左右……………………田中 宏(18)

シリーズ 3.11からの歴史学 【その6】
提 言
「なかったこと」にさせない思いをつなぐ営みとしての歴史叙述…………友澤悠季(29)
史料と展示
福島県の資料保全の現場から-4年間の経験をもとに-………… 阿部浩一(33)
地域と人びとをささえる資料-神奈川資料ネットから-………… 多和田雅保(36)
資料保全活動20年の意義……………………………………… 川内淳史(39)
 -「全国史料ネット研究交流集会」の報告を通じて-
史料・文献紹介……………………………………………………………… (43)

書 評
河内春人『東アジア交流史のなかの遣唐使』……………………河上麻由子(46)
桝屋友子『イスラームの写本絵画』………………………………奥 美穂子(49)
山本正・細川道久編著『コモンウェルスとは何か…………………… 小川浩之(52)
 -ポスト帝国時代のソフトパワー-』

会務報告
2015年度歴史学研究会総会の報告……………… 歴史学研究会委員会(57)
会 告
「慰安婦」問題に関する日本の歴史学会・歴史教育者団体の声明…
………歴史学関係16団体(63)

934号  2015年8月号

小特集 歴史学の課題としての戦後日本/平和主義
-集団的自衛権問題を見すえて-

小特集によせて…………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
世界史に逆行する「集団的自衛権論」の陥穽…………………油井大三郎(2)
先送りされ続ける「平和の到来」……………………………………鳥山淳(10)
-占領下沖縄の経験をめぐって-
境界の蘇生を求めて…………………………………………… 村井章介(20)
 -日本前近代史から-
コメント
「戦後日本」の戦争と「平和主義」………………………………… 鄭栄桓(29)
沖縄から問う「戦後日本」・「平和主義」…………………………蓑輪明子(32)
前近代史研究の立場性を求めて-現状と向き合う中で-… 下村周太郎(35)

時 評
アジアのなかの日本………………………………………………木畑洋一(39)
 -「戦後70年」に想う-

書 評
上田長生『幕末維新期の陵墓と社会』………………………… 井上智勝(45)
芳井研一編著『南満州鉄道沿線の社会変容』…………………大野太幹(48)
澤田佳世『戦後沖縄の生殖をめぐるポリティクス』………………田間泰子(51)
新村容子『アヘン戦争の起源-黄爵滋と彼のネットワーク-』…豊岡康史(55)
細川道久『カナダの自立と北大西洋世界
 -英米関係と民族問題-』……………………………………橋川健竜(58)
会 告
総会決議
「戦後70年を迎え、戦争への道に反対し平和への決意を新たにする決議
  ………………………………………………………歴史学研究会総会(62)

933号  2015年7月号

特集 「救済」をめぐる言説と実践-歴史の現場から考える-(Ⅱ)
論 文
近代中国における民衆宗教の教育事業………………………………… 小武海櫻子(1)
 -同善社の国学教育を例に-       
近代オスマン帝国における救済の複合性………………………………… 佐々木紳(13)
 -募金活動の現場から-
失明者にとっての生活の「自立」………………………………………… 西浦直子(23)
-多磨全生園における看護職員切替えをめぐる発言から-

論 文
民国元年の蘇州における抗租と新政権…………………………………… 鷲尾浩幸(36)

批判と反省
「世界史」成立史研究の課題……………………………………………… 茨木智志(49)
 -小山幸伸論文への批判を通して-

時 評
『新修彦根市史 通史編 現代』刊行中止事件と出版に至る道……………岡田知弘(56)

書 評
高橋昌明『平家と六波羅幕府』……………………………………………遠藤基郎(64)
吉村豊雄『日本近世の行政と地域社会』…………………………………渡辺尚志(67)
山内昌之『中東国際関係史研究……………………………………………小松久男(71)
-トルコ革命とソビエト・ロシア1918-1923』

談話室
<社会史>批判の論理をめぐって………………………………………橡川一朗(75) 

932号  2015年6月号

特集 「救済」をめぐる言説と実践-歴史の現場から考える-(Ⅰ)

特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
日本中世における宗教的救済言説の生成と流布……………………菊地大樹(2)
中世ヨーロッパの『健康規則』、公衆衛生と救済………………… 山辺規子(14)
「人道主義」と南アフリカ戦争……………………………………… 大澤広晃(24)
天皇崇敬・慈恵・聖徳…………………………………………………島薗 進(36)
 -明治後期の「救済」の実践と言説-

時 評
ヨーロッパ統合の中の「国づくり」……………………………八嶋由香利(48)
-カタルーニャ「独立問題」の背景にあるもの-
スコットランド問題……………………………………………………富田理恵(55) 
 -その経緯と背景- 

史料・文献紹介………………………………………………………………(60)

931号  2015年5月号

論 文
20世紀初頭の北部ハンガリーにおける政治意識の「国民化」……………井出匠(1)
 -ルジョムベロクにおけるスロヴァキア国民主義運動の例を中心に-
批判と反省
二宮史学の批判的継承に向けて………………………………………仲松優子(20)
 -戦後歴史学・政治文化論・ジェンダー-
第一次世界大戦研究から見えてくる新しい現代史像………………吉澤誠一郎(29)
 -山室信一ほか編『現代の起点 第一次世界大戦』をめぐって-
時 評
中国人強制連行・西松安野和解事業とその意義……………………… 杉原達(35)
 -『和解報告書』の刊行によせて-
歴史と記憶の政治とその紛争化……………………………………… 橋本伸也(41)
 -中東欧・ロシアにおける歴史認識問題とそのグローバル展開-

