874号   2010年12月号

特集 言語 というポリティクス(2)-話者・国家・「帝国」が織り成す権力関係-
論文
二重帝国期のオーストリアにおける言語境界地域での初等教育と民族問題
          ……………………………………………………………… 京極俊明(1)
研究動向
ヨーロッパにおける言語の政治性を考える………………………木村護郎クリストフ(12)
 -歴史学と社会言語学の架橋に向けて-

書評
日本上海史研究会編『建国前後の上海』………………………………… 三品英憲(24)
坂巻 清『イギリス毛織物工業の展開』……………………………………… 中野忠(27)

2010年度歴史学研究会大会報告批判
全 体 会………………………………………………………… 飯島渉・平田雅博(31)
古代史部会…………………………………………………… 浜田久美子・田中聡(35)
中世史部会…………………………………………………………………西谷正浩(37)
近世史部会……………………………………………………………………三澤純(40)
近代史部会……………………………………………………… 藤野裕子・篠田徹(43)
現代史部会…………………………………………………………………長志珠絵(46)
合同部会……………………………… 福山佑子・草生久嗣・向井伸哉・青谷秀紀(48)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(54)

総目次:『歴史学研究』Nos.862~874(2010年1月 ~12月)………………………(59)

873号 2010年11月号

特集 言語というポリティクス(1)-話者・ 国家・「帝国」が織り成す権力関係-

特集によせ て……………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
漂流・漂着と言語…………………………………………………………渡辺美季(2)
 -琉中関係のなかの中国語と日本語-
ヴィルノ大学と民衆言語…………………………………………………梶さやか(14)
 -19世紀初頭ロシア領旧ポーランド=リトアニアにおける
  社会の一断面-
言語問題において「進歩的」であるということ…………………………… 藤井毅(25)
 -ヒンドゥスターニー語という難問-
正教キリスト教世界と民族国家のはざまで…………………………村田奈々子(37)
 -オスマン帝国領マケドニアのヴラヒ人の言語と帰属意識-
女子教育と識字…………………………………………………………山﨑和美(49)
 -「近代的イラン女性」をめぐる議論とナショナリズム-
植民地期東アフリカにおけるアラブ性とアラビア語…………………大川真由子(61)
 -エリート・オマーン移民の苦悩と挑戦-

会告:
朝鮮学校を「高校無償化」措置から除外する日本政府の動きに対する抗議声明
…………………………………………………歴史学研究会大会 総会(74)

872号  2010年増刊号

2010年度大会報告によせて…………………………………… 委員長 池享(1)
全体会 いま植民地支配を問う
 植民地体制の国際化と「植民地責任」…………………………… 永原陽子(2)
 韓国における「親日」清算問題の位相………………………………藤永壯(10)
 戦後歴史学における植民地認識………………………………小川原宏幸(19)
  全体会討論要旨(28)

古代史部会 古代における交流と秩序形成
 倭国・日本史と東部ユーラシア………………………………… 廣瀬憲雄(30)
 北方社会の史的展開と王権・国家………………………………蓑島栄紀(38)
  古代史部会討論要旨(48)

中世史部会 中世公家社会の構造と変容
 中世前期公家社会の変容……………………………………… 野口華世(51)
 中世朝廷の運営構造と経済基盤……………………………… 遠藤珠紀(61)
  中世史部会討論要旨(71)

近世史部会 近世の政治支配と社会変 容-民政の担い手の視座から-
 問題提起…………………………………………近世史部会運営委員会(74)
 近世後期の藩学と「改革」……………………………………… 小川和也(75)
 維新における「私政」の否定と藩政…………………………… 池田勇太(83)
  近世史部会討論要旨(92)

近代史部会  資本主義社会を生きるということ-労働の現場を通 じて-
 20世紀初頭シカゴ食肉工場街の労働と生活………………… 松田裕之(95)
 工場の労働時間………………………………………………… 榎一江(105)
 コメント…………………………………………奥田伸子(114)/白井聡(116)
  近代史部会討論要旨(119)

