809号  2005年12月号

特集 異なる宗教・宗派が織りなす社会(Ⅱ)
論 文
スーフィー聖者廟信仰と宗教アイデンティティー…………………………三尾稔(1)
反寛容の構築……………………………………………………………那須敬(15)
 -イングランド革命期の異端論争を再考する-

書 評
青木隆浩『近代酒造業の地域的展開』…………………………………天野雅敏(28)
植村和秀『丸山眞男と平泉澄』…………………………………………栗原茂幸(30)
森本芳樹『比較史の道』…………………………………………………鶴島博和(33)

◆2005年度歴史学研究会大会報告批判◆
全体会…………………………………………………………………栗田禎子(38)
古代史部会……………………………………………………西本昌弘・小林聡(40)
中世史部会……………………………………………………………井原今朝男(42)
近世史部会……………………………………………………………高埜利彦(44)
近代史部会……………………………………………………秋山晋吾・石居人也(47)
現代史部会………………………………………………………………黒川みどり(50)
合同部会………………………………齋藤貴弘・足立広明・森山央朗・北村直昭(52)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(57)

総目次『歴史学研究』Nos. 797~809(2005年1月~12月)……………………(59)

808号  2005年11月号

特集 異なる宗教・宗派が織りなす社会(Ⅰ)
特集によせて………………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
日本における宗教的対立と共存…………………………………………澤博勝(2)
 -近世を中心に-
天道教の正統運動………………………………………………………趙景達(14)
 -異端と民衆の排除-
「洋教」という他者…………………………………………………………孫江(27)
 -19世紀後半におけるキリスト教と中国社会-
もう一つの「フス派の国」………………………………………………薩摩秀登(38)
 -近世初頭モラヴィアの宗教事情-
オランダの建国と宗教的寛容………………………………………桜田美津夫(48)

書 評
高橋一樹『中世荘園制と鎌倉幕府』…………………………………高橋典幸(59)
吉田文・広田照幸編『職業と選抜の歴史社会学』…………………… 禹宗■(62)
岡本隆司『属国と自主のあいだ』………………………………………金鳳珍(65)
小倉欣一編『近世ヨーロッパの東と西』……………………………野々瀬浩司(69)
長沼秀世『アメリカの社会運動』……………………………………秋元英一(72)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(76)

※禹氏の■は、「きへん」に「元」。

807号  2005年増刊号

2005年度大会報告によせて………………………………………………委員長 木畑洋一(1)

全体会 イスラームとアメリカ―民主主義という眩惑
 ナショナリズムとしてのイスラーム―聖地エルサレムをめぐる政治 …………… 臼杵陽(2) 
 「理念国家」を問い直すこと―アメリカ合衆国をめぐる歴史認識………………… 中條献 (10)
  コメント……………………………………………………………… ……………徐京植(19)
  全体会討論要旨(23)

古代史部会 古代王権の構造と支配秩序(Ⅱ)
 天皇即位儀礼からみた古代の国家と社会………………………………………藤森健太郎(26)
 対匈奴関係からみた漢朝支配体制の推移と確立………………………………阿部幸信(34)
   古代史部会討論要旨(42)

中世史部会 中世の荘園制と地域社会
  14世紀の地域社会と荘園制 ………………………………………………………小川弘和( 45)
 「応永の検注帳」と中世後期荘園制 ………………………………………………岡野友彦( 53)
  中世史部会討論要旨(62)

近世史部会 近世の国家・社会と「秩序」
 問題提起 ……………………………………………………………近世史部会運営委員会( 66)
 近世における触穢観念と政治秩序―為政者の死と穢……………………………中川 学( 67)
 キリシタン禁制と異端的宗教活動………………………………………………… 大橋幸泰(76)
   近世史部会討論要旨(85)

近代史部会 近代化における「伝統的」民衆運動の再検討
 語られる手段としての暴力―甲州騒動・世直し騒動,そして秩父事件………………須田努( 88)
 ビルマ農民大反乱(1930~1932年)に関する一考察―農民蜂起の意識過程 …… 伊野憲治(97)
 1930年代スペインの農民運動――持続と変容……………………………………中塚次郎( 104)
  コメント ……………………………………………………………南塚信吾(113) 太田好信(116)
  近代史部会討論要旨(118)

現代史部会 複合的視角から見た戦後日本社会―高度経済成長の外縁
在日朝鮮人女性にとっての戦後30年 …………………………………………………宋連玉(122)
 戦後大阪の都市政治における社会的・空間的排除と包摂…………………………水内俊雄(129)
   ―部落民,在日コリアン,日雇労働者等との関連において
  コメント ……………………………………………………………………………大辻千恵子(140)
   現代史部会討論要旨(143)

