848号  2008年12月号

特集 「由緒」の比較史-出自をめぐる共同体 の歴史実践-(Ⅱ)

論文
近代オスマン帝国における「王家の起源}批判……………………小笠原弘幸(1)
 ――アフメト・ミドハト『詳説近代史』の分析から――
農民心性における「自尊」意識の変化…………………………………槇原茂(10)
 ――戦間期バス=ブルターニュ地方に関する試論的考察――
チェロキー族における「市民権問題」…………………………………佐藤円(21)

◆2008年度歴史学研究会大会報告批判◆
全 体 会………………………………………………高岡裕之・姫岡とし子(34)
古代史部会………………………………………………告井幸男・伊藤敏雄(37)
中世史部会………………………………………………木村茂光・川岡 勉(39)
近世史部会………………………………………………………… 深谷克己(41)
近代史部会…………………………………………… 黒川みどり・柴田暖子(43)
現代史部会………………………………………………………… 早尾貴紀(46)
合同部会……………………… 大清水裕・森山央朗・村上司樹・早川朝子(49)
特設部会…………………………………………………………今野日出晴(54)

総目次:『歴史学研究』Nos. 836~848(2008年1月~12月)…………………(59) 

847号   2008年11月号

特集 「由緒」の比較史-出自をめぐる共同体 の歴史実践-(Ⅰ)
特集によせて…………………………………………………歴史学研究会委員会(1)
論文
日本中近世史における由緒論の総括と展望………………………… 山本英二(2)
幕末期における「国」の主張と由緒秩序……………………………… 井上攻(11)
近世・近代 広東珠江デルタの由緒言説………………………………片山剛(23)
兵士の由緒と農民の由緒………………………………………………秋山晋吾(32)
 -18世紀ハンガリーのヤースクン社会-
時の流れに抗して………………………………………………………大越翼(42)
 -3つのマヤ王家の由緒-

批判と反省
ソ連史研究の方法と視角について……………………………………塩川伸明(56)
 -高田和夫の批評に答える-

時評
ソンミ村虐殺40周年をめぐって…………………………………………藤本博(61)

書評
泉谷陽子『中国建国初期の政治と経済』…………………………… 金野純(69)
崔在東『近代ロシア農村の社会経済史』………………………………松里公孝(71)
細川道久『カナダ・ナショナリズムとイギリス帝国』…………………… 藤川隆男(73)

846号  2008年増刊号

2008年度大会報告によせて…………………………………委員長 藤田覚 (1)
全体会 新自由主義の時代と現代歴史学の課題-その同時代史的検証-
  序説 「生存」の歴史学-「1930~60年代の日本」と現在との往還を通じて-
           …………………大門正克 (2)
  ポスト・サッチャリズムの歴史学
   -歴史認識論争と近代イギリス像の変容-………… 長谷川貴彦 (12)
 コメント1 ………………………………………………… 吉田伸之 (19)
 コメント2 …………………………………………………… 柳澤悠 (21)
  全体会討論要旨 (23)

古代史部会 古代国家の秩序と観念
  古代の天皇制と政変・国家……………………………………関根淳 (26)
  隠逸・逸民的人士と魏晋期の国家………………………安部聡一郎 (34)
   コメント ………………………………………………………大平聡 (42)
  古代史部会討論要旨 (44)

中世史部会 中世の社会編成と紛争解決
  荘園制の成立と武門支配の統合…………………………鎌倉佐保 (47)
南北朝~室町期の権力と紛争解決………………………永井英治 (55)
  中世史部会討論要旨 (64)

近世史部会 近世の政治支配と学問・知識・情報
   問題提起 ………………………………… 近世史部会運営委員会 (67)
  近世後期「長崎口」からの「西洋近代」情報・知識の受容と翻訳…
……………………………松方冬子 (68)
  近世後期における藩政と学問
-寛政~天保期秋田藩の政治改革と教学政策-………金森正也 (76)
  近世史部会討論要旨 (87)

