926号   2014年12月号

特集 性売買とジェンダーの歴史(2)
明治4年「新吉原町規定申合」成立の意義…………………………曽根ひろみ(1)
 -遊女屋の仲間的結集-
貿易都市長崎から見た近世日本の「売春社会」……………………松井洋子(14)
遊廓社会論の射程………………………………………………… 吉田伸之(26)

書評
永江雅和『食糧供出制度の研究-食糧危機下の農地改革-』… 伊藤淳史(39)

◆2014年度歴史学研究会大会報告批判◆
全 体 会…………………………………横山伊徳・長谷川貴彦・戸邉秀明(42)
古代史部会………………………………………………………… 毛利憲一(46)
中世史部会………………………………………………古澤直人・山家浩樹(47)
近世史部会………………………………………………………… 山本博文(50)
近代史部会……………………………………………… 兼子 歩・川口 遼(53)
現代史部会………………………………………… 小山田紀子・松田春香(56)
合同部会………………………… 阿部衛・押尾高志・薩摩真介・小澤一郎(59)
特設部会…………………………………………………飯島 渉・福澤徹三(64)

会告:歴研シンポジウム開催のお知らせ…………… 歴史学研究会委員会(70)
総目次:『歴史学研究』Nos.914-926(2014年1月 ~12月)………………… (74) 

925号   2014年11月号

特集 性売買とジェンダーの歴史(1)
特集にあたって………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
日本古代・中世の買売春の成立・変容と特質……………………… 服藤早苗(2)
礼教・契約・生存
 -清代中国の売妻・典妻慣行と道徳観念-………………………岸本美緒(13)
帝政ドイツと国際的婦女売買撲滅運動
 -西部国境を越える女性の移動から考える-…………………日暮美奈子(24)
研究動向
アメリカ売買春史研究の展開-革新主義期を中心に-………………兼子歩(38)

書評
佐藤仁史『近代中国の郷土意識
  -清末民初江南の在地指導層と地域社会-』………………… 藤谷浩悦(50)
金澤周作『海のイギリス史-闘争と共生の世界史-』…………… 川分圭子(53)

学界だより
女性史・ジェンダー史からみる東アジアの歴史像
 -2013年「日中韓女性史国際シンポジウム」報告-…………… 早川紀代(56)

924号   2014年増刊号

2014 年度大会報告によせて ……………………………………… 委員長久保亨(1)
〈全体会〉いま,歴史研究に何ができるかⅡ-歴史研究という営みを掘り下げる-
文字のかなたに声を聴く-声からの/声に向けての史料論-………… 大黒俊二(2)
歴史資料としての手紙の可能性………………………………………… 岩城卓二(10)
〈歴史教師〉の不在-なぜ「歴史教育」なのか-………………………今野日出晴(19)
 全体会討論要旨…… (28)

〈古代史部会〉日本古代の国家と支配秩序
日本古代支配秩序の構築と国家…………………………………………中村友一(30)
コメント…………………………………………………………関根淳(38)武廣亮平(40)
  古代史部会討論要旨……(42)

〈中世史部会〉中世の権力と秩序形成
鎌倉幕府の歴史意識・自己認識と政治社会動向…………………… 下村周太郎(44)
室町幕府の秩序編成と武家社会………………………………………… 木下聡(53)
  中世史部会討論要旨……(62)

〈近世史部会〉東アジアにおける海域秩序の変容と近世日本の対外政策
近世日本のキリシタン禁制-地球的世界と国家・民衆-………………清水有子(66)
幕府対外政策と東アジア再編-異国船問題の政策継承-……………松尾晋一(76)
  近世史部会討論要旨……(86)

〈近代史部会〉「寛容」と嫌悪を問い直すためのクィア史
エフェミナシー・フォビア-誰が「非男」とされたのか-………………… 内田雅克(89)
〈性愛と友愛〉の境界線の政治学
 -イギリスにおける女同士の絆の(不)可視化-…………………… 野田恵子(98)
コメント………………………………………………… 星乃治彦(108)成田龍一(110)
  近代史部会討論要旨……(113)

〈現代史部会〉脱植民地化と現代史の再検討
植民地支配と現代の暴力-ザンビアとジンバブェ-………………… 小倉充夫(115)
独立期アフリカに対するイギリス援助政策…………………………… 前川一郎(124)
コメント………………………………………………… 倉沢愛子(131)荒川章二(133)
  現代史部会討論要旨……(136)