◆2015年度歴史学研究会大会報告主旨説明◆
全 体 会:環境から問う帝国/帝国主義………………………………………(49)
古代史部会:日本古代の支配論理の展開………………………………………(50)
中世史部会:中世の法秩序と国制……………………………………………… (51)
近世史部会:18世紀の国家・社会と政治文化………………………………… (53)
近代史部会:戦後70年からの問い直し …………………………………………(54)
現代史部会:「難民」をめぐる国際政治と「人道主義」………………………(56)
合 同 部会:分裂と統合の場としての教会会議………………………………… (57)
特 設 部会:地域から世界へ…………………………………………………… (59)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(61)

会 告 2015年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ…………………………(63)

930号   2015年4月号

論文
 六国借款団と日本…………………………………………………久保田裕次(1)
  -外交・金融関係者の「支那保全」論を中心に-
研究動向
 国立公文書館所蔵「戦争犯罪裁判関係資料」の形成過程と
  BC級戦争裁判研究の可能性…………………………大江洋代・金田敏昌(19)
時評
香港「雨傘運動」の歴史的射程………………………………………中村元哉(34)
日韓「歴史認識」問題と韓国の日本史研究……………………………… 池享(40)

書評
三上喜孝『日本古代の文字と地方社会』……………………………大橋信弥(48)
鄭栄桓『朝鮮独立への隘路-在日朝鮮人の解放五年史-』……… 太田修(52)
鈴木杜幾子『フランス革命の身体表象
  -ジェンダーからみた200年の遺産-』…………………………平正人(55)
森杲『アメリカ<主婦>の仕事史』………………………………… 有賀夏紀(59)

史料・文献紹介……………………………………………………………… (63)

会告 2015年度歴史学研究会大会のお知らせ…………………………… (65)

929号   2015年3月号

論文
近代日本における名望と地域福祉の社会史
 -20世紀初頭の秋田市における資産家の福祉活動を中心に-………………大川啓(1)
研究動向
「地域」経済史研究の現状と課題-近代日本経済史研究を中心に-………高柳友彦(21)
「追放」と「入植」をめぐる研究の新展開
 -第二次世界大戦後のチェコ「国境地帯」への入植をめぐって-…………森下嘉之(29)
シリーズ 3.11からの歴史学 【その5】
提言
 記憶を歴史として継承する場の広がりと歴史研究者の役割………………… 奥村弘(39)
  -阪神・淡路大震災20年、東日本大震災4年の中で考える-
 関東大震災下における虐殺の記憶を継承するために…………………… 小薗崇明(43)
  -東日本大震災・ヘイトスピーチ・関東大震災90周年を経て-
史料と展示
 震災をめぐる想像力の「収斂」に抗するために…………………………… 原山浩介(48)
 持続する記憶に目を凝らす……………………………………………… 山本唯人(52)
  -八戸市・ICANOFの活動と「種差」展の試み-
史料・文献紹介……………………………………………………………………… (55)

書評
中込律子『平安時代の税財政構造と受領』……………………………… 勝山清次(58)
史料・文献紹介……………………………………………………………………… (62)

928号   2015年2月号

小特集 日本中世の契約と取引慣行-中世経済史研究の現在-

小特集によせて……………………………………… 歴史学研究会編集委員会(1)
論文
日本中世における信用取引と荘園制………………………………… 佐藤泰弘(2)
紛失状を"立てる"こと………………………………………………… 菅野文夫(11)
中世における文書と信用…………………………………………… 本郷恵子(22)
中世後期日本の貨幣経済と信用取引-「匿名性」の視点から-… 川戸貴史(30)
日明貿易における商慣習と信用取引について………………… オラー・チャバ(39)

書評
安田常雄編大串潤児ほか編集協力『社会の境界を生きる人々
 -戦後日本の縁-』(戦後日本社会の歴史4)…………………… 安岡健一(49)
小林元裕『近代中国の日本居留民と阿片』………………………… 倉橋正直(53)
野々瀬浩司『宗教改革と農奴制』…………………………………… 森田安一(55)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(59)

927号   2015年1月号

論文
大正デモクラシー状況への皇室の対応………………………………加 藤祐介(1)
  ―御料地争議における天皇制イデオロギーの噴出-
中国国民党政権による検察改革 1938‐1945年………………………吉見崇(17)

時評
歴史を忘れた国がつくる新しい歴史…………………………………伊 香俊哉(33)
「集団的自衛権」問題の正体…………………………………………栗 田禎子(39)
-「集団的帝国主義」の時代の日本型ファシズム-

書評
田中智子『近代日本高等教育体制の黎明』…………………………… 駒込武(47)
丸田孝志『革命の儀礼
 -中国共産根拠地の政治動員と民俗-』………………………小野 寺史郎(51)
天野知恵子『子どもたちのフランス近現代史』………………………岡 部造史(54)
松原宏之『虫喰う近代
 -1910年代社会衛生運動とアメリカの政治文化-』……………… 川越修(56)

史料・文献紹介……………………………………………………………… (62)

会告 声明 政府首脳と一部マスメディアによる日本軍「慰安婦」 問題に
 ついての不当な見解を批判する…………………………………………… (60)