900号   2012年12月号

『歴史学研究』900号刊行にあたって……………… 委員長 池享(1)
リレー討論・歴研創立80年を迎えて 第1回
歴研からの新風を期待する……………………… 佐々木隆爾(3)
女性史学の展開と『歴史学研究』…………………… 脇田晴子(6)
会告:創立80周年記念シンポジウムのお知らせ…………………(9)

時評
市民アーカイブとしてのケルン市歴史文書館-学術研究,家系・
 先祖調査,学校教育,そして歴史に関心をもつすべてのひとびとの
 ための利用可能性について-……マックス・プラスマンほか2名
            平松英人訳・解題 井上周平訳(10)
書評
義江明子『古代王権論』………………………………長谷部将司(18)
田中暁龍『近世前期朝幕関係の研究』…………………長坂良宏(21)
長谷川まゆ帆『さしのべる手』………………………… 弓削尚子(24)
青谷秀紀『記憶のなかのベルギー中世』…………………河原温(28)
安武秀岳『自由の帝国と奴隷制』………………………小原豊志(31)

◆2012年度歴史学研究会大会報告批判◆
全 体 会……………………………………大串潤児・黒木英充(35)
古代史部会…………………………………… 森明彦・飯尾秀幸(37)
中世史部会………………………………… 保立道久・高橋典幸(40)
近世史部会…………………………………………… 吉田伸之(43)
近代史部会…………………………………… 石居人也・淵田仁(45)
現代史部会……………………………………… 柳沢遊・矢野久(47)
合同部会…………………………高津秀之・坂田道生・林佳世子(50)
特設部会…………………………………………………割田聖史(54)

史料・文献紹介……………………………………………………(57)
総目次:『歴史学研究』Nos.888~900(2012年1月 ~12月)…… (58)

899号   2012年11月号

特集 新自由主義時代の歴史教育と歴史意識

特集によせて………………………………………………………編集委員会(1)
論文
現代把握の困難性と歴史意識形成への教育の課題…………………佐貫浩(2)
 -社会の透明化と主体性剥奪のメカニズムを打ち破る-
「歴史意識」を考えるために……………………………………… 今野日出晴(9)
 -「現代とはなにか」という問いかけから-
新自由主義時代の教師教育と歴史教育………………………… 田中暁龍(17)
社会科「世界史」と教科「世界史」………………………………… 荒井信一(23)
 -帝国日本版「世界史」の克服は?-
高校「世界史」が抱える矛盾と限界…………………………………鳥山孟郎(30)
日本と韓国における新自由主義時代の歴史教育と歴史教科書… 君島和彦(36)
ジェンダーから見た歴史教育と教科書問題………………………横山百合子(44)
二国間教科書の可能性と限界………………………………………西山暁義(52)
 -独仏共通歴史教科書の事例から-

時評
 教科書問題の現在-地域から,海外から-
 神奈川県横浜市…………加藤千香子(60)
 東京都杉並区………………服藤早苗(63)
 沖縄県八重山地区…………山口剛史(65)
 韓国………………辛珠柏(鄭栄桓 訳) (67)
 中国………………歩平(齋藤一晴 訳)(69)

批判と反省
歴史学の新たな挑戦………………………………………………南塚信吾(72)
-「グローバル・ヒストリー」と「新しい世界史」-

書評
Gotelind Muller (ed.), Designing History in East Asia Textbooks:
Identity Politics and Transnational Aspirations
『東アジアの教科書における歴史』………………………………… 柴宜弘(77)

898号   2012年増刊号

2012年度大会報告によせて……………………………………… 委員長 池享(1)

〈全体会〉変革の扉を押し開くために
-新自由主義への対抗構想と運動主体の形成-

二つの国民的経験と新自由主義をめぐる対抗の新段階……………… 渡辺治(2)
 -新自由主義政治転換の構想と主体形成に焦点をあてて-
アラブ革命の構想力-グローバル化と社会運動-…………………長沢栄治(12)
 コメント……………………………………………………………… 小沢弘明(20)
 全体会討論要旨(23)

〈古代史部会〉古代における秩序の形成と展開
古代日本における銭貨と国家……………………………………… 江草宣友(25)
先秦時代系譜編纂の成立過程とその意義……………………………小寺敦(34)
 古代史部会討論要旨(43) 
             
〈中世史部会〉中世における非常時対応と危機管理
日本中世の災異対応と統合…………………………………………片岡耕平(46)
南北朝~室町期の戦争と在地領主…………………………………呉座勇一(54)
 中世史部会討論要旨(64)