合同部会 ギリシア文化の伝播と受容
 古代ギリシア像と「神話」をめぐる精神史………………………………………… 庄子大亮(146)
 10世紀の西方とビザンツ文化 …………………………………………………… 竹部隆昌(154)
 古代ギリシア哲学・科学のシリア語世界における受容……………………………髙橋英海(162)
 クレモナのゲラルドゥスとアリストテレス……………………………………………熊倉庸介(170)
  コメント……………………………………………………………………………高田康成(180)
  合同部会討論要旨(182)

特設部会 日本歴史学の未来―日本学術会議の再編から
 日本学術会議の歴史と現状………………………………………………………小谷汪之(185)
  コメント1……………………………………………………………安田浩(187) 松尾正人(188)
  特設部会討論要旨(190)

 編集後記(192)

806号 2005年10月号

論 文
「自律性」獲得過程期(1889-1919年)の日本外務省…………………………千葉功(1)
清末民初の政争における地域対立の構図…………………………………佐藤仁史(19)

リレー特集 「歴史学」のいま
歴史とはなにか…………………………………………………………………鹿島徹(36)

書 評
山岸常人『中世寺院の僧団・法会・文書』…………………………………井原今朝男(44)
由井正臣編『幕末維新期の情報活動と政治構想』…………………………松尾正人(47)
広瀬玲子『国粋主義者の国際認識と国家構想』……………………………和田守(50)
吉見義明『毒ガス戦と日本軍』………………………………………………常石敬一(53)

学界だより
アジアにおけるヨーロッパ中世史研究………………………………………堀越宏一(57)
 ―第5回日韓西洋中世史シンポジウム参加記―

史料・文献紹介…………………………………………………………………………(61)

805号 2005年9月号

論 文
収制度の廃止にみる前漢文帝刑法改革の発端…………………………………石岡浩(1)

研究動向
マックス・ヴェーバーを視野に歴史を書く……………W・シュヴェントカー 浅田進史訳(18)
 -W・J・モムゼン、1930-2004-

批判と反省
菊池一隆氏の批判にお答えする………………………………………………安井三吉(27)
 -拙著『柳条湖事件から盧溝橋事件へ』の書評に接して-

リレー特集 「歴史学」のいま
ポスト・コロニアリティと歴史意識………………………………………………酒井直樹(30)
 -「時間の遅れ」と希望をめぐって-

書 評
中村英重『古代氏族と宗教祭祀』……………………………………………中村友一(49)
田村 均『ファッションの社会経済史』……………………………………… 人見諭典(52)
井野瀬久美恵『植民地経験のゆくえ』………………………………………光永雅明(55)

会務報告
2005年度歴史学研究会総会の報告…………………………歴史学研究会委員会(52)

史料・文献紹介…………………………………………………………………………(59)

会告「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書が教育の場に持ち込まれることに反対する
    共同声明…………………………………………………………………………(62)

804号 2005年8月号

論 文
近代日本における「慈善」と「不穏」……………………………………大川啓(1)
  -1890年の秋田市における米価騰貴への対応を中心に-
羽仁もと子の思想形成と理想社会…………………………………林美帆(19)
  -自由・協力・愛-
唐宋間の徽州における同族結合の諸形態………………………山根直生(37)

書 評
 平野聡『清帝国とチベット問題』………………………………石濱裕美子(57)

史料・文献紹介………………………………………………………………(60)

803号 2005年7月号

論 文
近世神主と幕府権威……………………………………………………靱矢嘉史(1)
横浜大同学校と孔教……………………………………………………藤谷浩悦(17)
清末民初の国旗をめぐる構想と抗争………………………………小野寺史郎(33)

書 評
坂元ひろ子『中国民族主義の神話』…………………………………岩間一弘(49)
西村成雄『20世紀中国の政治空間』…………………………………金子 肇(52)
永井三明『ヴェネツィアの歴史』………………………………………藤内哲也(55)

史料・文献紹介………………………………………………………………(59)

会告 2005年度教科書問題の現状と委員会の取り組み……………………(63)

802号   2005年6月号 

特集 東アジア植民地における「近代」
問題提起-東アジア植民地の「近代」を問うことの意義-……高岡裕之・三ツ井崇(1)
論 文
キャッチ・アップ過程としての韓国経済成長史………………………………安秉直(6)
植民地期朝鮮における言語運動の展開と性格…………………………三ツ井崇(19)
 -1920~30年代を中心に-
日本植民地統治下の台湾人による非営利の映画上映活動…………三澤真美恵(30)
「植民地近代」を考える……………………………………………………前川一郎(43)
 -イギリス帝国史再考のための覚書き-

批判と反省
永原慶二氏の歴史学と民衆……………………………………………………池享(55)

書 評
岩根承成『群馬事件の構造』………………………………………………清水吉二(62)
梅田俊英・高橋彦博・横関 至『協調会の研究』…………………………山本公徳(64)
外村 大『在日朝鮮人社会の歴史学的研究』……………………………樋口雄一(68)
桐本東太『中国古代の民俗と文化』………………………………………齋藤道子(71)
宮松浩憲『金持ちの誕生』…………………………………………………黒川正剛(74)

