887号   2011年12月号

特集 歴史のなかの「貧困」と 「生存」を問い直す-都市をフィールド として-(2)

論文
ヨーロッパ貧困史・福祉史研究の方法と課題………………… 田中拓道(1)
第一次世界大戦期のイギリスにおける「戦争チャリティ」
 -詐欺問題から見る銃後の協力-…………………………金澤周作(10)

批判と反省
秀吉文書の「自敬表現」および刀狩令について
 -三鬼清一郎氏の批判に答える-……………………… 山本博文(23)

リレー討論 歴研創立80年に向けて 第4回
歴史教育と「紀元節問題」での覚え書……………………… 佐藤伸雄(30)

◆2011年度歴史学研究会大会報告批判◆
全体会…………………………………………… 星乃治彦・阿部恒久(32)
古代史部会………………………………………… 上川通夫・榎本渉(34)
中世史部会………………………………………………………坂田聡(37)
近世史部会………………………………………………………志村洋(40)
近代史部会……………………………………… 中嶋久人・岡田泰平(42)
現代史部会………………………………………………… 若松大祐(45)
合同部会………………………………小坂俊介・黒田祐我・小笠原弘幸
                             ・佐藤正樹・仲丸英起(48)

史料・文献紹介……………………………………………………… (55)

会告:大阪府議会における,「日の丸」常時掲揚・「君が代」斉唱 時
 起立条例の強行可決に抗議し,あわせて本条例「違反」教職員の処分
 基準を定めることに反対する(共同声明)…………………………… (56)

886号   2011年11月号


特集 歴史のなかの「貧困」と 「生存」を問い直す-都市をフィールド として-(1)

特集によせて………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
古代都市の成立と貧困………………………………………………仁藤敦史(2)
戦間期東京市における貧困・生存をめぐる関係
 -貧困者の実態と社会事業のあり方をめぐって-…………… 大杉由香(14)
「生存」を問い直す歴史学の構想
 -「1960~70年代の日本」と現在との往還を通じて-………… 大門正克(29)
ネオリベラル・東京 -都市と「市民」についての方法的覚書-…源川真希(42)
貧しさのなかで生きること
  -近代フランス都市住民の日常性と共同性-……………… 長井伸仁(53)
貧困対策を取り入れた新自由主義- メキシコの事例-…… 受田宏之(64)

会告:緊急アピール
 育鵬社版・自由社版教科書は子どもたちに渡せない(共同声明)…………(75)

885号   2011年増刊号

2011年度大会報告によせて……………………………………… 池享(1)
全体会
 教区の女たちが産婆を選ぶ …………………………長谷川まゆ帆(2)
  -アンシャン・レジーム期フランスの国家と地域社会-
 19世紀都市社会における地域ヘゲモニーの再編…… 横山百合子(12)
  -女髪結・遊女の生存と<解放>をめぐって-
 コメント …………………………………………………… 岸本美緒(21)
  全体会討論要旨(23)

古代史部会
 東アジア<政治-宗教>世界の形成と日本古代国家… 中林隆之(26)
 日本古代の対外交易と「東部ユーラシア」……………… 皆川雅樹(35)
  古代史部会討論要旨(43)

中世史部会
 13~15世紀における在地寺社と村落……………………坂本亮太(46)
 15~17世紀における村の構造と領主権力……………長谷川裕子(54)
  中世史部会討論要旨(64)

近世史部会
 問題提起……………………………… 近世史部会運営院委員会(67)
 近世後期の藩領国における資本循環構造と藩財政……伊藤昭弘(68)
 近世後期藩領国の行財政システムと地域社会の「成立」
   ―熊本藩を事例に― ……………………………… 今村直樹(76)
  近世史部会討論要旨(85)

近代史部会
 朝鮮半島の「内戦」と日本の植民地支配………………… 慎蒼宇(89)
 -韓国軍事体制の系譜-
 植民地における軍事的暴力と社会創造………………… 浅田進二(99)
 -ドイツ植民地統治の事例から-
 コメント……………………………………… 宋連玉/檜皮瑞樹(108)
 近代史部会討論要旨(112)