〈近世史部会〉幕藩制的貨幣・金融構造の変容
問題提起…………………………………………… 近世史部会運営委員会(67)
幕藩領主と大坂金融市場………………………………………… 高槻泰郎(68)
幕末維新期の貨幣経済…………………………………………… 小林延人(77)
 近世史部会討論要旨(86)

〈近代史部会〉3・11後の歴史的地平-科学・技術,国家,社会-
戦時体制期日本の「軍産学複合体」……………………………… 畑野勇(89)
 -科学・技術の専門家集団の膨張とその問題性-
パリ王立科学アカデミーにみる近代科学と国家……………… 隠岐さや香(98)
 コメント1……………………………………………………… 日野川静枝(107)
 コメント2……………………………………………………… 﨑山直樹(109)
 近代史部会討論要旨(111)

〈現代史部会〉「開発の時代」における主体形成
   -その呼びかけの論理と対抗の戦略-
「消費者」の時代を問い直す
-産業社会におけるあいまいな主体-……………………… 原山浩介(114)
「高度成長」と「開発」の時代-日本・東南アジア・沖縄-……… 河村雅美(123)
 コメント…………………………………………………………… 久保亨(131)
 現代史部会討論要旨(134)

〈合同部会〉時代転換期における都市共同体の再編
バドリアヌス以後のアテネ
 -ローマ帝国支配かにおける「復興」とその実態-………… 桑山由文(137)
聖なる都市パリの危機と再編-カトリック改革から考える-……高澤紀恵(145)
1509年のイスタンブル大地震とその後の復興
 -「この世の終わり」と呼ばれた大地震-…………………… 澤井一彰(154)
 コメント…………………………………………………………… 徳橋曜(162)
 合同部会討論要旨(165)

〈特設部会〉災害の「いま」を生きることと歴史を学ぶこと
  -3・11以降の歴史学はいかにあるべきか-
災害史研究の現状と課題-災害史事典を編纂して-………… 北原糸子(169)
原発災害に対する不安・批判の鎮静化と地方利益………………中嶋久人(177)
 -電源交付金制度の創設をめぐって-
災害における所有と依存……………………………………… 西谷地晴美(185)
災害回復力(レジリエンス)の再検討-自然・社会・技術-………原口弥生(194)
 特設部会討論要旨(202)

編集後記(207)

897号   2012年10月号

論文
17世紀中期における江戸幕府の朝廷政策について…………………村和明(1)
 -公家の家領・家禄・役料を中心に-
水力発電の発達と名古屋地域産業の近代化…………………… 浅野伸一(18)
 -福沢桃介の電力需要創出事業を中心に-
研究動向
戦時・戦後日本農民政策史研究の論点と課題……………………伊藤淳史(33)

リレー討論・歴研創立80年に向けて 第7回
歴研と私………………………………………………………… 加藤幸三郎(42)

書評
鈴木敦子『戦国期の流通と地域社会』……………………………川戸貴史(44)
北村毅『死者たちの戦後誌』……………………………………一ノ瀬俊也(47)
原山浩介『消費者の戦後史』……………………………………及川英二郎(50)
藤田勝久『史記戦国列伝の研究』…………………………………平勢隆郎(53)
足立芳宏『東ドイツ農村の社会史』……………………………… 熊野直樹(56)
長沢栄治『エジプト革命』………………………………………………加藤博(59)

史料・文献紹介……………………………………………………………… (62)

896号   2012年9月号

論文
戦後オーストリアにおける戦犯追及のゆくえ………………………水野博子(1)
 -国家反逆罪と人民裁判-

研究ノート
終戦連絡中央事務局による各省間の連絡調整…………………関口哲矢(23)
 -法関係資料の英訳作業を事例として-

リレー討論・歴研創立80年にむけて 第6回
 「近代化」論と「われわれの歴史学」…………………………… 金原左門(34)

書評
佐々木宗雄『日本古代国制史論』………………………………… 関根淳(37)
鎌倉佐保『日本中世荘園制成立史論』………………………… 守田逸人(40)
三枝暁子『比叡山と室町幕府』………………………………… 河内将芳(43)
孔 祥吉・村田雄二郎『清末中国と日本』……………………………高嶋航(47)
仲丸英起『名誉としての議席』……………………………………井内太郎(50)

展示評
災害と文化財-歴史を語る文化財の保全-……………… 下村周太郎(53)
 
会務報告
2012年度歴史学研究会総会の報告……………… 歴史学研究会委員会(57)

会告
大阪人権博物館・大阪国際平和センターの補助金削減・廃止に
反対する声明(共同声明)…………………………………………………(62)