〈合同部会〉フロンティアとアイデンティティ
帝政ローマのフロンティア
 -「ゾーン」としての辺境と剣闘士競技-………………………… 佐野光宜(139)
カスティーリャとグラナダとの狭間で揺れ動くひとびと
 -「境域」民の振る舞い-………………………………………… 黒田祐我 (147)
スペイン領アメリカにおける逃亡者コミュニティの生成……………… 伏見岳志(155)
フロンティアから,そして,またフロンティアへ
 サファヴィー朝支配下のグルジアの経験から……………………… 前田弘毅(165)
コメント………………………………………………………………… 古谷大輔(173)
  合同部会討論要旨……(175)

〈特設部会〉資料保全から歴史研究へ
地域の史料と向きあう-フィールドワークと郷土を愛すること-……… 平川新(180)
歴史資料保全と「ふるさとの歴史」叙述-宮城での経験から-…… 佐藤大介(189)
被災資料と歴史教育,そして歴史研究へ
 -茨城での取り組みから-…………………………………………… 高橋修(198)
被災歴史資料と災害資料の保存から歴史研究へ
 -地域の過去と未来をつなぐために-……………………………… 奥村弘(204)
  特設部会討論要旨……(213)

923号   2014年10月号

論文
南宋後期における両淮防衛軍の統制政策…………………… 小林晃(1)
 -浙西両淮発運司から公田法へ-
抗米援朝運動と同業秩序の政治化…………………………… 金子肇(18)
 -上海の愛国業務公約を素材に-

批判と反省
20世紀農業史像豊富化のために……………………………野田公夫(33)
 -玉真之介氏の批判に答える-

書評
福岡万里子『プロイセン東アジア遠征と幕末外交』………西澤美穂子(39)
朝治武『差別と反逆-平野小剣の生涯-』……………………関口寛(42) 
吉村智博『近代大阪の部落と寄せ場』………………………杉本弘幸(44)
菊池一隆『東アジア歴史教科書問題の構図』………………齋藤一晴(48)
手代木有児『清末中国の西洋体験と文明観』………………小野泰教(51)
工藤晶人『地中海帝国の片影
 -フランス領アルジェリアの19世紀-』……………………渡邊祥子(54)
橋川健竜『農村型事業とアメリカ資本主義の胎動』…… 久田由佳子(58)

史料・文献紹介……………………………………………………… (61)

922号   2014年9月号

論文
三十年戦争末期の神聖ローマ帝国における軍隊と政治
 -傭兵隊長ヴェルトの反乱を手がかりに-…………………斉藤恵太(1)

批判と反省
「下からのドイツ第三帝国史」への模索-小野寺拓也『野戦郵便から
  読み解く「ふつうのドイツ兵」』に寄せて- ……………… 三宅立(17)

シリーズ 3.11からの歴史学 -その4-
提言
歴史学が存続するために……………………………………高澤紀恵(24)
地震・火山の観測研究5カ年計画の審議に参加して……… 保立道久(28)
[史料と展示]
東日本大震災に関する資料の現状…………………………水本有香(32)
2011.3.11と詩歌
 -詩歌の記録性と展示の意義などについて-…………… 豊泉豪(35) 
史料文献紹介………………………………………………………… (39)

書評
吉田賢司『室町幕府軍制の構造と展開』………………… 田中大喜(41)
坂井博美『「愛の争闘」のジェンダー力学』………………沢山美果子(44) 
原 朗『日本戦時経済研究』………………………………… 堀和生(48)

会務報告
2014年度歴史学研究会総会の報告…………歴史学研究会委員会(51)

史料文献紹介…………………………………………………………(57)
会告 歴史の研究と教育に携わる立場から4月28日の意味に
 改めて思いを致し、辺野古への米軍基地移設に反対する声明……(62)


921号   2014年8月号

特集 「戦後日本」の問い方と世界史認識-冷戦・脱植民地化・平和-(2)

論文
「戦後日本」の「戦後責任」論を考える………………………… 永原陽子(1)
 -植民地ジェノサイドをめぐる論争を手がかりに-
日韓条約と請求権………………………………………………内海愛子(11)
 -『朝鮮研究』などの同時代史的検証-

論文
満洲国軍と国兵法…………………………………………… 及川琢英(23)

