913号   2013年12月号

特集 史料の力,歴史家をかこむ磁場-史料読解の認識構造-(Ⅱ)

論文
歴史の変動,歴史家の変革 ………………………………… 松原宏之(1)
 -レイモンド・フォスディックと第一次世界大戦期アメリカ改良運動の交錯する波-
表象をつなぐ想像力-ルポルタージュ読解試論-…………藤野裕子(12)

時評
日本軍「慰安婦」問題をめぐる現状と問題点 …………… 西野瑠美子(24)

展示評
FIGHT FOR JUSTICE …………………………………… 宇田川幸大(31)
日本軍「慰安婦」-忘却への抵抗・未来の責任

リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第11回
社会運動史研究の再生を考える ………………………… 山田敬男(35)
 -現代史研究の立場から-
出版社からみた歴研 ………………………………………… 島田泉(38)
歴研事務局という職場……………………………………… 小林和子(40)

◆2013年度歴史学研究会大会報告批判◆
全 体 会 ………………………………………… 村井章介・黛秋津(42)
古代史部会 …………………………………… 遠藤慶太・矢野建一(45)
中世史部会 …………………………………… 吉田賢司・稲葉継陽(47)
近世史部会 …………………………………………………小林准士(50)
近代史部会 …………………………………… 貴堂嘉之・柴田暖子(53)
現代史部会 ……………………………………… 倉田徹・石井香江(57)
合同部会 ……………… 長谷川敬・和栗珠里・和田杏子・片倉鎮郎(60)
特設部会 …………………………………………………… 加藤哲郎(65)

史料・文献紹介 ……………………………………………………… (70)

会告:合同シンポジウムのお知らせ………………………………… (71)
総目次:『歴史学研究』Nos.901~913(2013年1月 ~12月)…………(74)

912号   2013年11月号

特集 史料の力,歴史家をかこ む磁場-史料読解の認識構造-(Ⅰ)

特集によせて …………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
植民地支配・共同性・ジェンダー ……………………………… 安村直己(2)
 -18世紀メキシコの訴訟文書をめぐって-
異端と属性 …………………………………………………… 大橋幸泰(14)
 -キリシタンと「切支丹」の認識論-
女たちの声を聴く ………………………………………… 沢山美果子(27)
 -近世日本の妊娠,出産をめぐる史料読解の試み-
過程的な問い,引き出されるアクチュアリティ …………… 小野寺拓也(39)
 -『野戦郵便から読み解く「ふつうのドイツ兵」』の舞台裏-
戦前・戦時期日本の「衛生経験」を読み解く …………………宝月理恵(50)
 -オーラル・ヒストリーによる近代衛生史の可能性-
聞き取り・わたし・認識構造 ……………………………… 人見佐知子(62)

書評
平山篤子『スペイン帝国と中華帝国の邂逅 ……………………土肥歩(73)
 -十六・十七世紀のマニラ-』

史料・文献紹介 ……………………………………………………… (76)

911号   2013年増刊号

2013年度大会報告によせて……………………………………… 久保亨(1)
全体会 変容する地域秩序と境域-蝦夷地と中央ユーラシアの経験から-
19世紀蝦夷地における「境域」としての可能性………………… 谷本晃久(2)
帝国の境界を越えて-露清間の境域としてのカザフ-………… 野田仁(10)
 コメント1……………………………………………………… 横山伊徳(19)
 コメント2……………………………………………………… 桃木至朗(20)
 全体会討論要旨(23)

古代史部会 日本古代における秩序の形成と展開
日本古代の氏族秩序と天皇観……………………………… 長谷部将司(26)
「律令祭祀」と「律令天皇制祭祀」
 -律令国家を維持したイデオロギーとその限界-………… 榎村寛之(34)
 古代史部会討論要旨(44)

中世史部会 中世における地域権力の支配構造
中世後期の地域支配-幕府・守護・知行主-……………………大薮海(46)
中近世移行期の地域権力と兵農分離………………………… 平井上総(55)
 中世史部会討論要旨(63)

近世史部会 宗教的秩序の変容と幕藩権力
 問題提起…………………………………………近世史部会運営委員会(67)
寺檀制度をめぐる通念と情報…………………………………… 朴澤直秀(68)
近世の暦流通と「暦支配」…………………………………………梅田千尋(77)
 近世史部会討論要旨(86)

近代史部会 移動をめぐる主体と「他者」-排除と連帯のはざまで-
フィリピン・ダバオ引揚者による戦争体験の沈黙と共有
 -帝国と国民国家の狭間で-……………………………… 飯島真里子(89)
アフリカン・ディアスポラと人種連帯のかたち
 -黒人移民史とニューヨーク都市史の交差-…………………村田勝幸(98)
二重に疎外された人々
 -ギリシア・トルコ強制的住民交換とギリシア人難民-……村田奈々子(107)
 コメント1……………………………………………………… 赤尾光春(117)
 コメント2……………………………………………………… 眞城百華(119)
  近代史部会討論要旨(121)