近代史部会 「分類」のポリティクス-近代的「人種」の再検討-
 「人種化」の近代とアメリカ合衆国
-ソシアビリテの交錯と「国民」の境界-……………… 貴堂嘉之 (90)
  植民地支配下の台湾原住民をめぐる「分類」の思考と統治実践…
……………………………… 松田京子 (99)
   コメント1 ………………………………………………… 池田忍 (107)
コメント2 ………………………………………………… 冨山一郎 (109)
 近代史部会討論要旨 (110)

現代史部会 離散者が問う戦後世界像-その包摂と排除に見る植民地主義の継続-
 「戦後開拓」再考-「引揚げ」以後の「非/国民」たち-…… 道場親信 (113)
人の移動からみるフランス・アルジェリア関係史
-脱植民地化と「引揚者」を中心に- ………………… 小山田紀子 (123)
   コメント………………………………………………………川喜田敦子 (133)
  現代史部会討論要旨 (135)

合同部会 宗教的マイノリティとその周辺-アイデンティティの相克と溶和-
  イサウリア人皇帝ゼノの栄達
―後期ローマ帝国における社会的流動性と摩擦-…… 倉橋良伸 (138)
  黙示録からみたイスラム支配下のコプト………………… 辻明日香 (146)
  コンベルソと血の純潔……………………………………… 坂本宏 (155)
  近世都市における宗派意識の形成
-16世紀後半ヴェーゼル市の事例- ……………………望月秀人 (163)
  合同部会討論要旨 (172)

特設部会 教科書検定・歴史叙述・歴史実践-沖縄戦教科書検定問題からの再考-
  沖縄戦検定問題が明らかにした
教科書検定システムの問題点……………………………石山久男 (176)
  教科書検定問題と歴史教科書叙述………………………… 大串潤児 (181)
  特設部会討論要旨 (188)

編集後記 (190)

845号   2008年10月号

論文
ソ連における「国民史」の創造…………………………………………立石洋子(1)
 -1930年代の初等歴史教科書作成問題を手がかりに-

研究動向
近世イングランド議会史像をめぐって…………………………………仲丸英起(18)
 -エリザベス治世期を中心に-

批判と反省
日本近代史を描くとは……………………………………………………中村政則(26)
 -アンドルー・ゴードン『日本の200年』をめぐって-
ヨーロッパ中世の〈霊性〉概念と宗教運動の対話……………………小澤 実(32)
 -池上俊一『ヨーロッパ中世の宗教運動』をめぐって-

書評
菊地大樹『中世仏教の原形と展開』……………………………………上川通夫(41)
岩元修一『初期室町幕府訴訟制度の研究』……………………………田中大喜(43)
西尾和美『戦国期の権力と婚姻』…………………………………… 遠藤ゆり子(47)
金美花『中国東北農村社会と朝鮮人の教育』…………………………田中隆一(50)

会務報告
2008年度歴史学研究会総会の報告………………………歴史学研究会委員会(53)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(60)

844号   2008年9月号

小特集 「男性史」は何をめざすか
小特集によせて………………………………………… 歴史学研究会編集委員会(1)
論文
ヒゲと近世・近代日本の男性性……………………………………………阿部恒久(2)
世紀転換期イギリスにおける老齢年金制度と
 マスキュリニティ………………………………………………………… 戸渡文子(11)
男らしくバケツを下ろす…………………………………………………… 兼子歩(21)
 -ブッカー・T・ワシントンの「人種的引き上げ」
 イデオロギーにおける〈男らしさ〉と階級-
研究動向
ドイツ男性史研究の展開と課題………………………………………… 石井香江(32)
 -近年のドイツ近現代史研究を事例として-
批判と反省
「男性史」と歴史学……………………………………………………… 加藤千香子(42)
女性史から「男性史」への問い………………………………………小野沢あかね(51)
 -『男性史』全3巻によせて-
書評
星乃治彦『男たちの帝国』………………………………………………日暮美奈子(58)


843号   2008年8月号

論文
ジョン治世初期のイングランド国王行政の再評価…………………………荒木洋育(1)
 ―軍役代納金の徴収状況から―

研究ノート
植民地近代性論批判序説……………………………………………………趙景達(15)

批判と反省
毫釐なれば千里……………………………………………………………佐竹靖彦(28)
 ―原宗子氏による拙著『中国古代の田制と邑制』の書評に接して―
シャルチエ以後の思想史研究はどのようなかたちをとりうるか………… 松浦義弘(34)
 ―山崎耕一『啓蒙運動とフランス革命』によせて―

