796号  2004年12月号

論 文
9・10世紀敦煌の牧羊代行業について……………………………………齋藤勝(1)

批判と反省
オールコックは対馬占領を言わなかったか………………………………保谷徹(16)
 -1861年ポサドニック号事件における英国の対応について-
近現代中国華北農村社会研究再考……………………………………内山雅生(22)
 -拙著『現代中国農村と「共同体」』への批判を手がかりとして-

書 評
奈倉文二・横井勝彦・小野塚知二『日英兵器産業とジーメンス事件』……畑野勇(29)
田村紀雄『エスニック・ジャーナリズム』……………………………………田中景(32)

★2004年度歴史学研究会大会報告批判★
全体会…………………………………………………………………吉澤誠一郎(36)
古代史部会………………………………………………… 北康宏・安部聡一郎(38)
中世史部会…………………………………………………………………市沢哲(41)
近世史部会………………………………………………………………高木昭作(44)
近代史部会……………………………………………… 平野千果子・丸川哲史(46)
現代史部会………………………………………………………………栗原るみ(48)
合同部会………………………………………倉橋良伸・杉崎泰一郎・中村妙子(51)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(55)

総目次『歴史学研究』Nos.784~796(2004年1月~12月)…………………………(59)


795号  2004年11月号

特集 史料論の射程-歴史家は史料とどのように向き合っているのか
特集によせて………………………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
物質文化資料としての考古資料……………………………………………………溝口孝司(2)
日本統治期の朝鮮における〈史学〉と〈史料〉の位相……………………………永島広紀(11)
サイイド/シャリーフ系譜文献『系譜の真髄』とその背景…………………………森本一夫(21)
 -12世紀後半のホラーサーンにおける一史料の生成-
メロヴィング期にカピトゥラリアはあったのか…………………………………………加納修(32)
 -フランク時代の国王命令と文書類型-
文書史料刊行とは何であったか …………………………………………………舟橋倫子(44)
 -アフリヘム修道院関係文書の事例を通じて-

批判と反省
網野史学の成果と課題……………………………………………………………義江彰夫(55)

書 評
松本政春『律令兵制史の研究』…………………………………………………川尻秋生(64)
櫻井良樹『帝都東京の近代政治史』……………………………………………中嶋久人(67)
鍋谷郁太郎『ドイツ社会民主党と地方の論理』…………………………………竹中 亨(70)
岩田昌征『社会主義崩壊から他民族戦争へ』…………………………………岡田一郎(72)

史料・文献紹介………………………………………………………………………………(76)

会告:東京都教育委員会の扶桑社版『新しい歴史教科書』の採択に抗議し、
    その撤回とやり直しを強く求める要請書……………………………………………(75)

794号 2004年増刊号

2004年度大会報告によせて………………………………………………委員長 木畑洋一(1)

全体会 グローバル権力としての「帝国」
 「帝国」史へのデッサン -緒論の緒論として……………………………………杉山正明(2)
 イギリス帝国と国際秩序 …………………………………………………………… 秋田茂(6)
  コメント……………………………………………………………渡辺治(15)…栗田禎子(16)
  全体会討論要旨(17)

古代史部会 古代王権の構造と支配秩序
 「天下」論…………………………………………………………………………河内春人(22)
 漢代専制的皇帝権の形成過程……………………………………………………山田智(31)
  古代史部会討論要旨(37)

中世史部会 荘園制の変容と中世社会
 荘園制の変質と公武権力………………………………………………………高橋一樹(40)
 荘園制と室町社会 …………………………………………………………… 清水克行(49)
  中世史部会討論要旨(59)

近世史部会 社会の近世化 -個・集団と規範
 問題提起………………………………………………………近世史部会運営委員会(63)
 近世身分制社会における実力行使と法規範…………………………………谷口眞子(64)
 兵農分離像の再検討…………………………………………………………牧原成征(72)
  近世史部会討論要旨(81)

近代史部会 帝国と地域主義
 戦間期日本の国際秩序論……………………………………………………酒井哲哉(84)  
 戦後初期イギリスの東南アジア認識(1945-1960) ……………………… 都丸潤子(92)
  コメント………………………………………………………………………戸邊秀明(101)
  近代史部会討論要旨(102)

現代史部会 ジェンダーの視点から見た1960年代社会
 企業社会の形成とジェンダー秩序 -日本の1960年代 …………………木本喜美子(105)
 メディアと女性 -1960年代ニュージーランドの「揺れる」女性像 ………… 原田真見(119)
 ひとつではないフェミニズム-1960年代のアメリカの
  女性解放運動を通して…………………………………………………… 吉原令子(127)
  コメント………………………………………………………大門正克(136) 兼子歩(138)
   現代史部会討論要旨(139)

合同部会 「ローマ」概念の2000年
 表象の帝国 -「ローマ理念」のルーツ ………………………………… 長谷川岳男(143)
 「甦るローマ」-中世の教皇権と即位儀礼 …………………………………甚野尚志(155)
 ルーム遠征とカリフ政権 -コンスタンティノープル攻撃から
捕虜交換式まで…………………………………………………………… 太田敬子(163)
    合同部会討論要旨(173)

