861号 2009年12月号

特集 近代警察像の再検討 (Ⅱ)
研究ノート
19世紀フランスの警察…………………………………………………相良匡俊(1)
-中央集権的国家警察への歩み-

時評
杉並区による扶桑社版歴史教科書「継続」決定の問題点…………服藤早苗(12)

書評
高橋典幸『鎌倉幕府軍制と御家人制』…………………………………高橋修(18)

展示評
江戸の地誌編さん-地域史の発見-………………………………白井哲哉(21)

学界だより
日韓学術交流の現在……………………………………………… 岩波敦子(24)
 -第6回日韓西洋中世史シンポジウム参加記-

◆2009年度歴史学研究会大会報告批判◆
全 体 会…………………………………………………北河賢三・山根徹也(28)
古代史部会………………………………………………… 坂江渉・木村茂光(30)
中世史部会………………………………………………………………森茂暁(33)
近世史部会……………………………………………………………渡辺尚志(36)
近代史部会……………………………………………… 下里俊行・三原容子(38)
現代史部会……………………………………………………………荒川章二(41)
合同部会……………………… 森谷公俊・梶田知志・木村晶子・上野雅由樹(43)
特設部会………………………………………………………………鳥越泰彦(48)
史料・文献紹介………………………………………………………………… (54)

会告
 「つくる会」教科書の採択に抗議し、撤回を求める声明………………委員会(53)

総目次:『歴史学研究』Nos. 849~861(2009年1月~12月)………………… (58)

860号   2009年11月号

特集 近代警察像の再検討 (Ⅰ)
特集によせて………………………………………………………編集委員会(1)
論文
幕末維新期における村の治安と自警……………………………… 落合延孝(2)
秩父事件における警察と地域社会……………………………… 中嶋久人(13)
警察とジェンダー……………………………………………………林田敏子 (26)
 ―20世紀イギリスにおける女性警察―
戦間期英領マラヤにおける政治情報機関の成立とその活動……鬼丸武士 (36)
外務省警察から見た上海の朝鮮人コミュニティ………………… 高綱博文 (47)
日本敗戦直後における「警察権確立」と在日朝鮮人団体………… 鄭栄桓 (60)

展示評
未来をひらく福澤諭吉展…………………………………………森田喜久男 (70)

史料・文献紹介……………………………………………………………… (74)

859号   2009年増刊号

2009年度大会報告によせて……………………………………… 委員長 藤田覚 (1)
全体会  民衆運動研究の新たな視座-新自由主義の時代と現代歴史学の課題(2)-
政治文化の変容と民衆運動-朝鮮民衆運動史研究の立場から………… 趙景達(2)
社会・文化の視座と民衆運動史研究 -戦後日本の実験を通して…… 安田常雄(12)
コメント……………………………………………… 稲葉継陽(22)/長谷川まゆ帆(24)
全体会討論要旨(28)

古代史部会 古代における地域社会の構造と統合
律令国家の地方支配と国土観 ………………………………………… 荒井秀規(30)
村落社会の展開と農事慣行 …………………………………………… 三原康之(39)
古代史部会討論要旨(48)

中世史部会 中世権力と都市支配
鎌倉と鎌倉幕府 ………………………………………………………… 秋山哲雄(51)
室町幕府の京都支配 ……………………………………………………三枝暁子(59)
中世史部会討論要旨(69)

近世史部会 近世社会の変容を考える-商品経済と地域社会-
問題提起…………………………………… …………… 近世史部会運営委員会(72)
山林用益をめぐる地域の変容……………………………………… 多和田雅保(73)
近世中後期における産業・流通の展開と伊勢湾地域
 -知多半島の醸造業を中心に-…………………………… 曲田浩和(83)
近世史部会討論要旨(93)

近代史部会 帝国秩序とアナーキズムの形成-抵抗/連帯の想像力-
アメリカ合衆国におけるロシア系移民アナーキスト
 -1880年代から1920年代-……………………………………… 田中ひかる(96)
日本思想史におけるアナーキズムの位置
 -初期社会主義思想との関連を中心に- ………………………… 梅森直之(105)
コメント…………………………………………… 山口守(113)/木下ちがや(116)
近代史部会討論要旨(118)

