822号 2006年12月号

特集 「近世化」を考える(2)
論 文
フィレンツェにおける近世的政治秩序の形成………………………三森のぞみ(1)
エジプト社会のオスマン化……………………………………………堀井 優(14)
 -体制と貿易の変容をめぐって-

書 評
大村拓生『中世京都首都論』………………………………………高橋慎一朗(23)
佐藤和彦『中世の一揆と民衆世界』…………………………………小国浩寿(26)
大石嘉一郎『日本資本主義百年の歩み』……………………………荻山正浩(29)
横山真一『新潟の青年自由民権運動』………………………………多仁照廣(33)

2006年度歴史学研究会大会報告批判
 全 体 会………………………………………………長谷川貴彦・横田冬彦(36)
 古代史部会………………………………………………大日方克己・藤川和俊(38)
 中世史部会…………………………………………………薗部寿樹・神田千里(40)
 近世史部会……………………………………………………………高野信治(42)
 近代史部会…………………………………………………今西 一・蝶野立彦(45)
 現代史部会…………………………………………………梶川伸一・内山雅生(49)
 合同部会………………………………………長谷川岳男・中町信孝・徳橋 曜(51)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(55)

会告
 第26期日本歴史学協会の委員選挙の結果について……歴史学研究会委員会(63)

総目次:『歴史学研究』Nos.810~822(2006年1月~12月)……………………(57)

821号 2006年11月号  

特集 「近世化」を考える(1)
特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
日本における近世社会の形成……………………………………… 池上裕子(2)
東アジア世界における日本の「近世化」……………………………宮嶋博史(13)
 -日本史研究批判-
中国史における「近世」の概念………………………………………岸本美緒(24)
犯罪と治安からみた近世中国…………………………………………太田出(36)
インド近世をどう理解するか……………………………………………水島司(47)
ドイツ諸侯軍の近世的変容……………………………………………皆川卓(59)
 -プファルツ選帝侯の軍事権力を例に-

史料・文献紹介………………………………………………………………(74)

820号  2006年増刊号

2006年度大会報告によせて……………………………………委員長 木畑 洋 一 

全体会 いま,歴史研究に何ができるか――マルチメディア時代と歴史意識
  権力・メディア・歴史実践………………………………………………… 安村直己
    ―グローバル化と植民地期メキシコにおける歴史の生産     
歴史と主体形成――書物・出版と近世日本の社会変容……………… 若尾政希
  コメント…………………………………………………………………… 加藤博
   全体会討論要旨 

古代史部会 古代国家の支配と空間
  日本古代国家形成期の都鄙間交通―駅伝制の成立を中心に…………中村太一
  黄河と中国古代史―とくに黄河下流域という「空間」の意義について … 浜川栄
    古代史部会討論要旨 

中世史部会 宗教と寺社にみる中世の地域社会
  中世前期における地域社会と宗教秩序………………………………苅米一志
  15~16世紀における地域社会の変動と寺社 …………………………鍛代敏雄
    ―都市と交通の「場」をめぐって
    中世史部会討論要旨

近世史部会 歴史意識からみえる近世―近世の国家・社会と「秩序」Ⅱ
   問題提起………………………………………………近世史部会運営委員会 
  近世後期における大名家の由緒 ―長州藩を事例として……………… 岸本覚
  近世後期の地域社会における藩主信仰と民衆意識 ……………… 引野亨輔
    近世史部会討論要旨

近代史部会 「宗教/世俗」の近代
  18世紀後半~19世紀前半ドイツにおける国家・教会・民衆宗教………下田淳
  植民地下スリランカにおける宗教と政治 …………………………… 川島耕司
  近代日本における宗教と世俗―「土着的なるもの」の分節化………磯前順 一
   コメント…………………………………………………………………小川了
   近代史部会討論要旨

現代史部会 社会主義経験の脱神話化―新たな体制の構築と地域社会の変容
  戦後東ドイツ農村の「社会主義」……………………………………… 足立芳宏
    ―農業集団化のミクロ史分析
  中国農村における革命と社会主義経験……………………………… 田原史起
―地域社会の「原子化」と「組織化」
   コメント……………………………………………………………………森武麿
   現代史部会討論要旨

合同部会 前近代におけるメディア
  小アジアにおけるギリシア語・ラテン語併用碑文………………………志内一興
    ―社会言語学的考察の試み
  ハディース学関連知識の受容と利用…………………………………森山央朗
  近世イタリアにおける「古典の教養」とメディア…………………………北田葉子
   コメント ………………………………………………………………… 岡崎敦
   合同部会討論要旨

特設部会 歴史研究と教科書叙述
  2005年版『新しい歴史教科書』と教科書叙述……………………大門正克
  『新しい歴史教科書』の問題点…………………歴史学研究会
                               教科書ワーキンググループ
   特設部会討論要旨