時評
「平成の大合併」・道州制論の歴史的位置………………………………岡田知弘(41)

書評
内田知行・柴田善雅編『日本の蒙彊占領 1937-1945』…………………島田美和(51)
渡辺和行『エトランジェのフランス史』……………………………………… 舘葉月(54)
村田勝幸『〈アメリカ人〉の境界とラティーノ・エスニシティ』………………松原宏之(57)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(60)

842号   2008年7月号

特集 世界のなかの近世絵図(Ⅱ)
論文
近世の都名所 方広寺前と耳塚……………………………………ロナルド・トビ(1)
 -洛中洛外図・京絵図・名所案内を中心に-
近世絵図にみる測量の記録とその表現………………………………鳴海邦匡(13)
近世絵図史料論の課題……………………………………………… 小野寺淳(25)
-国絵図研究会の活動を通して-

論文
公議人の存在形態と公議所における「議論」…………………………三村昌司(33)
 -三田藩を事例に-

書評
小倉欣一『ドイツ中世都市の自由と平和』……………………………田中俊之(45)
佐久間弘展『若者職人の社会と文化』…………………………… 藤田幸一郎(48)
藤井美男『ブルゴーニュ国家とブリュッセル』……………………… 河原温(51)
君塚直隆『パクス・ブリタニカのイギリス外交』……………………… 松本佐保(53)
小澤卓也『先住民と国民国家』……………………………………… 飯島みどり(57)

史料・文献紹介………………………………………………………………(61)

841号 2008年6月号

特集 世界のなかの近世絵図 (Ⅰ)
特集によせて………………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
近世地図論序説……………………………………………………………杉本史子(2)
 ―身分秩序と主体・行為・モノ―
絵図…………………………………………………………………………降旗千賀子(23)
 ―色彩とその原料からみえてくるもの―
蛍光X線分析による地図資料の彩色材料調査…………………………早川泰弘(29)
可視反射分光スペクトル法による染料分析…………………………… 吉田直人(35)
 ―近世絵図資料彩色調査への応用―
肉眼観察から見た絵図……………………………………………………村岡ゆかり(43)
 ―模写制作者の見地から―
表装技術から絵図を問い直す…………………………………………… 高島晶彦(50)
地域史のなかの絵図………………………………………………………礒永和貴(55)
 ―自治体史の絵図・地図編―
    
書評
松方冬子『オランダ風説書と近世日本』………………………………… 小暮実徳(64)
笹川裕史・奥村哲『銃後の中国社会』………………………………… 山本真(67)

学界だより
歴史地震研究会と歴史学研究……………………………………………北原糸子(70)
史料・文献紹介……………………………………………………………………(75)

840号   2008年5月号

論文
秦漢帝国による「半両」銭の管理………………………………………柿沼陽平(1)

研究動向
歴史研究の「ミクロ過程論的転回」…………………………………小野寺拓也(19)
 ―「ゴールドハーゲン後」のナチズム・ホロコースト研究―
〈男性の歴史〉から〈ジェンダー化された歴史学〉へ……………………兼子歩(28)
 ―アメリカ史研究における男性性の位置―

時評
歴史認識共有の可能性……………………………………剣持久木・西山暁義(38)
 ―仏独共通歴史教科書の実験―

書評
豊永聡美『中世の天皇と音楽』………………………………………石原比伊呂(46)
鈴木康子『長崎奉行の研究』…………………………………………戸森麻衣子(49)
柳谷慶子『近世の女性相続と介護』……………………………………菅野則子(52)
石田 憲編『膨張する帝国 拡散する帝国』……………………………木畑洋一(55)
安藤隆穂『フランス自由主義の成立』……………………………………杉本隆司(57)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(61)

会告:2008年度歴史学研究会総会・大会のお知ら せ…………………………(63)

839号   2008年4月号                    

論文
前漢刺史再考………………………………………………………………福永善隆(1)
 ―武帝期における刺史の設置を中心として―

批判と反省
「近世」論をめぐる対話の試み…………………………………………田中比呂志(14)