現代史部会 対抗運動の可能性-保守時代の構想と展開-
70年代西ドイツにおけるオルタナティヴ勢力の形成
 -緑の党を例に-……………………………………………… 西田慎(125)
民主化以降の韓国における市民運動の形成とその後
 -政党政治とのかかわりを中心に-…………………………清水敏行(135)
 コメント1…………………………………………………… 及川英二郎(143)
 コメント2………………………………………………………… 梅崎透(145)
  現代史部会討論要旨(147)

合同部会 歴史のなかの海域-海がつなぐ/隔てる世界-
地中海を舞台にした古代ローマ経済のグローバリゼーション… 向井朋生(151)
港湾都市カンディアからみた中世後期の東地中海…………… 高田良太(160)
海、掠奪、法
 -近世大西洋世界における私掠制度の発展と拡大-………薩摩真介(168)
インド洋西海域世界の可能性-海域史から世界史へ-………鈴木英明(178)
 合同部会討論要旨(185)

特設部会 3.11後の「復興」と運動を問う
グローバル経済下の震災復興をめぐる対立構図と位相…… 岡田知弘(190)
戦後日本政治の対立軸と反原発運動…………………………… 本田宏(199)
 特設部会討論要旨(208)

910号   2013年10月号

小特集 国境を越える歴史認識を求めて-日中韓3国共同歴史
編纂委員会編『新しい東アジアの近現代史』から学ぶこと-
小特集によせて…………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
日中韓3国の共同作業から見えてくるもの…………………… 大日方純夫(2)
 -『未来をひらく歴史』から『新しい東アジアの近現代史』へ-
多国間歴史教材の分析視点……………………………………近藤孝弘(11)
 -ヨーロッパと東アジアの比較から-
東アジアの平和に寄与する授業実践の模索より…………………森口等(19)
 -『新しい東アジアの近現代史』と関わって-
「国境を越える歴史認識」とは何か……………………………… 鄭栄桓(26)
 -『新しい東アジアの近現代史』を読む-
コメント
合同シンポジウム「国境を越える歴史認識を求めて」…………鬼頭明成(35)
 に参加して
歴史認識共有の模索-東アジアとヨーロッパ-……………… 剣持久木(39)

リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第10回
危機認識への招待………………………………………………中村平治(44)
地域・民衆・情報…………………………………………………山田邦明(46)
-歴研で学びながら考えたこと-

書 評
小関悠一郎『〈明君〉の近世』………………………………… 深谷克己(49)
鄭成『国共内戦期の中共・ソ連関係』…………………………… 梅村卓(52)
津田博司『戦争の記憶とイギリス帝国』………………………… 小関隆(55)
史料・文献紹介……………………………………………………………(59)

909号   2013年9月号

論文
日本古代における寺領の歴史的展開 ………………………… 北村安裕(1)
 -筑前国観世音寺領杷伎野を例として-

シリーズ 3.11からの歴史学-その2-
提言
われわれは東北史になにを学ぶか …………………………… 河西英通(18)
 -3.11以後の歴史学のために-
「構造」のなかにおける〈共〉の現場…………………………… 星乃治彦(21)
-コミューンと東アジア-
史料と展示
地域崩壊の危機と地域資料展……………………………………本間宏 (26)
  -福島県飯舘村の事例-
見えにくい災厄にどう向き合うか…………………………………寺田匡宏(29)
 -フクシマ - 東京/アウシュヴィッツ - ベルリン-
記憶をつなぐ-津波災害と文化遺産-…………………………小田真裕(33)
書評
田中正敬・専修大学関東大震災史研究会編『地域に学ぶ関東大震災
-千葉県における朝鮮人虐殺 その解明・追悼はいかになされたか-』
…………………………………………… 宮本正明(36)
史料・文献紹介 ………………………………………………………… (41)

リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第9回
東日本大震災・福島原発事故と歴史学研究会 ………………… 中野聡(47)

書評
吉野秋二『日本古代社会編成の研究』…………………………中村友一(51)
曽田三郎『立憲国家中国への始動』…………………………田中比呂志(53)

会務報告
2013年度歴史学研究会総会の報告 …………… 歴史学研究会委員会(57)

史料・文献紹介 ……………………………………………………………(62)

908号   2013年8月号

特集 「東アジア史」は可能か-方法/検証の同時代史-(3)
論文
朝鮮戦争下における在日朝鮮人の同時代史認識と東アジア史 ……小林知子(1)
近代日本における境界の島々-琉球・沖縄海域の視点から-…真栄平房昭(12)
時評
2012年日中衝突と中国のあるリベラル …………………………… 毛里和子(20)
日韓会談文書公開と「過去の克服」………………………………… 太田修 (27)