現代史部会
 沖縄「戦後」史における脱植民地化の課題 …………… 戸邉秀明(115)
   -復帰運動が問う〈主権〉-
 パレスチナでねじれる占領と解放の主体 ………………早尾貴紀(124)
   -バイナショナリズムをめぐって-
 コメント……………………………………… 木畑洋一/阿部小涼(131)
  現代史部会討論要旨(136)

合同部会
 ローマ帝政後期の法と実践…………………………………田中創(139)
  -テオドシウス朝の事例をもとに-
 12世紀エルサレム王国におけるフランク人と
  ムスリムの政治的コミュニケーション……………………櫻井康人(148)
 サファヴィー朝(1501-1722)とクルド系諸部族……………山口昭彦(157)
  -宮廷と土着エリートの相関関係-
 16世紀メキシコにおける先住民の精神的征服………… 平田昭彦(166)
  -告解制度がもたらしたもの- 
 17世紀ブリテンの複合国家と他者認識…………………… 岩井淳(175)
  -ウェールズとアイルランドの場合- 
合同部会討論要旨(184)

884号   2011年10月号

緊急特集 東日本大震災・原発事故と歴史学

特集によせて………………………… 歴史学研究会編集委員会(1)
論文
東日本大震災と歴史の見方 ………………………………… 平川新(2)
地震・原発と歴史環境学-9世紀史研究の立場から………保立道久(8)
東日本大震災と前近代史研究…………………………… 矢田俊文(12)
災害にみる救援の歴史-災害社会史の可能性………… 北原糸子(16)
東日本大震災と歴史学
 -歴史研究者として何ができるのか-…………………… 奥村弘(21)
史資料ネットワークから
歴史遺産に未来を
 -東日本大震災後の歴史資料レスキュー活動-………佐藤大介(27)
「茨城史料ネット」の資料救出活動
 -3・11から7・2へ-………………………………………白井哲哉(30)
ふくしま歴史資料保存ネットワークの現況と課題…………阿部浩一(32)
論文
原発と地域社会-福島第一原発事故の歴史的前提-…中嶋久人(34)
マンハッタン計画の現在………………………………… 平田光司(40)
原子力発電と差別の再生産-ミネソタ州プレイリー
 ・アイランド原子力発電所と先住民-………………… 石山徳子(48)
記録を創り,残すということ……………………………… 三宅明正(54)
言論の自由がメルトダウンするとき
 -原発事故をめぐる言説の政治経済学-…………… 安村直己(59)

史料文献紹介(緊急特集関連)…………………………………… (66)

883号   2011年9月号

特集 変容する「軍隊」「戦争」像-帝国・国家・地域社会と武装する民衆-(4)
論文
1917年春のフランス軍の「反乱」
 -共和国の市民‐兵士の声をどのように聞き取るか-……松沼美穂(1)
第二次世界大戦における武装親衛隊と民族ドイツ………… 芝健介(13)


論文
中国大躍進期における農村公共食堂の地域的な運営形態
 -黒竜江省の場合-………………………………………横山政子(28)

書評
永山修一『隼人と古代日本』…………………………………… 伊藤循(46)
森田安一編『ヨーロッパ宗教改革の連携と断絶』……………望月秀人(49)

会務報告
2011年度歴史学研究会総会の報告………………………… 委員会(53)

談話室
国立国会図書館「帝国議会会議録検索システム」について
             …………………………………内藤一成(58)

史料・文献紹介…………………………………………………………(60)

882号   2011年8月号

特集 変容する「軍隊」「戦争」像-帝国・国家・地域社会と武装する民衆 -(3)
論文
近世後期における「唐入り」の語られ方…………………………………中野等 (1)
近世近代移行期の軍隊と輜重………………………………………… 保谷徹(14)
ロシア艦隊医が描いた幕末長崎の医学的風景…………………… 宮崎千穂(26)
 -〈亡国病〉としての梅毒と〈病める日本〉-

時評
いまだ夜は明けず…………………………………………………… 大田昌秀(38)
 -日本政府の対沖縄政策の不変性を問う-

リレー討論・歴研創立80年に向けて 第3回
「東アジア世界論」再考……………………………………………… 藤間生大(54)
 -『民族の詩』論争,『ヂンダレ』のことなど-

