835号   2007年12月号

論文
戦時期日本における国民徴用援護事業の展開過程……………………佐々木啓(1)

時評
南京事件70年の日本と世界……………………………………………笠原十九司(18)

学界だより
新安海底遺跡を取り巻く最新の研究状況…………………………………木村淳(28)
 -韓国での国際学術シンポジウムに参加して-

◆2007年度歴史学研究会大会報告批判◆
全体会…………………………………………………………………………河原温(34)
古代史部会…………………………………………………………………鷺森浩幸(36)
中世史部会…………………………………………………………………小林一岳(37)
近世史部会……………………………………………………………………池内敏(40)
近代史部会………………………………………………………上田誠二・古川宣子(42)
現代史部会………………………………………………………相馬保夫・安田常雄(47)
合同部会………………………………………石渡巧・櫻井康人・坂本宏・蝶野立彦(51)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(57)

総目次:『歴史学研究』Nos. 823~835(2007年1月~12月)…………………………(59) 

834号   2007年11月号

特集 東アジアにおける医療・ 衛生の制度化と植民地近代性
特集によせて……………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
植民地朝鮮における衛生・医療制度の改編と朝鮮人社会の反応……松本武祝(5)
20世紀前半、京城と北京における衛生・医療制度の形成と衛生統計……辛圭煥(16)
ハンセン病医療をめぐる政策と伝道……………………………………芹澤良子(27)
 -日本統治期台湾における事例から-
近代中国における通俗衛生知識…………………………………………戸部健(37)
 -天津(1912~45年)の事例から-

論文
満州事変前後の日ソ漁業交渉……………………………………………富田武(47)

書評
松木俊暁『言説空間としての大和政権』………………………………中村友一(64)
中野隆生編『都市空間と民衆 日本とフランス』………………………平野宗明(66)
池本今日子『ロシア皇帝アレクサンドル一世の外交政策』……………君塚直隆(70)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(74)

833号   2007年増刊号

2007年度大会報告に寄せて……………………………………………………委員長 藤田覚(1)

全体会 寄進の比較史-富の再配分と公共性の論理-
 寄進と再分配の摂理-キリスト教ローマ帝国の生成-……………………………大月康弘(2)
 日本中世社会と寄進行為-贈与・神仏・共同体-………………………………湯浅治久(12)
 中国史における慈善団体の系譜-明清から現代へ-…………………………小浜正子(21)
   全体会討論要旨 (30)

古代史部会 古代における法と地域社会
 日本古代田制の特質-天聖令を用いた再検討-…………………………………服部一隆(34)
  コメント1…………………………………………………………………………古瀬奈津子(43)
  コメント2……………………………………………………………………………三原康之(45)
   古代史部会討論要旨(48)

中世史部会 在地領主の組織編成と機能
 在地領主結合の複合的展開と公武権力………………………………………田中大喜(50)
 室町・戦国期在地領主のイエと地域社会・国家…………………………………菊池浩幸(61)
   中世史部会討論要旨(70)

近世史部会 境界領域からみる近世の国家と社会
  問題提起……………………………………………………………近世史部会運営委員会(74)
 18世紀後半の日蘭関係と地域社会-天明期を中心に-………………………木村直樹(75)
 近世蝦夷地在地社会と幕府の対外政策-蝦夷地第2次幕領期を中心に-……谷本晃久(84)
   近世史部会討論要旨(93)

近代史部会 学校教育と「マイノリティ」
 学校ができ、そこに子どもが通う-近代アイヌ教育政策史における学校の問題-……小川正人(95)
 近代ハンガリーにおける初等教育の制度化と宗派的・言語的マイノリティ………渡邊昭子(104)
 意図せざる覚醒? 蘭領東インド期〈近代的女子イスラーム学校〉の誕生………服部美奈(113)
  コメント1……………………………………………………………………………趙景達(122)
  コメント2…………………………………………………………………………秋葉淳(125)
 近代史部会討論要旨(126)

現代史部会 「戦後」形成期における社会的結合-1950年代社 会論の再開-
 紡績労働者の人間関係と社会意識-1950年代日本の職場サークルの歴史的位置-……三輪泰史(132)
 東ドイツにおける工業労働者の「社会的結合」………………………………………石井聡(143)
 動員と社会-建国後中国都市社会の変動と民衆-………………………………金野純(151)
   現代史部会討論要旨(160)

合同部会 生成される宗教的《境界》
 初期キリスト教の周縁部……………………………………………………………松本宣郎(164)
 初期十字軍とイスラム勢力…………………………………………………………中村妙子(172)
   -12世紀前半のシリアにおける協定とジハードの検討を中心に-
 ビザンツ帝国における宗教的《境界》の生成-正教会異端論駁書を題材に-……草生久嗣(180)
 近世ヨーロッパの諸宗派とユダヤ教………………………………………………踊共二(188)
   合同部会討論要旨(197)