編集後記(177)

793号  2004年10月号  

論 文
武断統治期における朝鮮人憲兵補助員・巡査補の考察…………………慎蒼宇(1)
中華人民共和国建国初期の国家による物資掌握過程………………泉谷陽子(18)

研究ノート
東フランク王国における国王即位儀礼書の起草………………………船木順一(37)

書 評
黒田基樹『中近世移行期の大名権力と村落』…………………………神田千里(51)
柳田節子『宋代庶民の女たち』…………………………………………小川快之(54)
齊藤寛海『中世後期イタリアの商業と都市』…………………………三森のぞみ(56)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(60)

792号  2004年9月号                 

論 文
都市民衆騒擾期の出発……………………………………………………藤野裕子(1)
 -再考・日比谷焼打事件-
天皇制と進化論……………………………………………………………右田裕規(17)
 -近代日本の統治機構による進化論への対応の変遷-

研究動向
ホブスン『帝国主義』100年と現代…………………………………………竹内幸雄(33)

書 評
泉谷康夫『記紀神話伝承の研究』……………………………………… 三宅和朗(42)
高橋 実『助郷一揆の研究』…………………………………………………須田努(44)
小松 裕『田中正造の近代』……………………………………………………林彰(47)
尹明淑『日本の軍隊慰安所制度と朝鮮人軍隊慰安婦』……………………金富子(50)

会務報告
2004年度歴史学研究会総会の報告………………………………………………(54)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(62)

791号 2004年8月号                        

論 文
日本における社会民主主義の社会的形成……………………………………山本公徳(1)

研究ノート
叢林と夷中……………………………………………………………………斎藤夏来(18)
 --諸山・十刹の住持補任分析--

研究動向
アメリカ合衆国から見たフランス革命
   ……………………………メルヴィン・エーデルスタイン 早川理穂・遅塚忠躬訳(34)

書 評
熊田亮介『古代国家と東北』………………………………………………武廣亮平(44)
深谷幸治『戦国織豊期の在地支配と村落』……………………………長谷川裕子(47)
関 周一『中世日朝海域史の研究』………………………………………須田牧子(50)
丹下 栄『中世初期の所領経済と市場』…………………………………山田雅彦(53)
高橋清徳『国家と身分制議会』……………………………………………中堀博司(56)

談話室………………………………………………………………………………(60)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(62)

790号 2004年7月号

特集 アーカイブズの比較史(Ⅱ)
論 文
離散するアーカイブとウクライナ史……………………………………光吉淑江(1)
明治~昭和戦前期における萩藩勘場文書と郡役所文書の保存と伝来について
  ……………………………………………………………………山崎一郎(14)
批判と反省
戦時江南図書「掠奪説」誕生の歴史的背景………………………金丸裕一(25)


論 文
『杭州白話報』のなかの「我々」と「彼ら」…………………………久保田善丈(33)
 -近代中国における「植民地主義」の内面化をめぐって- 

書 評
摂河泉古代寺院研究会『行基の考古学』……………………………若井敏明(48)
成田龍一『近代都市空間の文化体験』………………………………重松正史(51)
五井直弘『中国古代の城郭都市と地域支配』………………………義江彰夫(54)
陣内秀信・新井勇治編『イスラーム世界の都市空間』…………………羽田正(58)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(61)

789号  2004年6月号

特集 アーカイブズの比較史(I)
特集によせて……………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
日本近代町村文書の形成とその特質……………………………………丑木幸男(2)
ビルマ・アーカイブズ小史…………………………………………………斎藤照子(13)
 -経蔵から公文書館ヘ-
モンゴルにおける“歴史の見なおし"とアーカイブズの公開 ……………二木博史(24)
アメリカ合衆国東欧移民のアーカイブズ…………………………………山本明代(31)
藍山蜂起と「藍山実録』編纂の系譜……………………………………八尾隆生(42)
 -早咲きのヴェトナム「民族主義」-
近代中国における文物事業の展開……………………………………吉開将人(52)
 -制度的変遷を中l山に-
記録史料学の現状と課題………………………………………………神谷 智(63)
 -書評:国文学研究資料館史料館『アーカイブズの科学(上・下)』-

書 評
河音能平『天神信仰の成立』……………………………………………竹内光浩(67)
伊藤定良『ドイツの長い19世紀』…………………………………………尾崎修治(70)
山口二郎・石川真澄編『日本社会党』……………………………………岡田一郎(72)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(76)

788号  2004年5月号     

論 文
大衆消費者の「欲望」とドイツ社会主義運動……………………………岩佐幸治(1)

研究ノート
保健衛生調査会発足への道………………………………………………中馬愛(16)

批判と反省
方法論は転回したのか……………………………………………………早川紀代(27)
 -歴史学研究会『現代歴史学の成果と課題 1980-2000年』についての所感-