書評
草野顕之『真宗教団の地域と歴史』……………………………………金龍静(58)

史料・文献紹介………………………………………………………………   (60)

881号   2011年7月号

特集 変容する「軍隊」「戦争」像 -帝国・国家・地域社会と武装する民衆-(2)
論文
唐のテュルク人蕃兵………………………………………………………山下将司(1)
両文明を越境する傭兵……………………………………………… 黒田祐我(12)
 -中世西地中海世界におけるキリスト教徒-
「境界」を突破するもの ………………………………………………… 前田弘毅(22)
 -サファヴィー朝に仕えたグルジア武人の活動から-
「植民国家」ロシアの軍隊におけるカザークの位置…………………… 豊川浩一(34)
 -18世紀のオレンブルク・カザーク創設を中心に-

時評
TPP問題と日本の食料・農業の未来…………………………………… 岩渕孝(49)

リレー討論 歴研創立80年にむけて 第2回
戦後歴研の出発…………………………………………………………荒井信一(57)

史料・文献紹介…………………………………………………………………… (60)

会告:「3.11」後の歴史学研究会の責務(総会決議)
            ………………………… 2011年度歴史学研究会大会 総会(61)

880号   2011年6月号 

特集 変容する 「軍隊」「戦争」- 帝国・国家・地域社会と武装する民衆-(1)

特集によせて……………………………………… 歴史学研究会編集委員会(1)
論文
7世紀のテマと小アジア-ビザンツ国家の再生-………………………小林功(2)
戦国大名の民衆動員…………………………………………………黒田基樹(12)
カトリック的なフランス国民軍イデオロギー(1870-1913) ……………西願広望(22)
 -従軍司祭の研究から-
太平天国における私的結合と地方武装集団……………………… 菊池秀明(34)
19世紀末から20世紀初頭のカナダの海防とイギリス帝国………… 細川道久(46)
アジア・太平洋戦争とアメリカ華僑の抗日運動………………………菊池一隆(57)

書評
齋藤慎一『中世東国の道と城 館』……………………………………… 松岡進(69)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(73)

お知らせ
東日本大震災関連情報関連情報関係速報ページ(史料保全関係関連)……(74)

879号   2011年5月号

特集 第21回国際歴史学会議 アムステルダム大会(II)

フランス革命史委員会:トランスナショナルな視座からの
     フランス革命…………………………………………………立川孝一(1)
第二次世界大戦史国際委員会:占領経験-1931-49年
     国際関係史学会:移民と文化移転………………………羽場久美子(8)

論文
司法実践がつくるコムーネ-14世紀ルッカの民事裁判から-…… 中谷惣(15)

時評
牽牛子塚古墳発掘調査結果の発表を受け て…………………… …丸山理(34)

リレー討論 歴研創立80年に向けて 第1回
戦後日本の歴史学のあゆみと私の歴史研究…………………… 犬丸義一(38)

書評
高綱博文『「国際都市」上海のなかの日本 人』……………………前田輝人(42)
川村信三編『超領域交流史の試み』………………………………浅見雅一(45)

展示評
石見銀山に関する展示………………………………………………関周一(49)

2011年度歴史学研究会大会報告主旨説明
全 体 会:近世・近代転換期における国家・地域社会関係の 再検討……(52)
古代史部会:古代における交流と秩序形成 2 …………………………… (53)
中世史部会:中世社会における権力と村落 ……………………………… (55)
近世史部会:近世社会の再生産構造 ………………………………………(56)
近代史部会:植民地認識を問い直す ………………………………………(57)
現代史部会:脱植民地化の困難にむきあう ……………………………… (59)
合同部会:相互行為としての地域統合 …………………………………… (60)

会告:2011年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ … …………… …(63)