現代史部会  記憶をめぐる抗争と創造-ポスト冷戦史の一断面-
 ポスト冷戦における東京大空襲と「記憶」の空間をめぐる政治
   …………………………………………………………… 山本唯人(122)
 抵抗の記憶………………………………………………… 飯島みどり(131)
 コメント…………………………………………寺田匡宏(140)/聶莉莉(143)
  現代史部会討論要旨(146)

合同部会  ヨーロッパ前近代における地域統治と国家イデオロ ギー
 ローマ帝国における皇帝権力と地方都市………………………島田誠(149)
 ビザンツ国家の行政機構と教会組織…………………………大月康弘(157)
 フランス中世における王権と地域支配………………………渡辺節夫(165)
 ブルゴーニュ公国における地域統合と都市……………………河原温(172)
 コメント…………………………………………………………清水和裕(181)
  合同部会討論要旨(183)

871号  2010年10月号

論文
先秦時代「譲」考……………………………………………………小寺敦(1)
 -君位継承理念の形成過程-
12世紀バルセロナ伯領におけるムデハルの境遇…………… 阿部俊大(17)
 -異教徒集団の社会的統合プロセス-

批判と反省
中世後期における共同体的規律化と近世の国制……………稲葉継陽(35)
 -服部良久『アルプスの農民紛争』に学ぶ-
「世界史」成立史研究のあり方について………………………茨木智志(38)
 -木﨑弘美論文への批判を通して-

書評
有富純也『日本古代国家と支配理念』……………………… 松木俊暁(45)
佐藤長門『日本古代王権の構造と展開』……………………… 関根淳(47)
服部良久『アルプスの農民紛争』………………………………山本文彦(50)
安元 稔『製鉄工業都市の誕生』………………………………岩間俊彦(53)
北 美幸『半開きの〈黄金の扉〉』………………………………佐藤唯行(57)

展示評
隅田川文化の誕生-梅若伝説と幻の町・隅田宿-………… 亀谷弘明(60)

史料・文献紹介………………………………………………………… (62)


870号  2010年9月号

論文
近代華北村落における社会関係と面子…………………………三品英憲(1)
  -『中国農村慣行調査』の分析を通して-

批判と反省
山本博文著『天下人の一級史料』に接して………………… 三鬼清一郎(20)

時評
日米「新安保条約」から50年………………………………… 佐々木隆爾(26)

書評
中村友一『日本古代の氏姓制』………………………………長谷部将司(37)
市川理恵『古代日本の京職と京戸』…………………………… 生島修平(40)
遠藤基郎『中世王権と王朝儀礼』…………………………… 井原今朝男(43)
岩間俊彦『イギリス・ミドルクラスの世界』…………………… 長谷川貴彦(47)

展示評
鎌倉の日蓮聖人―中世人の信仰世界―………………………佐藤博信(50)

会務報告
2010年度歴史学研究会総会の報告………………歴史学研究会委員会(53)

史料・文献紹介…………………………………………………………… (62)


869号   2010年8月号

論文
18世紀フランスの権力秩序と裁判管轄争い……………………………仲松優子(1)
 -1783年ラングドック地方におけるマスクの蜂起の事後処理過程-
大日本帝国憲法の基本理念と「生存権」……………………………… 林尚之(18)
 -1920年代-40年代の法学者の議論を中心にして-

研究動向
21世紀フランスの博物館………………………………………………松沼美穂(36)
 -文化政策にみる「われわれ」の構築と植民地支配の過去-

書評
清水亮『鎌倉幕府御家人制の政治史的研究』…………………… 下村周太郎(44)
荻野美穂『「家族計画」への道』…………………………………… 沢山美果子(47)
志田恭子『ロシア帝国の膨張と統合』…………………………………西山克典(51)
武井彩佳『ユダヤ人財産はだれのものか』…………………………… 小原淳(54)