編集後記

819号 2006年10月号

論 文
イングランドにおける常備軍の成立………………………………… 辻本諭(1)

研究ノート
植民地朝鮮の師範学校における「内地人」生徒…………………山下達也(23)

研究動向
『御料地史稿』と王家領研究………………………………………野口華世(32)

批判と反省
「古い」帝国論から「新しい」帝国論へのメッセージ………………吉村忠典(42)

時 評
教育基本法の危機………………………………………………世取山洋介(48)

書 評
伊藤之雄『昭和天皇と立憲君主制の崩壊』…………………………瀬畑源(58)
朴宣美『朝鮮女性の知の回遊』………………………………………宋連玉(60)

818号 2006年9月号

論 文
日米和親条約締結期における幕府の対外方針について………………麓慎一(1)
戦後日本の東南アジア移民送出計画とイギリス……………………都丸潤子(18)

研究動向
戦後の終焉?-シェフィールド大学ワークショップ(2006年2月)をめぐって
 「戦後」を語る言説とむきあうこと………………武田宏子、グレン・D・フック(35)
 終わった戦後と終わらない戦後……………………………………中村政則(38)

書 評
森武麿『戦間期の日本農村社会』……………………………………山本公徳(43)
石島紀之・久保 亨編『重慶国民政府史の研究』……………………林幸司(46)
吉村慎太郎『イラン・イスラーム体制とは何か』………………………桜井啓子(50)

会務報告
2006年度歴史学研究会総会の報告……………………歴史学研究会委員会(54)


史料・文献紹介………………………………………………………………(62)

817号 2006年8月号

論 文
前期北魏国家の支配構造…………………………………………岡田和一郎(1)
イギリス関税改革論争再考…………………………………………松永友有(17)

研究動向
ヴィシー政権下の植民地……………………………………………松沼美穂(36)

書 評
服藤早苗『平安王朝社会のジェンダー』………………………… 野口孝子(44)
渡辺尚志編『藩地域の構造と変容』………………………………深谷克己(47)
安井三吉『帝国日本と華僑』………………………………………斯波義信(50)
中村元哉『戦後中国の憲政実施と言論の自由 1945-49』………松田康博(52)
大沼保昭『在日韓国・朝鮮人の国籍と人権』…………………… 田中 宏(56)
石田勇治『20世紀ドイツ史』/井関正久『ドイツを変えた68年運動』
武井彩佳『戦後ドイツのユダヤ人』/川喜田敦子『ドイツの歴史教育』
 ………………………………………………………………………小原淳(58)

史料・文献紹介………………………………………………………………(62)

816号  2006年7月号                

論 文
福原遷都をめぐる政治………………………………………………………高橋昌明(1)
 -治承2年(1178)から同4年8月末まで-
第一次大戦期のオーストリアにおける国家と子ども……………………江口布由子(17)
 -「父を失った社会」の児童福祉-

研究動向
運動史研究の”原体験”……………………………………………………須田努(33)

批判と反省
地方史研究の意味とはなにか……………………………………………松浦義弘(43)
 -竹中幸史『フランス革命と結社』(2005)を読んで-

書 評
則竹雄一『戦国大名領国の権力構造』……………………………………峰岸純夫(51)
松下孝昭『近代日本の鉄道政策』…………………………………………重松正史(53)
櫻井 清『日本自動車産業の発展』(上・下)………………………………呂寅満(56)
飯島 渉『マラリアと帝国』…………………………………………………福士由紀(58)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(61)



815号  2006年6月号                   

特集 第20回国際歴史学会議シドニー大会
第20回国際歴史学会議について……………………………………木畑洋一・柴宜弘(1)
個別テーマ14:教科書―国民の叙述から市民の叙述へ―
           西川正雄、エリーザベト・エーアトマン、金容徳、二村美朝子、白永瑞、
           ルイージ・カヤーニ、アンナ・クラーク、ジョゼ・E・イガルトゥア、
           アンドリー・ポルトノヴ、川喜田敦子 ………………………………(2)
個別テーマ3:近現代の中国と世界……………………………………………久保亨(43)
個別テーマ5:文化とアイデンティティの衝突―入植者と先住民―…………藤川隆男(51)
個別テーマ7:経済的グローバル化―歴史的展望と研究状況―……………秋田茂(58)
女性史研究国際連盟:女性史再考―国際的視野での女性とジェンダーの
 研究史的省察―……………………………………………………………長野ひろ子(62)
第二次世界大戦史国際委員会:20世紀における人種主義と戦争の残虐化…小菅信子(65)

書 評
吉田晶『古代日本の国家形成』………………………………………………仁藤敦史(72)
伊東貴之『思想としての中国近世』……………………………………………小島毅(75)

史料・文献紹介…………………………………………………………………………(79)