878号   2011年4月号

特集 第21回国際歴史学会議アムステルダム大会(I)
第21回国際歴史学会議について …………‥…………………木畑洋一(1)
大テーマ1:諸帝国の衰亡 ……………………‥‥……………… 足立広明(3)
特別テーマ3:中国・インド・日本の近代化――比較史的考察――
……………………… 友部謙一・永島 剛・吉澤誠一郎・松浦正孝(9)
特別テーマ4:世界イメージの歴史的変容 …………………… 佐藤正幸(24)
ラウンドテーブル7:歴史にグローバルなアプローチはあるか?… 岡本充弘(30)
ラウンドテーブル10:公共圏――概念の用法―― ……………… 三谷博(36)
ラウンドテーブル14:集合的アイデンティティを構築する
            象徴的女性表象 …………‥…………池田忍(42)
ラウンドテーブル15:女性と学術文化 …………………………高橋裕子(47)

書評
上田裕之『清朝支配と貨幣政策』 …………………………………岸本美緒(54)
飯島 渉・久保 亨・村田雄二郎編
 『シリーズ 20世紀中国史』(全4巻) …………………………… 石島紀之(57)

展示評
明治大学平和教育登戸研究所資料館 …………………………宇田川幸大(61)

会告:2011年度歴史学研究会大会のお知ら せ………………………………(53)

877号   2011年3月号

論文
唐開元二十五年田令の復原と条文構成……………………… 松田行彦(1)
戦況情報と南北朝内乱……………………………………… 工藤克洋(18)

批判と反省
法治主義への無関心と似非実証的論法……………………… 安田浩(33)
 -伊藤之雄「近代天皇は『魔力』のような権力を持っているのか」
   (本誌831号)に寄せて-
高等教育機関における「割当制」からアメリカ社会をみる………北美幸(41)
 -佐藤唯行氏による拙著『半開きの〈黄金の扉〉』書評に反論する-

書評
J・F・モリス『近世武士の「公」と「私」』………………………… 高野信治(44)
高野昭雄『近代都市の形成と在日朝鮮人』……………………  外村大(47)
倉田 徹『中国返還後の香港』…………………………………塩出浩和(50)
古田元夫『ドイモイの誕生』…………………………………… 栗原浩英(53)
桜井万里子・師尾晶子編『古代地中海世界のダイナミズム』…中井義明(56)

展示評
在日のくらし-ポッタリ一つで海を越えて-……………………樋口雄一(59)

876号  2011年2月号

論文
『沖縄教育』にみる「沖縄人」意識の形成………………………… 照屋信治(1)
 -1910年代の親泊朝擢の言論に着目して-
ミュンスター宗教改革運動における市参事会の教会政策………永本哲也(20)
 -1525~34年市内外諸勢力との交渉分析を通じて-

時評
崩壊する大学と「若手研究者問題」………………………………崎山直樹(37)
 -現状分析と展望-

書評
安冨歩・深尾葉子編『「満州」の成立』……………………………江夏由樹(47)
長谷川宜之『ローマ帝国とアウグスティヌス』…………………… 後藤篤子(50)
勝田俊輔『真夜中の立法者キャプテン・ロック』………………… 金澤周作(54)

展示評
女書-アート×学術の連歌-……………………………………松井直之(58)

史料・文献紹介…………………………………………………………… (62)

875号  2011年1月号

特集 言語というポリティクス (3)-話者・国家「帝国」が織り成す権力関係-

論文
モンゴル語直訳体の漢語への影響…………………………………舩田善之(1)
解放後南朝鮮/韓国の言語運動・政策と「言語運動史」…………三ツ井崇(13)
           
研究ノート
近世後期の朝廷財政と京都代官………………………………… 佐藤雄介(25)

時評
横浜市における歴史教科書問題……………………………… 多和田雅保(37)

書評
根崎光男『江戸幕府放鷹制度の研究』……………………………山﨑久登(46)
李海燕『戦後の「満州」と朝鮮人社会』……………………………… 鄭雅英(49)
瀬原義生『スイス独立史研究』……………………………………… 皆川卓(51)
渡辺和行『近代フランスの歴史学と歴史家』………………………山崎耕一(55)

展示評
岡まさはる記念 長崎平和資料館……………………………………李素玲(58)

史料・文献紹介………………………………………………………………(61)