展示評
神話-日本美術の想像力-…………………………………………山崎明子(58)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(62)

868号   2010年7月号

特集 「韓国併合」100年と 日本の歴史学(2)
論文
戦後日本の朝鮮史研究…………………………………………趙景達(1)
 -近代史研究を中心に-
ファシズムと第三世界主義のはざまで……………………藤井たけし(13)
 -冷戦形成期における韓国民族主義-
植民地期朝鮮史像をめぐって………………………………庵逧由香(25)
 -韓国の新しい研究動向-
    
時評
ハイチの大地震と「植民地責任」…………………………… 浜忠雄(36)

書評
井上寛司『日本中世国家と諸国一宮制』………………… 苅米一志(43)
稲葉継陽『日本近世社会形成史論』……………………久保健一郎(46)
永田雄三『前近代トルコの地方名士』…………………… 岸本美緒(49)
甚野尚志『十二世紀ルネサンスの精神』……………… 柴田平三郎(52)

展示評
丹波マンガン記念館………………………………………… 愼蒼宇(56)

史料・文献紹介……………………………………………………  (60)


867号   2010年6月号

特集 「韓国併合」100年と 日本の歴史学(1)
特集によせて……………………………………………………委員会(1)
論文
日本近代史研究と朝鮮問題……………………………………中塚明(3)
世界史の中の「韓国併合」………………………………… 南塚信吾(14)
 -1910年前後の国際関係の中で-
植民地末期の朝鮮農民と食……………………………… 樋口雄一(25)
 -江原道農民を事例として-
ジェンダー史・教育史から見た植民地近代性論…………… 金富子(34)
比較植民地主義試論………………………………………岡本公一(46)
 -日本とアメリカを事例として-
〈東アジアの記憶の場〉に向けて………………………… 板垣竜太(57)
 -朝鮮史からの視点-

書評
松村高夫・柳沢 遊・江田憲治編『満鉄の調査と研究』
  …………………………………………………………岡部牧夫(68)
趙景達『植民地期朝鮮の知識人と民衆』…………………小谷汪之(71)

史料・文献紹介……………………………………………………  (78)

866号    2010年5月号

論文
「保護国」体制下における大韓帝国の外交主権…………………李主先(1)
イギリス関税改革運動とカナダ製造業利害…………………… 福士純(19)

書評
西成田豊『退職金の一四〇年』……………………………… 佐々木啓(37)
承志『ダイチン・グルンとその時代』…………………………… 岡洋樹(40)
前田更子『私立学校からみる近代フランス』………………… 高村学人(43)

展示評
失われた朝鮮文化遺産……………………………………… 吉澤文寿(46)
 -植民地下での文化財の略奪・流出、そして返還・公開へ-

◆2010年度歴史学研究会大会報告主旨説明◆
全体会:いま植民地支配を問う………………………………………… (49)
古代史部会:古代における交流と秩序形成……………………………(50)
中世史部会:中世公家社会の構造と変容………………………………(51)
近世史部会:近世の政治支配と社会変容………………………………(53)
近代史部会:資本主義社会を生きるということ…………………………(54)
現代史部会:記憶をめぐる抗争と創造………………………………… (56)
合同部会:ヨーロッパ前近代における地域統治と国家イデオロギー… (57)

史料・文献紹介………………………………………………………… (59)

会告:2010年度歴史学研究会総会・大会のお知ら せ…………………(63)

865号    2010年4月号

論文
国家と地域の歴史意識形成過程………………………………高田祐介(1)
 -維新殉難者顕彰をめぐって-

批判と反省
『「植民地責任」論』(永原陽子編、青木書店、2009年)をめぐって(2)
  グローバルヒストリー研究から見た「植民地責任」論の問題点
   ………………………………………………………………秋田茂(20)
  インド近代史研究と「植民地責任」論…………………… 粟屋利江(22)
新制高校「世界史」の創設……………………………………木崎弘美(27)
 -2009年度歴研大会 茨木智志報告をめぐって-