814号  2006年5月号                 

論 文
戦後内戦期における中国共産党の東北支配と対ソ交易…………………大沢武彦(1)
17世紀イギリス経済思想における貧民と植民地……………………………石井健(16)
 -ジョサイア・チャイルド『交易論』を中心に-

書 評
原宗子『「農本」主義と「黄土」の発生』………………………………………浜川栄(32)
高綱博文編『戦時上海-1937~45年-』………………………………… 久保亨(35)
中村哲編著『東アジアの歴史教科書はどう書かれているか』……………君島和彦(38)
西村成雄編『中国外交と国連の成立』………………………………………川島真(42)

談話室………………………………………………………………………………(46)

◆2006年度歴史学研究会大会報告主旨説明◆
全 体 会:いま、歴史研究に何ができるか-マルチメディア時代と歴史意識-……(48)
古代史部会:古代国家の支配と空間…………………………………………………(49)
中世史部会:宗教と寺社にみる中世の地域社会……………………………………(51)
近世史部会:歴史意識からみえる近世-近世の国家・社会と「秩序」Ⅱ-…………(52)
近代史部会:「宗教/世俗」の近代……………………………………………………(53)
現代史部会:社会主義経験の脱神話化-新たな体制の構築と地域社会の変容…(55)
合同部会:前近代におけるメディア……………………………………………………(56)
特設部会:歴史研究と教科書叙述……………………………………………………(57)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(59)

会告:2006年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ………………………………(63)

813号  2006年4月号

小特集 方法としての「オーラル・ヒストリー」再考(Ⅱ)- オーラル・ヒストリーの実践-
インタビューとアーカイヴ問題……………………………………姜徳相(1)
オーラル・ヒストリーの実践…………………………………前川佳遠理(8)
響きあう声:オーラル・ヒストリーの可能性…………………中尾知代(17)
[コメント]戦争史とオーラル・ヒストリアン…………………… 中野聡(30)

論 文
16世紀ルーアンの都市防衛体制に見る治安行政と祝祭…永井敦子(33)

研究動向
日韓会談研究の現状と課題…………………………………吉澤文寿(48)

書 評
内海愛子・石田米子・加藤修弘編
『ある日本兵の二つの戦場』………………………………松村高夫(56)
藤内哲也『近世ヴェネツィアの権力と社会』………………和栗珠里(59)

史料・文献紹介………………………………………………………(62)

812号  2006年3月号

論 文
日本中世の利息制限法と借書の時効法…………………………井原今朝男(1)
西村茂樹『日本道徳論』の形成過程………………………………真辺将之(18)

研究動向
中近世移行期日本の貨幣流通史研究を振り返って………………川戸貴史(36)

書 評
牧原成征『近世の土地制度と在地社会』…………………………稲葉継陽(44)
青井哲人『植民地神社と帝国日本』………………………………青野正明(47)
小池聖一『満州事変と対中国政策』………………………………小林啓治(50)
シンジルト『民族の語りの文法』……………………………………渡邊日日(53)
若尾祐司・羽賀祥二編『記録と記憶の比較文化史』…………………小関隆(57)

史料・文献紹介………………………………………………………………(60)

811号  2006年2月号

小特集 方法としての「オーラル・ヒストリー」再考(Ⅰ) - オーラル・ヒストリーへの接近-
小特集によせて……………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
オーラル・ヒストリーの対話性と社会性…………………………………桜井厚(2)
フィールドワークと歴史学………………………………………………清水透(11)
コメント 歴史学からの接近、歴史学への接近……………………大門正克(20)

論 文
護法運動期における戴季陶の日本観…………………………………張玉萍(23)
フランス革命における新聞版画とテキスト……………………………平正人(36)

書 評
川合 康『鎌倉幕府成立史の研究』…………………………………古澤直人(50)
清水克行『室町社会の騒擾と秩序』…………………………………早島大祐(53)
青木純一『結核の社会史』……………………………………………飯島渉(57)
皆川 卓『等族制国家から国家連合へ』……………………………神寶秀夫(60)

810号  2006年1月号

特集 異なる宗教・宗派が織りなす社会(Ⅲ)
論 文
16・17世紀フランスの宗派共存………………………………………和田光司(1)

論 文
中日の支配論理と近世琉球…………………………………………渡辺美季(12)
1920-30年代北満洲を中心とする労働力移動の変容 …………… 荒武達朗(29)

書評
栄原永遠男『紀伊古代史研究』………………………………………中村修也(45)
平野哲也『江戸時代村社会の存立構造』……………………………渡辺尚志(48)
黒川みどり『つくりかえられる徴
 -日本近代・被差別部落・マイノリティ-』……………………………友常勉(51)
阪東 宏『世界のなかの日本・ポーランド関係 1931-1945』 ………宮地正人(54)

史料・文献紹介………………………………………………………………(58)