論文
昭和天皇訪米決定の政治過程-1971年から1975年まで-………舟橋正真(35)

リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第8回
歴史学研究会の諸企画と女性史・ジェンダー …………………小野沢あかね(52)

書評
矢部健太郎『豊臣政権の支配秩序と朝廷』…………………………藤井讓治(55)
藤野月子『王昭君から文成公主へ-中国古代の国際結婚-』……山下将司(58)

史料・文献紹介………………………………………………………………(61)

907号   2013年7月号

特集 「東アジア史」は可能か-方法/検証の同時代史-(2)
論文
北学派を中心とした朝鮮知識人による琉球の国際的地位認識 …… 夫馬進(1)
「東アジア」とアメリカ -広域概念をめぐる闘争-………………… 中野聡(15)

時評
黒人政治の黄昏 ………………………………………………… 藤永康政(26)
 -バラク・オバマの時代と公民権運動の選択的記憶-

リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第7回
「科学運動」という言葉 ……………………………………………… 瀬畑源(33)
80周年のその後へ-震災後の新たな課題-…………………… 高柳友彦(35)

書評
服部一隆『班田収授法の復原的研究』……………………………北村安裕 (38)
須田牧子『中世日朝関係と大内氏』 ……………………………… 関周一(41)
村井良介『戦国大名権力構造の研究』……………………………矢田俊文 (44)
岩橋清美『近世日本の歴史意識と情報空間』……………………… 岸本覚(46)
鈴木直美『中国古代家族史研究』……………………………………小寺敦 (50)
岩間一弘『上海近代のホワイトカラー』………………………………大澤肇 (52)
長田浩彰『われらユダヤ系ドイツ人
 -マイノリティから見たドイツ現代史 1893-1951-』……………武井彩佳(55)
貴堂嘉之『アメリカ合衆国と中国人移民』…………………………村田勝幸 (59)

906号   2013年6月号 

特集 「東アジア史」は可能か-方法/検証の同時代史-

特集によせて……………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)

論文
朝鮮の独立統一問題に対する米国の政策と済州島四・三事件 ……… 村上尚子(2)
朝鮮戦争期中国基層社会における兵役負担者の援護 ………………笹川裕史(14)
 -四川省西部地区を素材に-
中世「東アジア史」研究の動向…………………………………………… 関周一(25)
「東アジア」を超えて……………………………………………………… 村上衛(35)
 -近世東アジア海域史研究と「近代」-
東アジア共通歴史教材の作成から東アジア史へ………………………齋藤一晴(45)
 -国境をこえた歴史学と歴史教育の協働から考える-
研究動向
「東アジア近世」論の現在……………………… 清水光明・吉村雅美・木崎孝嘉(56)

書評
高槻泰郎『近世米市場の形成と展開』………………………………… 西川邦夫(70)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(74)

会告:声明 日本政府主催の「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」
 開催に反対する …………………………………………………………………(75)

905号   2013年5月号

論文
フランス抑留ドイツ人捕虜帰還をめぐる国際世論の形成…………舘葉月(1)
 -1918年11月-1920年3月-

時評
すべての人に義務教育を保障するために……………………… 草京子(18)
 -戦後の夜間中学の変遷から-

リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第6回
奄美諸島史から地域歴史文化遺産を考える…………………石上英一(28)
民衆信仰とマイノリティ論の可能性………………………………関哲行(31)

書評
遠藤珠紀『中世朝廷の官司制度』………………………………市沢哲(34)
清水有子『近世日本とルソン』……………………………… 深谷克己(37)
山本英貴『江戸幕府大目付の研究』……………………………小倉宗(41)
井野瀬久美惠編『イギリス文化史』………………………… 見市雅俊(44)

2013年度歴史学研究会大会報告主旨説明
全 体 会:変容する地域秩序と境域………………………………… (48)
古代史部会:日本古代における秩序の形成と展開 ………………… (49)
中世史部会:中世における地域権力の支配構造…………………… (51)
近世史部会:宗教的秩序の変容と幕藩権力…………………………(52)
近代史部会:移動をめぐる主体と「他者」…………………………… (54)
現代史部会:対抗運動の可能性 …………………………………… (55)
合同部会:歴史のなかの海域 …………………………………………(56)
特設部会:3.11後の「復興」と運動を問う…………………………… (58)

史料・文献紹介……………………………………………………… (60)

会告:2013年度歴史学研究会総会・大会のお知ら せ……………… (63)