編集後記(202)

832号   2007年10月号

論文
鳥羽院政期における院伝奏と武士……………………………………伊藤瑠美(1)
ポルトガル植民地支配とモザンビーク南部における労働力移動……網中昭世(19)

批判と反省
グッバイ・大日本帝国……………………………………………………西川正雄(35)
 -「教科書問題」に関する基本的な考え方-

書評
三上喜孝『日本古代の貨幣と社会』……………………………………江草宣友(42)
林  淳『近世陰陽道の研究』…………………………………………小池淳一(44)
塚田 孝『近世大坂の都市社会』………………………………………荒武賢一朗(48)
折井美耶子・女性の歴史研究会編著『新婦人協会の研究』…………石月静恵(51)
後藤春美『上海をめぐる日英関係 1925-1932』………………………田嶋信雄(54)
深沢克己・高山博編『信仰と他者』…………………………………蝶野立彦(56)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(61)

831号   2007年9月号

論文
日中戦争期における中国の出征軍人家族援護と地域社会…………笹川裕史(1)

批判と反省
近代天皇は「魔力」のような権力を持っているのか…………………伊藤之雄(17)

時評
沖縄戦「集団自決」への教科書検定…………………………………林博史(24)
杉並区にみる新自由主義的教育改革と歴史修正主義……………山本直美(33)

書評
本多博之『戦国織豊期の貨幣と石高制』……………………………川戸貴史(42)
藤實久美子『近世書籍文化論』………………………………………小林准士(45)
家島彦一『海域から見た歴史』………………………………………鈴木英明(48)

会務報告
2007年度歴史学研究会総会の報告……………………歴史学研究会委員会(53)

史料・文献紹介………………………………………………………………(60)

830号   2007年8月号

特集 教育問題の歴史的位相(Ⅱ)
論文
歴史のなかの教育と社会………………………………………………橋本伸也(1)
 -教育社会史研究の到達と課題-
時評
教育3法案批判…………………………………………………………光本滋(12)
 -新自由主義が招く教育の深い危機-

論文
清朝入関後、旗王によるニル支配の構造……………………………鈴木真(18)

研究動向
日本における近年の春秋史研究の現状と課題………………………吉田章人(35)

書評
古尾谷知浩『律令国家と天皇家産機構』………………………………鷺森浩幸(44)
有光友學編『戦国期 印章・印判状の研究』…………………………村井良介(47)
鹿児島県地方自治研究所編『奄美戦後史』……………………………鳥山淳(50)
黒崎 輝『核兵器と日米関係』…………………………………………吉次公介(52)
祁 建民『中国における社会結合と国家権力』………………………内山雅生(55)
劉傑・三谷博・楊大慶編『国境を越える歴史認識』…………………安井三吉(58)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(62)

829号   2007年7月号

特集 教育問題の歴史的位相(Ⅰ)
特集によせて……………………………………………………………………(1)
論文
フランス第三共和制初期の大学改革再考………………………………上垣豊(2)
フランス共和国による修道会規制とカトリック・ネットワーク…………前田更子(13)
学校存立の地平………………………………………………………多田仁一(26)
書評
久保義三『新版 昭和教育史』………………………………………寺崎昌男(34)
阪東 宏『戦争のうしろ姿』…………………………………………二村美朝子(37)

論文
大化以前の国造制の構造とその本質……………………………大川原竜一(41)

研究ノート
今川了俊の軍事動員と所務沙汰訴訟………………………………中島丈晴(58)

書評
長田彰文『日本の朝鮮統治と国際関係』……………………………吉澤文寿(68)
福田 宏『身体の国民化-多極化するチェコ社会と体操運動-』………小原淳(70)

史料・文献紹介………………………………………………………………(74)

会告
行政文書の公開に関する要望書……………………………………………(78)
沖縄戦での日本軍による「集団自決」強制の事実を歪める教科書検定に抗議する……(79)

828号   2007年6月号 

論文
明治初年の〈衛生〉言説…………………………………………………石居人也(1)
 -火葬禁止論争をめぐって-
1920-30年代の北原白秋の芸術教育活動による公民育成…………上田誠二(17)

研究動向
オルド自由主義と社会国家………………………………………………芦部彰(37)
 -新たなドイツ現代史像に向けて-

書評
小山靖憲編『戦国期畿内の政治社会構造』…………………………黒田基樹(46)
落合恵美子編著『徳川日本のライフコース』…………………………友部謙一(49)
笠原十九司・吉田裕編『現代歴史学と南京事件』……………………姫田光義(52)
山本博之『脱植民地化とナショナリズム』……………………………名和克郎(54)
藤原辰史『ナチス・ドイツの有機農業』………………………………古川高子(58)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(62)