批判と反省
「人民闘争史研究」という歴史学運動…………………………深谷克己(41)
 -1970年前後の危機意識と可能意識のもとで-

研究動向
深読みする歴史学…………………………………………… 若尾政希(49)
 -青木美智男における文化史の発見-

会告:憲法解釈の変更による集団的自衛権の容認に反対する……… (59)

920号   2014年7月号

特集 「戦後日本」の問い方と世界史認識-冷戦・脱植民地化・平和-(1)

特集によせて…………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
戦後東アジアで「アメリカ」を学び捨てる……………………… 加藤公一(2)
 -「冷戦としての戦後」と脱植民地化の記憶喪失-
対日政策をめぐる中ソの連携と分業(1949-50年)…………松村史紀(14)
日韓会談における請求権交渉の再検討…………………… 吉澤文寿(25)
 -日本政府における議論を中心として-
「戦後日本」の問い方をめぐって………………………………荒川章二(35)
 -安田常雄編集・大串潤児ほか編集協力『戦後日本社会の歴史』
  の境界論を手がかりとして-
占領・復興期の「混血児」教育…………………………………上田誠二(46)
 -人格主義と平等主義の裂け目-
第二次世界大戦後の日本-アフリカ関係史…………………北川勝彦(60)
 -1950年代と1960年代を中心にして-

書評
鈴木楠緒子『ドイツ帝国の成立と東アジア』……………………小池求(72)

史料・文献紹介…………………………………………………………(76)

919号   2014年6月号

論文
重慶国民政府による広西省の統制強化と軍事機構………………藤井元博(1)
 -桂南会戦を中心に-

研究動向
バルカンにおける共通歴史教材づくり……………………………… 柴宜弘(18)
 -『バルカンの歴史-バルカン近現代史の共通教材-』から考える-

批判と反省
豊臣秀吉文書における「自敬表現」と「自称文言」について……… 今野真(24)
 -山本博文著『続 日曜日の歴史学』批判-

書評
池上裕子『日本中近世移行期論』……………………………… 深谷幸治(30)
沢山美果子『近代家族と子育て』……………………………… 牟田和恵(33)
坂根嘉弘『日本戦時農地政策の研究』………………………… 沼尻晃伸(37)
鈴木将久『上海モダニズム』……………………………………… 関智英(40)
水羽信男『中国の愛国と民主-章乃器とその時代-』………吉澤誠一郎(44)
唐澤晃一『中世後期のセルビアとボスニアに
  おける君主と社会』……………………………………………薩摩秀登(48)
中田英樹『トウモロコシの先住民とコーヒーの国民
  -人類学が書きえなかった「未開」社会-』…………………小澤卓也(51)
田嶋信雄『ナチス・ドイツと中国国民政府-
  一九三三-一九三七-』……………………………………三宅正樹(54)

史料・文献紹介 ………………………………………………………… (58)

918号   2014年5月号

論文
1920年代台湾における市制運動の展開 …………………………… 藤井康子(1)
 -地方制度改正後の台南州嘉義街における日・台人の動向を中心に-

研究ノート
産業化から取り残された地域における地方資産家の投資活動
 -明治末期から大正初期,北海道江差町,関川合資会社・関川茂平家の事例-
         ……………………………………………………… 白鳥圭志(20)

時評
戦後第3の段階に入った歴史教科書問題 ……………………… 小川輝光(34)
 -実教出版社の日本史教科書不採択問題を取り巻く情勢-

談話室
通説・定説と教科書批評 ………………………………………… 大串潤児(42)

書評
山下信一郎『日本古代の国家と給与制』……………………… 志村佳名子(44)
森田安一『木版画を読む-占星術・
 「死の舞踏」そして宗教改革-』……………………………… 野々瀬浩司(47)

◆2014年度歴史学研究会大会報告主旨説明
全体会:いま,歴史研究に何ができるか Ⅱ………………………………… (50)
古代史部会:日本古代の国家と支配秩序…………………………………  (51)
中世史部会:中世の権力と秩序形成…………………………………………(52)
近世史部会:東アジアにおける海域秩序の変容と近世日本の対外政策… (54)
近代史部会:「寛容」と嫌悪を問い直すためのクィア史………………………(55)
現代史部会:脱植民地化と現代史の再検討…………………………………(57)
合同部会:フロンティアとアイデンティティ…………………………………… (58)
特設部会:資料保全から歴史研究へ…………………………………………(60)