904号   2013年4月号

論文
米国の軍事大国化と退役軍人福利政策 1943-1952年……… 小瀧陽(1)
 -朝鮮戦争下における「復員兵援護法」の継続と変質-

研究動向
アイルランドとイギリス帝国………………………………… 高神信一(17)
 -北アイルランド和平合意成立後の近世・近代史研究をめぐって-

時評
東アジアにおける歴史認識の共有をめざして………………本庄十喜(27)
 -第11回「歴史認識と東アジアの平和」フォーラムの開催と
  『新しい東アジアの近現代史』の刊行-

リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第5回
歴研とラテンアメリカ史についての雑感……………………… 鈴木茂(33)

書評
河上麻由子『古代アジア世界の対外交渉と仏教』…………河内春人(36)
渡辺 滋『古代・中世の情報伝達』………………………… 三上喜孝(39)
西田友広『鎌倉幕府の検断と国制』…………………… 外岡慎一郎(42)
木下 聡『中世武家官位の研究』……………………………山田貴司(46)
姚毅『近代中国の出産と国家・社会』………………………福士由紀(50)
五十嵐大介『中世イスラーム国家の財政と寄進』…………中町信孝(53)
立石洋子『国民統合と歴史学-スターリン期ソ連に
 おける『国民史』論争-』…………………………………… 中嶋毅(57)

史料・文献紹介……………………………………………………… (60)

会告:2013年度歴史学研究会大会のお知らせ …………………… (62)

903号   2013年3月号

シリーズ 3.11からの歴史学 -その1-
シリーズの開始によせて ………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
提言
自然災害史研究の射程 …………………………………………………峰岸純夫(2)
現代中国の「核」と日本の平和運動 …………………………………… 丸川哲史(6)
史料と展示
「天正地震」の史料を読む ………………………………………… 外岡慎一郎(10)
 -若狭湾に津波は襲来したか-
特別展「災害と文化財-歴史を語る文化財の保全-」
 の開催とその後の取り組み ………………………………………… 前田正明(13)
時評
「3.11」後の原発政策と反原発運動 ……………………………………佐々木啓(16)
書評
奥村弘『大震災と歴史資料保存』/国立歴史民俗博物館編『被災地の博物館に
 聞く』/歴史学研究会編『震災・核災害の時代と歴史学』………… 川内淳史(21)
史料・文献紹介 ………………………………………………………………… (25)

論文
儲かる戦争 …………………………………………………………… 薩摩真介(29)
 -ブリテンにおける海戦支持の言説と党派抗争 1701-1713-

リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第4回
歴研の諸企画の思い出 ……………………………………………… 木畑洋一(48)

書評
田中大喜『中世武士団構造の研究』…………………………………… 高橋修(51)
瀬畑 源『公文書をつかう』…………………………………………… 中野目徹(53)
渡辺節夫編『ヨーロッパ中世社会における統合と調整』……………… 皆川卓(57)

史料・文献紹介 ……………………………………………………………… (61)

902号  2013年2月号

小特集 大阪発の危機と歴史学(Ⅱ)
論文
日本近現代史研究の蓄積から最近の自治体
政治の分析視角を探る …………………………………… 源川真希(1)
教育の政治支配と新自由主義 …………………………… 大内裕和(7)
朝鮮学校補助金停止問題と植民地主義 ………………… 藤永壯(16)
時評
歴史教科書・歴史認識をめぐる最近の動向 ……………… 俵義文(25)

時評
父と子と死者の名において …………………………… 飯島みどり(33)
─国家に殺された者たちの「墓」を歩く─
ギリシャの総選挙と日本の課題 ………………………… 木村英亮(43)

リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第3回
歴史学における「科学性」とは何か …………………… 小谷汪之(48)
歴史学研究会での経験 …………………………………… 加藤博(49)

書評
廣瀬憲雄『東アジアの国際秩序と古代日本』…………… 石見清裕(52)
小倉 宗『江戸幕府上方支配機構の研究』……………… 岩城卓二(55)
高田馨里『オープンスカイ・ディプロマシー』……………  西崎文子(58)

史料・文献紹介 ……………………………………………………(62)

901号  2013年1月号

小特集
大阪発の危機と歴史学 (Ⅰ)
特集によせて…………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
橋下徹・「維新の会」をどう見るか…………………………… 広川禎秀(2)
大阪市「市政改革プラン」と歴史学会の対応………………… 島田克彦(9)
高度経済成長期以降の大阪・釜ヶ崎における高齢者の生存と共同性
 -紙芝居劇サークル「むすび」小史として-……………… 能川泰治(17)
歴史教育の現場から………………………………………平井美津子(27)
 -「慰安婦」の授業を中心に-

論文
清末変法運動期における学会の政治的活動……………八百谷晃義(35)

リレー討論 歴研創立80年を迎えて 第2回
歴研の綱領と「世界史的立場」………………………………太田幸男(56)
私と歴史学研究会 遠くて近い関係 ……………………………木谷勤(60)