現代史部会 「豊かな社会」の都市政治にみる参加と対抗
高度経済成長前半期の水利用と住民・企業・自治体
 -静岡県三島市を事例として-……………………… 沼尻晃伸(120)
福祉をめぐる鬩ぎ合い
 -ロスアンジェルスにおける「貧困との戦い」と人種,ジェンダー……土屋和代(129)
コメント……………………………………………………………… 野田昌吾(138)
現代史部会討論要旨(140)

合同部会 刻まれるメッセージ,読み解かれるメッセージ
  -歴史資料としての石碑と遺跡-
古代ギリシアの石碑-関係性の記録と記憶の共有- …………… 師尾晶子(144)
古代ローマのモニュメントとしての石碑
 -権力と,記憶を刻むという名誉-…………………………… 中川亜希(152)
林立するルーン石碑のなかで
 -イェリング石碑と「デンマーク」の誕生-……………………… 小澤実(161)
伝説から史実へ
 -イラン・イスラーム社会における古代遺跡と歴史認識-……… 守川知子(169)
合同部会討論要旨(177)

特設部会 社会科世界史60年
「社会科世界史」はどのようにして始まったか …………………… 茨木智志(182)
苦役への道は世界史教師の善意でしきつめられている ………… 小川幸司(191)
大学における世界史教育は可能か? ………………………… 南塚信吾(200)
特設部会討論要旨(210)

858号 2009年10月号

論文
石橋湛山の経済合理主義……………………………………………上田美和(1)
 -アジア太平洋戦争期における展開-
1964年アメリカ経済機会法における包摂と排除……………………土屋和代 (18)
 -「可能な限り最大限の参加」条項をめぐって-

時評
「陵 墓」公開運動の歴史とこれから……………………………………牧飛鳥(33)

書評
長谷川亮一『「皇国史観」という問題』…………………………………今井修 (42)
浅野豊美『帝国日本の植民地法制』………………………………… 吉田信(45)
伊藤定良・平田雅博編著『近代ヨーロッパを読み解く』………………松本彰 (49)

展示評
旅-江戸の旅から鉄道旅行へ-………………………………… 亀谷弘明(52)

会務報告
2009年度歴史学研究会総会の報告………………… 歴史学研究会委員会(54)

史料・文献紹介……………………………………………………………… (62)

857号  2009年9月号

小特集 「陵墓」問題と歴史学研究
小特集によせて………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
陵墓と日本古代史…………………………………………………佐藤信(3)
律令期陵墓と大形前方後円墳の相関…………………………今尾文昭(8)
日本古代における「陵墓」研究の現状と課題…………………石井輝義(17)
近代「陵墓」研究の現状と課題……………………………… 福島幸宏(25)
コメント
陵墓と城郭研究……………………………………………… 千田嘉博(34)
教科書に掲載された「陵墓」…………………………………… 丸山理(38)
文化財としての陵墓と公開運動の今後………………………宮瀧交二(40)
情報公開制度と陵墓…………………………………………… 後藤真(44)
書評
今尾文昭『律令期陵墓の成立と都城』…………………… 佐々木憲一(49)

書評
小川浩之『イギリス帝国からヨーロッパ統合へ』…………… 芝崎祐典(53)

展示評
バウハウス・デッサウ展……………………………………… 飯田洋介(56)

会告:「海賊対策」を名目とする自衛隊の海外派兵拡大に反対する声明
       …………………………………… 歴史学研究会委員会(60)


856号   2009年8月号

論文
年紀制と中国海商………………………………………………………渡邊誠(1)
 -平安時代貿易管理制度再考-
戦国・織豊期東国の政治情勢と「惣無事」…………………………竹井英文 (18)

時評
ケルン市立歴史文書館の倒壊について………………………… 高津秀之(33)

書評
西本昌弘『日本古代の王宮と儀礼』……………………………… 仁藤敦史(39)
小川和也『牧民の思想』………………………………………………塚本学 (42)
小寺 敦『先秦家族関係史料の新研究』………………………… 齋藤道子(45)
佐藤成基『ナショナル・アイデンティティと領土』…………………川喜田敦子 (49)
大門正克『歴史への問い/現在への問い』…………………… 黒川みどり(52)
川越 修・友部謙一編著『生命というリスク』……………………沢山美果子 (55)