会告:2014年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ ………………………(63)

917号   2014年4月号

論文
下地中分と荘園経営-備中国新見荘を中心に-…………… 似鳥雄一(1)
公方足利氏満・満兼期鎌倉府の支配体制 ………………… 植田真平(18)
-鎌倉府体制」再考にむけて-

批判と反省
歴史学のアクチュアリティをめぐって …………………………松塚俊三(37)
「唯一の被爆国」という言葉と日本の「戦後」……………………権赫泰(44)

書評
 奥田晴樹『地租改正と割地慣行』…………………………… 滝島功(51)
 陳培豊『日本統治と植民地漢文』…………………………… 金文京(54)
 大清水裕『ディオクレティアヌス時代のローマ帝国』……… 新保良明(57)

史料・文献紹介 ……………………………………………………… (61)

会告:2014年度歴史学研究会大会のお知らせ ………………………(62)

916号   2014年3月号

論文
甲骨文字史料の集計・分析を中心とする(史字)の再解釈………高野義弘(1)

批判と反省
野田公夫編『農林資源開発の世紀』『日本帝国圏の農林資源開発』を
 めぐって……………………………………………………… 玉真之介(16)

シリーズ 3.11からの歴史学 -その3-
提言
過去と現在を行き来する災害史研究 ………………………… 菊池勇夫(23)
 -近世の飢饉研究から-
妊娠から歴史を考える ………………………………………… 田間泰子(27)
史料と展示
「未来を守るために」-リアス・アーク美術館常設展示
 『東日本大震災の記録と津波の災害史』での試み-……… 山内宏泰(31)
「ひなぎく(国立国会図書館東日本大震災アーカイブ)」の概要と
 その意味 ………………………………………………………福島幸宏(35)
史料・文献紹介……………………………………………………………(38)

書評
十川陽一『日本古代の国家と造営事業』……………………古尾谷知浩(42)
吉田伸之『伝統都市・江戸』…………………………………… 高山慶子(45)
沢井実『近代日本の研究開発体制』…………………………… 青木洋(48)
箱田恵子『外交官の誕生………………………………………… 川島真(51)
 -近代中国の対外態勢の変容と在外公館-』
中野聡『東南アジア占領と日本人』…………………………… 河西晃祐(53)
佐藤猛『百年戦争期フランス国制史研究』…………………… 堀越宏一(57)

史料・文献紹介 ………………………………………………………… (60)

会告:安倍政権による教科用図書検定基準の改悪,教科書の
国家統制強化に反対する ……………………… 歴史学研究会委員会(61)
特定秘密保護法案に対する歴史学関係者の緊急声明………………  (63)

915号  2014年2月号

論文
清初における文社活動展開の一側面 ………………………… 陳永福(1)
 -江南太倉州を中心に-
植民地朝鮮における墓地規則改定(1919年)について………… 李相旭(15)

批判と反省
高校日本史教科書の「戦後史」叙述を検証する
 -「占領期」から安保体制成立までを中心に-
    ………… 小川輝光・宇田川幸大・鄭栄桓・青山治世・姉川雄大(35)
高校世界史教育からの発信 ……………………………… 鳥越泰彦(50)

書評
上川通夫『日本中世仏教と東アジア世界』………………… 大塚紀弘(57)

史料・文献紹介…………………………………………………………(61)

会告:特定秘密保護法案に対する反対声明………………………… (62)

914号  2014年1月号

特集 史料の力,歴史家をかこ む磁場-史料読解の認識構造-(3)

論文
思想史という方法-歴史と主体形成-……………………… 若尾政希(1)

論文
北陸道「両大将」と守護・国人 ……………………………… 堀川康史(15)
 -初期室町幕府軍事制度再検討の試み-
農業地域の都市化における性別役割分業の形成 …………古河史江(30)
 -愛知県安城市1950年代-80年代-

書評
大山喬平『日本中世のムラと神々』…………………………海老澤衷(50)
岸本美緒『風俗と時代観-明清史論集1-』
『地域社会論再考-明清史論集2-』………………………甘利弘樹(53)
三時眞貴子『イギリス都市文化と教育』…………………… 松塚俊三(56)
細川道久『「白人」支配のカナダ史』…………………………小野直子(60)