書 評
福田アジオ『近世村落と現代民俗』………………………………………大藤修(34)
菊池一隆『日本人反戦兵士と日中戦争』………………………………堀井弘一郎(37)
呉暁林『毛沢東時代の工業化戦略』 ……………………………………泉谷陽子(40)
北田葉子『近世フィレンツェの政治と文化』………………………………徳橋曜(44)
渡辺和行『フランス人とスペイン内戦』……………………………………深澤安博(47)

◆2004年度歴史学研究会大会報告主旨説明◆
全 体 会:グローバル権力としての「帝国」…………………………………………(52)
古代史部会:古代王権の構造と支配秩序……………………………………………(53)
中世史部会:荘園制の変容と中世社会………………………………………………(56)
近世史部会:社会の近世化--個・集団と規範--………………………………(57)
近代史部会:帝国と地域主義………………………………………………………(58)
現代史部会:ジェンダーの視点から見た1960年代社会……………………………(59)
合同部会:「ローマ」概念の2000年…………………………………………………(61)

会告:大学入試センター問題作成委員の氏名公表問題についての声明………(51)

2004年歴史学研究会総会・大会のお知らせ………………………………………(63)

787号 2004年4月号                       

論 文
19世紀前半プロイセンにおける国家と地域……………………………割田聖史(1)

研究ノート
戦時農地統制は守られたか……………………………………………坂根嘉弘(19)

研究動向
ブラントの東方政策に関する研究動向…………………………………妹尾哲志(28)

批判と反省
中日゛戦争交流゛と近代化……………………………………………………范力(38)
 -萩原 充氏に答える-

書 評
長野ひろ子『日本近世ジェンダー論』…………………………………大口勇次郎(41)
阿部 昭・長谷川伸三編『明治維新期の民衆運動』……………………落合延孝(44)
土方苑子『東京の近代小学校』 …………………………………………木下路子(47)
芹沢一也『〈法〉から解放される権力
 -犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー-』……………………米谷匡史(50)
何義麟『二・二八事件-「台湾人」形成のエスノポリティクス-』…………洪郁如(53)
小松香織『オスマン帝国の海運と海軍』………………………………江川ひかり(56)

学界だより
「公開討論会 国史の解体に向けて」参加記……………………………原智弘(60)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(62)

786号  2004年3月号                       

論 文
一門評定の展開と幕府裁判…………………………………………………田中大喜(1)
カール・フォン・オシエツキーの平和主義…………………………………竹本真希子(18)

研究ノート
大蔵公望の対満国策論…………………………………………………………河原円(34)

書 評
佐藤千登勢『軍需産業と女性労働』………………………………………塩田咲子(45)
小沢節子『「原爆の図」-描かれた〈記憶〉、語られた〈絵画〉-』
      ……………………………………………………………………荒井信一(48)
吉澤誠一郎『愛国主義の創成-ナショナリズムから近代中国をみる-』
                          ……………………………坂元 ひろ子(51)
花田洋一郎『フランス中世都市制度と都市住民』…………………………中野忠(54)
松田博『グラムシ研究の新展開』…………………………………………藤岡寛己(57)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(61)

785号  2004年2月号     

小特集 16~17世紀における軍事技術の発達・交流と価値観
小特集によせて………………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
鉄炮にみる南蛮文化の到来…………………………………………………宇田川武久(2)
鉄砲はいつ、だれが、どこに伝えたか………………………………………村井章介(11)
オスマン朝における火器技術と国家の変容…………………………………宮武史郎(17)
16~17世紀における鉄炮の使用……………………………………………藤本正行(25)
 -書評:宇田川武久『江戸の炮術』・『鉄砲と戦国合戦』-
史料・文献紹介…………………………………………………………………………(30)

論 文
アヘンの国際的取締りとイギリス帝国………………………………………後藤春美(31)

書 評
小林信也『江戸の民衆世界と近代化』…………………………………………加藤貴(49)
富坂キリスト教センター『女性キリスト者と戦争』………………………………一色哲(52)
竹内幸雄『自由貿易主義と大英帝国』………………………………………前川一郎(55)
フランコ・フェラレージ著/高橋 進監訳
 『現代イタリアの極右勢力
  -第二次大戦後のイタリアにおける急進右翼-』……………………村上信一郎(58)

談話室…………………………………………………………………………………(62)

史料・文献紹介………………………………………………………………………(63)

784号 2004年1月号    

論 文
帝国議会開設後の保守党中正派……………………………………………真辺将之(1)
漢帝国の内臣―外臣構造形成過程に関する一試論 ………………………阿部幸信(20)
近代「スロヴァキア国民」概念と「社団国家」…………………………………中澤達哉(37)

書 評
洪郁如『近代台湾女性史』…………………………………………………広瀬玲子(54)
望田幸男編『近代ドイツ=資格社会の展開』………………………………広田照幸(57)

学界だより
女性史研究国際連盟主催による女性史国際会議に参加して……………平田雅博(60)