時評
アメリカ合衆国の人種秩序をめぐる近況…………………… 樋口映美(33)

書評
朝治 武『アジア・太平洋戦争と全国水平社』………………… 関口寛(43)
金子 肇『近代中国の中央と地方』……………………… 田中比呂志(46)
笹川紀勝・李泰鎮編著『国際共同研究 韓国併合と現代』……白榮勛(49)
林佳世子『オスマン帝国500年の平和』………………………佐々木紳(52)
櫻井利夫『ドイツ封建社会の構造』…………………………… 皆川卓(56)

展示評
近代の東アジアイメージ…………………………………………千葉慶(58)

会告:2010年度歴史学研究会大会のお知ら せ……………………… (62)

864号   2010年3月号

論文
地方寺社の存立と地域社会への結合……………………………貴田潔(1)
 -肥前国鎮守河上社の僧侶・神官たちを中心に-
甲午改革と王権構想……………………………………………伊藤俊介(2)

時評
「6月危機」とイラン革命30年……………………………… 吉村慎太郎(35)

書評
鍛代敏雄『戦国期の石清水と本願寺』……………………… 川端泰幸(43)
ひろたまさき『差別からみる日本の歴史』………………… 黒川みどり(46)
濱本真実『「聖なるロシア」のイスラーム』…………………… 西山克典(49)
佐藤次高『砂糖のイスラーム生活史』…………………… 尾崎貴久子(52)

展示評
鉄道博物館……………………………………………………亀谷弘明(56)

会告:公文書管理法の施行に関する要望書………歴史学研究会ほか (60)


863号   2010年2月号

小特集・近代史学史再考-アジアの事例から-
小特集によせて…………………………………歴史学研究会編集委員会 (1)
論文
中国における近代史学の形成…………………………………吉澤誠一郎(2)
 -梁啓超「新史学」再読-
「イラン史」の誕生……………………………………………… 守川知子(12)
『ラタナコーシン王朝年代記』の改訂と史料編纂……………… 小泉順子(22)
植民地教育と近代歴史学…………………………………… 左右田直規(32)
 -英領マラヤのマレー語歴史教科書に関する一考察-
コメント
四論文によせて………………………………………………… 宮地正人(42)

時評
ホンジュラス・クーデターと国際社会の変化……………………小倉英敬(47)

展示評
ある日、日本軍がやってきた……………………………………秋山洋子(56)
 -中国・戦場での強かんと慰安所-

史料・文献紹介…………………………………………………………… (61)

会告:行政刷新会議事業仕分け(13:若手研究育成)に関する見 解と要望
          ……………………………………歴史学研究会委員会(60)


862号   2010年1月号

論文
佐賀藩鍋島家における恩赦の構造と変容…………………………野口朋隆(1)

批判と反省
「戦後歴史学」の自己点検としての史学史……………………… 成田龍一(19)
『「植民地責任」論』(永原陽子編、青木書店、2009年)をめぐって
  「植民地責任」論と世界史について……………………………南塚信吾(27)
  〈植民地責任〉論の「これから」への希望………………………板垣雄三(31)

時評
「ソマリア海賊問題」を生み出したもの……………………………高林敏之(37)
 -あるいはアフリカで奏でられる「帝国復活」のファンファーレ-

書評
藤井譲治『徳川将軍家領知宛行制の研究』…………………… 大野瑞男(45)
千葉 功『旧外交の形成』…………………………………………櫻井良樹(48)
今井 駿『四川省と近代中国』……………………………………… 林幸司(51)
村川庸子『境界線上の市民権』………………………………… 松本悠子(54)

展示評
妖怪天国ニッポン-絵巻からマンガまで-………………………榎村寛之(58)
 
史料・文献紹介………………………………………………………………(61)