827号   2007年5月号

論文
日本古代「氏姓」の成立とその契機……………………………………中村友一(1)
南インド・マドラス州の労働運動(1918―39年)にみる
 労働者の自立化……………………………………………………志賀美和子(15)

書評
久保田昌希『戦国大名今川氏と領国支配』…………………………酒入陽子(32)
村井章介『中世の国家と在地社会』…………………………………酒井紀美(35)
野邑理栄子『陸軍幼年学校体制の研究』……………………………河野 仁(38)
大津 透『日唐律令制の財政構造』…………………………………丸橋充拓(41)
小島淑男『近代中国の農村経済と地主制』………………………田中比呂志(44)

談話室……………………………………………………………………………(47)

◆2007年度歴史学研究会大会報告主旨説明◆
全 体 会:寄進の比較史-富の再配分と公共性の論理-……………………(49)
古代史部会:古代における法と地域社会…………………………………………(50)
中世史部会:在地領主の組織編成と機能…………………………………………(51)
近世史部会:境界領域からみる近世の国家と社会………………………………(52)
近代史部会:学校教育と「マイノリティ」……………………………………………(54)
現代史部会:「戦後」形成期における社会的結合-1950年代社会論の再開-…(55)
合同部会:生成される宗教的《境界》………………………………………………(57)
史料・文献紹介………………………………………………………………………(61)
会告:2007年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ……………………………(63)

826号   2007年4月号

小特集 古代国家と史書の編纂
小特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論文
国史編纂の資料と作業………………………………………………………関根淳(2)
勅撰史書の政治性…………………………………………………………遠藤慶太(10)
官撰史書の書名と性格……………………………………………………細井浩志(18)
研究ノート
『続日本紀』成立以降の『日本書紀』…………………………………長谷部将司(27)
『王年代紀』をめぐる覚書………………………………………………河内春人(33)
書評
遠藤慶太『平安勅撰史書研究』…………………………………………水口幹記(40)

書評
桑山浩然『室町幕府の政治と経済』……………………………………吉田賢司(43)
湯浅治久『中世東国の地域社会史』………………………………………清水亮(46)
籾山 明『中国古代訴訟制度の研究』……………………………………宮宅潔(50)
広川佐保『蒙地奉上-「満州国」の土地政策-』………………………森久男(53)
小泉順子『歴史叙述とナショナリズム-タイ近代史批判序説-』……増田えりか(56)
樋口映美・中條献編『歴史のなかの「アメリカ」』……………………和田光弘(59)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(63)


825号   2007年3月号

論文
摂関期の地方支配理念と天皇………………………………………………有富純也(1)
院政期の有封寺社と国家……………………………………………………守田逸人(16)
イギリス労働党とアイルランド独立戦争(1919-21)年………………………高神信一(31)

書評
中原俊章『中世王権と支配構造』……………………………………………遠藤基郎(47)
櫻井 彦『悪党と地域社会の研究』………………………………………外岡慎一郎(50)
久保田順一『室町・戦国期 上野の地域社会』……………………………松本一夫(53)
後藤春美『アヘンとイギリス帝国』…………………………………………新村容子(56)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(60)

824号  2007年2月号

論文
古代倭国・日本の外交儀礼と服属思想……………………………………廣瀬憲雄(1)
蓮如および村の門徒の百姓身分観………………………………………永井隆之(17)
1940―60年代の都市社会政策と地域住民組織…………………………杉本弘幸(34)

書評
岡 邦信『中世武家の法と支配』…………………………………………田中大喜(51)
久木尚志『ウェールズ労働史研究』………………………………………松村高夫(54)

談話室………………………………………………………………………………(58)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(60)

823号  2007年1月号

論文
平安貴族の対外意識と異国牒状問題………………………………………渡邊誠(1)
明末における武官統制と火器技術受容……………………………………久芳崇(18)

研究動向
スカンディナヴィアから見たバルト海南岸……………………………………小澤実(34)
 -紀元千年前後-

書評
米田雄介『摂関制の成立と展開』…………………………………………神谷正昌(43)
齋藤康彦『産業近代化と民衆の生活基盤』…………………………………尾関学(45)
今井昭彦『近代日本と戦死者祭祀』………………………………………本康宏史(48)
大月康弘『帝国と慈善 ビザンツ』…………………………………………小田謙爾(51)
羽田 正『イスラーム世界の創造』……………………………………………後藤明(54)
山内進・加藤博・新田一郎編『暴力-比較文明史的考察-』………………須田努(57)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(61)