談話室…………………………………………………………………………………(77)

801号 2005年5月号 

論 文
松岡外交と日ソ国交調整…………………………………………………森茂樹(1)

研究ノート
石母田正の在地理論と古代・中世史学…………………………………梅村喬(19)

リレー特集 「歴史学」のいま
歴史記述と倫理…………………………………………………………上村忠男(28)

書 評
小林清治『奥羽仕置と豊臣政権』・『奥羽仕置の構造』………………遠藤ゆり子(33)
平田雅博『内なる帝国 内なる他者』……………………………………木畑洋一(36)
近藤潤三『統一ドイツの政治的展開』……………………………………木戸衛一(40)
木村和男『毛皮交易が創る世界』…………………………………………川北稔(43)
談話室(800号記念・続)…………………………………………………………(46)

◆2005年度歴史学研究会大会報告主旨説明◆
全 体 会:イスラームとアメリカ--民主主義という眩惑………………………(48)
古代史部会:古代王権の構造と支配秩序Ⅱ…………………………………… (49)
中世史部会:中世の荘園制と地域社会………………………………………… (50)
近世史部会:近世の国家・社会と「秩序」……………………………………… (52)
近代史部会:近代化における「伝統的」民衆運動の再検討…………………… (53)
現代史部会:複合的視角から見た戦後日本社会-高度経済成長の外縁-… (54)
合同部会:ギリシア文化の伝播と受容………………………………………… (56)
特設部会:日本歴史学の未来-日本学術会議の再編から-…………… … (57)
史料・文献紹介……………………………………………………………………(59)
会告:2005年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ………………………… (63)

800号 2005年4月号 

                        
論 文
清末における「南洋」領事増設論議……………………………………青山治世(1)
アメリカ合衆国の高等教育機関における「割当制」廃止運動と
ユダヤ人団体……………………………………………………………北美幸(19)

書 評
久留島浩『近世幕領の行政と組合村』…………………………………岩城卓二(36)
新井勝紘編『自由民権と近代社会』……………………………………横山真一(39)
田原史起『中国農村の権力構造』………………………………………三品英憲(42)
踊 共二『改宗と亡命の社会史』………………………………………岩井隆夫(46)
田野慶子『ドイツ資本主義とエネルギー産業』………………………三ツ石郁夫(49)

談話室(800号記念)……………………………………………………………(53)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(61)

799号 2005年3月号                      

論 文
第一次世界大戦後日本の音楽教育運動………………………………上田誠二(1)
国立小学校とハンガリー化……………………………………………渡邊昭子(21)

研究ノート
香港における初期株式会社と華人投資………………………………金田真滋(39)

書 評
若尾政希『安藤昌益からみえる日本近世』…………………………深谷克己(49)
山田雅彦『中世フランドル都市の生成』………………………………岡崎敦(52)
金七紀男『エンリケ航海王子』………………………………………合田昌史(55)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(59)

798号  2005年2月号

論 文
外務省「大東亜共栄圏」構想の形成過程…………………………………河西晃祐(1)

研究動向
近代帝国としてのオスマン帝国…………………………………………秋葉淳(22)

批判と反省
佐々木潤之介さんの日本近世史研究……………………………………青木美智男(31)
ハインツ・マウル氏の博士論文「日本とユダヤ人」と
 その和訳本を検証する…………………………………………………金子マーティン(37)

書 評
永田英明『古代駅伝馬制度の研究』………………………………………門井直哉(45)
根本誠二『天平期の僧侶と天皇』………………………………………長谷部将司(48)
佐藤博信『中世東国日蓮宗寺院の研究』………………………………黒田基樹(51)
伊藤 毅『都市の空間史』………………………………………………仁木宏(54)
小林啓治『国際秩序の形成と近代日本』…………………………………酒井哲哉(58)
安野正明『戦後ドイツ社会民主党史研究序説』………………………岡田一郎(61)

797号  2005年1月号

論 文
膠州湾租借地における「中国人」(1897-1914)…………………………浅田進史(1)
 -ドイツ植民地法と植民地政策の関連から-
植民地期朝鮮における朝鮮人下級職員の意識構造……………………松本武祝(18)

研究ノート
フランシスコ・ザビエルの天皇・将軍認識…………………………………松本和也(35)

書 評
若狭蔵之助『秩父事件』…………………………………………………高島千代(45)
安井三吉『柳条湖事件から盧溝橋事件へ』……………………………菊池一隆(48)
三谷憲正『オンドルと畳の国』………………………………………………石田徹(52)
小倉欣一編『ヨーロッパの分化と統合』…………………………………甚野尚志(55)
浜 忠雄『カリブからの問い』……………………………………………青木芳夫(58)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(60)

会告:お知らせ 第3回日韓合同歴史研究シンポジウム
-2005年教科書問題・教育者交流・朝鮮史研究の歴史的位置-…………(61)