895号   2012年8月号

特集 遠山茂樹 と現代歴史学の課題
特集によせて………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
歴史家 遠山茂樹と〈東アジア〉歴史像………………………………板垣雄三(2)
昭和史論争後の遠山茂樹………………………………………… 大門正克(14)
-論争の課題をどのように受け継ごうとしたのか-                
遠山史学における「自由民権」の位置 …………………………大日方純夫(22)
遠山氏の歴史学・歴史教育論の何にこだわってきたのか
 -「アジアで唯一の帝国主義」の認識をめぐって-……………… 丸浜昭(29)
コメント
何を継承し、何を更新するのか……………………………………能川泰治(36)
 -遠山史学の同時代史叙述と実践をめぐって-
遠山さんの歴史認識と女性史の接点………………………… 米田佐代子(39)

書評
須原祥二『古代地方制度形成過程の研究』………………………中村順昭(42)
赤澤春彦『鎌倉期官人陰陽師の研究』………………………… 山下克明(44)
高岡裕之『総力戦体制と「福祉国家」』……………………………源川真希(47)
野田仁『露清帝国とカザフ=ハン国』………………………………小沼孝博(51)
小野寺史郎『国旗・国歌・国慶ナショナリズムとシンボル』………丸田孝志(54)
橋本伸也『帝国・身分・学校』………………………………………青島陽子(57)

894号   2012年7月号

論文
幕末期通商政策への転換とその前提………………………………後藤敦史(1)
 -アメリカ北太平洋測量艦隊の来航と徳川幕府」-
研究ノート
米作単作地域における巨大地主の存在構造……………………… 中山清(18)
ヘレニズム期エジプトにおける支配民族対土着民族の言語・文字の
 競合と相補 -「言語というポリティクス」によせて-……………金澤良樹(31)

リレー討論 [ 歴研創立80年に向けて 第5回 ]
大会テーマ今昔、雑感 ……………………………………………板垣雄三(46)

書評
八木充『日本古代出土木簡の研究』………………………………渡辺晃宏(50)
古尾谷知浩『文献史料・物質資料と古代史研究』……………… 十川陽一(54)
張玉萍『戴季陶と近代日本』…………………………………………嵯峨隆(57)

史料・文献紹介………………………………………………………………(61)

893号   2012年6月号 

特集 「資源」 利用・管理の歴史-国家・地域・共同体-

特集によせて……………………………………………………編集委員会(1)
論文
近世後期岩槻藩房総分領における真木生産と炭焼立………… 後藤雅知(2)
近世の山林における伐組と伐置…………………………… 多和田雅保(13)
 -信州伊那郡の場合-
領主・君主・国家の森林に対する農民の権利…………………… 飯田恭(25)
 -近世・近代移行期のプロイセンと日本-
インドの共同資源をめぐる問題への視角…………………………柳澤悠(37)
 -権利,管理,階層と歴史的変化-
大戦間期イギリス帝国における森林管理制度と
 現地住民の土地利用…………………………………………水野祥子(45)
研究ノート
近現代日本における「資源」利用・管理の歴史研究………… 高柳友彦(57)
 -経済史研究を中心に-
史料・文献紹介……………………………………………………………(64)

書評
廣瀬薫雄『秦漢律令研究』………………………………………工藤元男(69)
澤田典子『アテネ民主政』………………………………………師尾晶子(71)

史料・文献紹介……………………………………………………………(75)

892号   2012年5月号

論文
近世大名池田家の始祖認識と画像……………………………… 斎藤夏来(1)

批判と反省
日本経済史研究における経営史の意義………………………  山本義彦(18)
 ―春日豊『帝国日本と財閥商社』を中心に―

時評
「辛亥100」現象を考える……………………………………… 田中比呂志(26)

書評
勝田政治『小野梓と自由民権』 ………………………………… 安在邦夫(32)
飯田洋介『ビスマルクと大英帝国』………………………………… 馬場優(35)
浅田進史『ドイツ統治下の青島』……………………………… 鈴木楠緒子(38)

展示評
南蛮美術の光と影…………………………………………………木﨑孝嘉(42)
 -泰西王侯騎馬図屏風の謎-
メタボリズムの未来都市展……………………………………… 佐藤美弥(45)
 -戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン-