展示評
鉄砲から見た近代の夜明け………………………………………… 保谷徹(59)

855号 2009年7月号

特集 博物館展示と歴史学-展示叙述の可能性-(2)
論文
歴史研究の展示へのまなざし…………………………………………上野祥史 (1)
歴史展示のポストモダニズム………………………………………… 白井哲哉(9)
「城下町大坂」展………………………………………… 鳴海邦匡・大澤研一(17)
-大阪大学総合学術博物館と大阪歴史博物館との連携企画展の経 験から-
  
論文
五胡北朝隋唐期における和蕃公主の降嫁……………………… 藤野月子 (26)
 -その時代的特質との関連について-

書評
水野智之『室町時代公武関係の研究』…………………………… 山家浩樹(42)
上川通夫『日本中世仏教史料論』………………………………… 菊地大樹(44)
澤 博勝『近世宗教社会論』……………………………………… 朴澤直秀(47)
大濱徹也『アーカイブズへの眼』………………………………… 西木浩一(49)
下田 誠『中国古代国家の形成と青銅兵器』…………………… 江村治樹(53)
深沢克己『商人と更紗』……………………………………………… 堀井優(55)

史料・文献紹介………………………………………………………………(59)

854号 2009年6月号

特集 博物館展示と歴史学-展示叙述の可能性 -(1)
特集によせて………………………………………… 歴史学研究会編集委員会(1)
論文
歴史展示と歴史表象……………………………………………………… 黒沢浩(2)
歴史展示、「伝えること」の難しさ…………………………………………  橋本雄(9)
展示評の問題と可能性………………………………………………  矢口祐人(20)
 -アリゾナ記念碑を中心に-
歴史展示のポリティクス………………………………………………  相馬保夫(28)
 -ドイツ歴史博物館をめぐる論争-
公文書館の展示力学に関する一試論………………………………  柴田知彰(36)
 -アーカイブズ展示評に期待するもの-
平和のための博物館と歴史学………………………………………… 山辺昌彦(45)

批判と反省
むかいあう歴史学……………………………………………………… 若尾政希(53)
 -安丸良夫から時代を読む-

時評
揺れるタイ……………………………………………………………… 河村雅美(60)
 -「真の民主主義」がタイ研究につきつけるもの-

書評
源川真希『東京市政』……………………………………………………住友陽文(71)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(76)

会告
公文書等の管理に関する法律(公文書管理法)政府案に対する要望書
 ……………………………………………………………………歴史学研究会(75)

853号  2009年5月号

論文
日本・スペイン断交(1624年)の再検討………………………清水有子(1)
 -江戸幕府「鎖国」政策の形成過程-
光緒帝の親政開始をめぐる清朝中央の政策決定過程……大坪慶之(16)

批判 と反省
小 国史研究の方法と課題…………………………………… 百瀬宏(33)
 -阪東宏氏の二著をめぐって-

書評
太 田幸男『中国古代国家形成史論』……………………渡辺信一郎(40)
高村武幸『漢代の地方官吏と地域社会』………………… 飯田祥子(43)
澤田典子『アテネ 最期の輝き』……………………………森谷公俊(46)

◆2009 年度歴史学研究会大会報告主旨説明◆
全 体会:民衆運動研究の新たな視座……………………………… (49)
古代史部会:古代における地域社会の構造と統合…………………(50)
中世史部会:中世権力と都市支配………………………………… (52)
近世史部会:近世社会の変容を考える………………………………(53)
近代史部会:帝国秩序とアナーキズムの形成………………………(54)
現代史部会:「豊かな社会」の都市政治にみる参加と対抗…………(56)
合同部会:刻まれるメッセージ、読み解かれるメッセージ………… (57)
特 設部会:社会科世界史60年……………………………………… (59) 
            
会告: 2009年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ………………(63)