時評
二次的損害…………………………………………………ハーバート・P・ビックス(21)
 ―米国における大量破壊と残虐行為の修辞法―
情報公開法と歴史研究………………………………………………………瀬畑源(30)
 ―公文書管理問題を中心として―
「軍の強制」認めなかった訂正申請………………………………………石山久男(38)
 ―沖縄戦検定問題のこれから―

書評
垣内和孝『室町期 南奥の政治秩序と抗争』………………………………黒嶋敏(47)

◆2008年度歴史学研究会大会報告主旨説明◆
全体会:新自由主義の時代と現代歴史学の課題…………………………………(51)
古代史部会:古代国家の秩序と観念………………………………………………(52)
中世史部会:中世の社会編成と紛争解決…………………………………………(53)
近世史部会:近世の政治支配と学問・知識・情報…………………………………(55)
近代史部会:「分類」のポリティクス…………………………………………………(56)
現代史部会:離散者が問う戦後世界像……………………………………………(57)
合同部会:宗教的マイノリティとその周辺………………………………………… (59)
特設部会:教科書検定・歴史叙述・歴史実践………………………………………(60)
史料・文献紹介………………………………………………………………………(62)

会告:2008年度歴史学研究会総会・大会のお知ら せ………………………………(50)

838号   2008年3月号

小特集 指定管理者制度と歴史学
小特集にあたって…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
博物館の「危機」と歴史展示……………………………………………… 金子淳(7)
 -懐かし系/ロマン系展示から見る歴史系博物館の課題-
美術館と指定管理者制度………………………………………………… 上村清雄(14)
 -その問題点と意義づけと-
文化財行政・歴史系博物館と歴史学のこれから…………………………赤澤春彦(19)
批判と反省
「指定管理者制度」を読む…………………………………………………石居人也(30)
 -博物館に「制度」は何をもたらすのか-
時評
韓国地方自治体における博物館行政の現在…………………………小川原宏幸(39)
         
書評
鈴木哲雄『中世関東の内海世界』…………………………………………湯浅治久(43)
山陰加春夫『中世寺院と「悪党」』…………………………………………築地貴久(46)
西坂 靖『三井越後屋奉公人の研究』……………………………………桜井由幾(49)
福留真紀『徳川将軍側近の研究』…………………………………………藤田覚(53)
本庄比佐子編『日本の青島占領と山東の社会経済 1914-1922年』……桂川光正(56)
大門正克編著『昭和史論争を問う』………………………………………安田常雄(59)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(62)

837号 2008年2月号 

論文
都市社会事業の成立と地域社会…………………………………………松下孝昭(1)
 -1920年代前半の京都市の場合-
『農事新聞』の言論空間……………………………………………………桐生裕子(20)
 -19世紀中葉ボヘミアにおける農村住民と出版物-

批判と反省
政策史研究と歴史叙述……………………………………………………高田和夫(37)
 -塩川伸明の近業によせて-

書評
梅村 喬『日本古代社会経済史論考』…………………………………… 松田行彦(44)
峰岸純夫『中世東国の荘園公領と宗教』……………………………… 七海雅人(47)
佐藤博信『中世東国足利・北条氏の研究』……………………………… 阿部能久(50)
平井 進『近代ドイツの農村社会と下層民』……………………………… 柴田英樹(54)
木畑洋一編著『現代世界とイギリス帝国』……………………………… 細川道久(57)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(61)

836号   2008年1月号                      

論文
天皇機関説事件後の憲法改正問 題………………………………………林尚之(1)
18世紀後半ドイツ・リッペ伯領のポリツァイとコミュニケーション………池田利昭(18)

批判と反省
特集「「近世化」を考える」によせて………………………………………永井和(35)

書評
荒木敏夫『日本古代王権の研究』………………………………………佐藤長門(40)
中野 等『秀吉の軍令と大陸侵攻』………………………………………跡部信(43)
佐竹靖彦『中国古代の田制と邑制』………………………………………原宗子(47)
千葉正史『近代交通体系と清帝国の変貌』……………………………曽田三郎(51)
小井高志『リヨンのフランス革命』………………………………………山崎耕一(54)
小関 隆『プリムローズ・リーグの時代』……………………………井野瀬久美恵(57)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(61)