2012年度歴史学研究会大会報告主旨説明
全体会:変革の扉を押し開くために……………………………………… (49)
古代史部会:古代における秩序の形成と展開…………………………… (51)
中世史部会:中世における非常時対応と危機管理……………………… (52)
近世史部会:幕藩制的貨幣・金融構造の変容 …………………………… (54)
近代史部会:3・11後の歴史的地平……………………………………… (55)
現代史部会:「開発の時代」における主体形成…………………………… (57)
合同部会:時代転換期における都市共同体の再編 …………………… (58)
特設部会:災害の「いま」を生きることと歴史を学ぶこと………………… (59)

会告:2012年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ…………………… (63)

891号   2012年4月号

論文
清代中期における海賊問題と沿海交易……………………………… 豊岡康史(1)
ハプスブルク帝国と「植民地主義」 ………………………………… 大井知範(17)
-ノヴァラ号遠征(1857-1859年)にみる「植民地なき植民地主義」 -

批判と反省
ビザンツ国家はいかにして再生したか………………………………中谷功治(34)
 -小林功氏の論考への疑問-

時評
「時代遅れの学問だと思っているのでしょう」 ………………………鶴 島博和(40)
 -ロンドン大学キングス・カレッジ古文書学の講座廃止について-

書評
倉本一宏『三条天皇』 ……………………………………………… 神谷正昌(47)
木村直樹『幕藩制国家と東アジア世界』 ……………………………大橋幸泰(49)
寺田隆信『明代郷紳の研究』 ……………………………………… 中島楽章(52)
邉英浩『朝鮮儒教の特質と現代韓国』 ……………………………  鶴園 裕(55)
栗田伸子/佐藤育子『通商国家カルタゴ』………………………… 森谷公俊(57)


会告: 2012年度歴史学研究会大会のお知らせ ………………………………(62)

890号   2012年3月号

論文
辛亥革命後の日本の満蒙政策-1912~1914年-……………… 北野剛(1)
宣教師と植民地政治批判-19世紀ケープ植民地東部境界地帯における
 ウェズリアン・メソディスト宣教団の動向を中心に-…………大澤広晃(18)

時評
「日の丸・君が代」裁判が問うもの-法学の立場から-……… 成嶋隆(38)
歴史資料保全活動と地域行政
 -宮城県岩沼市の震災対応を事例に-……………………高橋陽一(44)

書評
市大樹『飛鳥藤原木簡の研究』………………………………… 川崎晃(52)
愼蒼宇『植民地朝鮮の警察と民衆世界 1894-1919』………… 須田努(55)
芳井研一『柳条湖事件への道』……………………………… 内田尚孝(58)

史料・文献 紹介……………………………………………………………(62)

889号  2012年2月号

論文
戦国期における川除普請と地域社会…………………………… 西川広平(1)
 -甲斐国を事例として-
1960年代の重度身体障害者運動……………………………… 鈴木雅子(18)
 -国立身体障害センター・医療問題闘争を事例に-

時評
大阪人権博物館のリニューアルをめぐって- 一学芸員の思索-
                 …………………………………… 吉村智博(35)

書評
今尾文昭『古墳文化の成立と社会』  ………………………小 野里了一(42)
池享『戦国期の地域社会と権力』  ………………………… 村井良介(45)
冨谷至『文書行政の漢帝国』 ……………………………… 藤田勝久(48)
城戸毅『百年戦争』 …………………………………………… 佐藤猛(52)
森永貴子『イルクーツク商人とキャフタ貿易』 ………………… 野田仁(55)

展示評
ジョセフ・クーデルカ プラハ1968 …………………………… 森下嘉之(58)

史料・文献紹介 ………………………………………………………… (62)

888号  2012年1月号

特集 歴史のなかの「貧困」と「生存」を問い直す-都市をフィールドとして-(3)

論文
汚(よご)れた水と穢(けが)れた身体…………………… 脇村孝平(1)
 -19世紀後半のカルカッタにおける衛生-
ポスト公民権運動期のジョージア州アトランタにおける
 公共交通網の形成と貧困の継承…………………宮田伊知郎(13)
「選択と競争」のスラムにおける生存戦略…………… 木場紗綾(24)
 -マニラの住民組織の25年-

批判と反省
社会科「世界史」創設問題について………………… 小山幸伸(40)
 -茨木智志氏と木崎弘美氏の研究に関連して-

時評
新しい高校歴史教育の創造と歴史研究者の責任…油井大三郎(44)

書評
桃崎有一郎『中世京都の空間構造と礼節体系』…… 久水俊和(49)
屋嘉比収『〈近代沖縄〉の知識人――島袋全発の軌跡――』
                ………………………… 近藤健一郎(52)
田中比呂志『近代中国の政治統合と地域社会』…… 曽田三郎(55)
大黒俊二『声と文字』…………………………………… 加納修(59)