852号 2009年4月号

小特集 室町殿論―新しい国家像をめざして
小特集によせて………………………………………歴研編集委員会(1)
論文
足利義持の室町殿第二次確立過程に関する試論………桃崎有一郎(2)
室町殿権力の宗教政策………………………………… 大田壮一郎(11)
足利義教と義満・義持……………………………………石原比伊呂(21)
室町殿権力と広域逃散…………………………………… 清水克行(32)
コメント
足利義満・義持と崇賢門院…………………………………家永遵嗣(41)
書評
伊藤喜良『足利義持』……………………………………… 丸山裕之(44)
          
書評
佐藤全敏『平安時代の天皇と官僚制』…………………… 中原俊章(48)
宮下晋吉『模倣から「科学大国」へ』……………………… 櫻井文子(51)
内田綾子『アメリカ先住民の現代史』…………………………鈴木透(54)

史料・文献紹介………………………………………………………(57)

会告: 『歴史学研究』掲載論文等の著作権譲渡のお願い………… (60)
2009年度歴史学研究会大会のお知らせ……………………………(61)

851 号 2009年3月号

論文
惣領職の成立と「職」の変質…………………………… 田中大喜(1)

研究動向
20世紀初頭の英国海軍史における修正主義……………矢吹啓(15)

批判 と反省
歴史教育における他者イメージ……………………… 鳥越泰彦(24)

時評
利用者の立場からみた歴史系博物館等への
 指定管理者制度導入について……………………… 會田康範(30)
防げたはずの悪夢?-住宅市場における人種差別と
 「サブプライム・メルトダウン」-………………… 宮田伊知郎(37)

書評
井上智勝『近世の神社と朝廷権威』………………… 井上寛司(48)
島田昌和『渋沢栄一の企業者活動の研究』………… 武田晴人(51)
名武なつ紀『都市の展開と土地所有』……………… 高嶋修一(53)
金子修一『中国古代皇帝祭祀の研究』…………… 藤森健太郎(56)
水島司『前近代南インドの社会構造と社会空間』…… 小谷汪之(59)

850号  2009年2月号

論文
戦国期における武家官位と守護職………………………… 大薮海(1)

研究 ノート
「翼賛議会」の位相……………………………………… 官田光史(17)
 -議会運営調査委員会の審議を素材に-

批判 と反省
飯島みどり氏による拙著『先住民と国民国家』の
  書評に反論する………………………………………小澤卓也(27)

時評
世界史は動いている…………………………………… 南塚信吾(30)

書評
渡辺尚志『惣百姓と近世村落』………………………千葉真由美(40)
眞壁仁『徳川後期の学問と政治』………………………小川和也(43)
佐賀朝『近代大阪の都市社会構造』……………………能川泰治(46)
田中隆一『満洲国と日本の帝国支配』…………………松田利彦(50)
趙寛子『植民地朝鮮/帝国日本の文化連環』…………廣岡浄進(53)
高光佳絵『アメリカと戦間期の東アジア』……………… 服部龍二(55)

史料・文献紹介……………………………………………………(60)

会告:公文書管理法制定についての陳情書…………………… (59)

849号  2009年1月号

小特集 「従軍慰安婦」問題
小特集によせて…………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
「従軍慰安婦」問題研究の到達点と課題…………………………吉見義明(2)
日本軍・日本兵による性暴力の意識と構造………………… 笠原十九司(11)
 -「前近代」の「日本の戦場」の継承-
台湾「慰安婦」問題-論争と研究-……………………………… 朱徳蘭(20)
時評
「慰安婦」裁判の経過と結果およびその後の動向…………… 藍谷邦雄(32)

批判と反省
『社会主義インターナショナルの群像 1914-1923』を読み、
 西川正雄さんの功績を偲ぶ………………………………… 木村靖二(39)

書評
光成準治『中・近世移行期大名領国の研究』………………… 村井良介(46)
大津留厚『青野原俘虜収容所の世界』…………………………丸畠宏太(48)
池田嘉郎『革命ロシアの共和国とネイション』………………… 浅岡善治(51)
駒込 武・橋本伸也編『帝国と学校』…………………………平野千果子 (55)
岡田裕成・齋藤 晃『南米キリスト教美術とコロニアリズム』
                    ……………………………横山和加 子(58)
会告・国文学研究資料館アーカイブズ研究系の機能保全に関する要 望書
                     ………………………………………… (61)
史料・文献紹介……………………………………………………………(64)