783号 2003年12月           

論 文
オーストラリア先住民の牧場退去運動…………………………………保苅実(1)
 -オーラル・ヒストリーからの接近-

研究動向
ヒルとトレヴァ=ローパーの死…………………………………………岩井淳(19)
 -イギリス革命論への足跡-

書 評
黒田明伸『貨幣システムの世界史』………………………………… 安冨歩(28)
内山雅生『現代中国農村と「共同体」』………………………………三品英憲(31)

◆2003年度歴史学研究会大会報告批判◆
全  体  会………………………………………………………………成田龍一(35)
古代史部会………………………………………………………………鈴木景二(37)
中世史部会………………………………………………………………田村憲美(39)
近世史部会……………………………………………………………… 桑原 恵(41)
近代史部会……………………………………………………………… 飯島 渉(43)
現代史部会………………………………………………………………古田元夫(45)
合同部会…………………………………岡田泰介・高橋亮介・徳橋曜・皆川卓(48)

会告
日本学術会議の会員推薦の結果について
 第25期日本歴史学協会の委員選挙の結果について……歴史学研究会委員会(54)
 都立4大学の廃止と石原都知事による「新構想」に対する抗議声明
     ………………………………………………………歴史学研究会委員会(56)

目次『歴史学研究』Nos.771~783(2003年1月~12月)…………………………(57)

782号 2003年11月                          

特集 古代国家論の現在-石母田正『日本の古代国家』発刊30年を契機として-
特集によせて…………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
問題提起-『日本の古代国家』と古代史研究の現在-……………平澤加奈子(2)
石母田古代史学の批判と継承……………………………………………吉田晶(7)
『日本の古代国家』における二元的構造論の克服と残存………………大町健(15)
『日本の古代国家』と国家論・社会論・都市論……………………………浅野充(20)
女性史研究と石母田史学……………………………………………西野悠紀子(25)
非人格的なるものの位相…………………………………………………東島誠(31)
 -石母田正『日本の古代国家』で再構成されたもの-
『日本の古代国家』と平安期の国家・社会……………………………加藤友康(37)
国際的契機と東洋的専制国家…………………………………………中林隆之(43)
朝鮮古代史における国際的契機…………………………………………木村誠(47)
中国国家史研究は進んだか……………………………………………飯尾秀幸(53)

書 評
源川真希『近現代日本の地域政治構造』………………………………安田浩(58)
鄭勝謨著/朝倉敏夫監修・林 史樹訳『市場の社会史』………………鶴園裕(61)
土肥恒之『ステンカ・ラージン』……………………………………………細川滋(64)
近藤和彦編『長い18世紀のイギリス』………………………………長谷川貴彦(67)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(72)

781号 2003年増刊号

2003年度大会報告によせて……………………………………………委員長 増谷英樹(1)

全体会 公共性再考--グローバリゼーションとナショナリズム-
「政治社会」を再想像する………………………………………テッサ・モーリス=スズキ(2)
-グローバル化時代における歴史研究のアジェンダ
文化的規範としての公共圏-王朝的秩序と国民社会の成立……………………篠原琢(16)
  コメント…………………………………………………長谷川貴彦(25) 吉澤誠一郎(27)
 全体会討論要旨(28)

古代史部会 古代国家の展開と地域社会            
古代王権と贄……………………………………………………………………亀谷弘明(31)
出挙・農業経営と地域社会…………………………………………………… 三上喜孝(39)
 古代史部会討論要旨(48)

中世史部会 中世社会の再生産構造 
中世における環境管理と惣村の成立…………………………………………高木徳郎(50)
15~17世紀における「村の成り立ち」と地域社会……………………………黒田基樹(59)
 中世史部会討論要旨(68)

近世史部会 近世の国家・社会と文化動向 
問題提起………………………………………………………近世史部会運営委員会(73)  
近世の「国学」的言説とイデオロギー状況………………………………………小野将(74)
知の国学的展開と近世後期の地域社会………………………………………小林准士(84)
 近世史部会討論要旨(92)

近代史部会 科学と帝国                     
上海自然科学研究所における研究と科学者の行動規範……………………加藤茂生(95)
熱帯医学とマラリア研究-20世紀前半の英領インド…………………………脇村孝平(103)
   コメント……………………………………………………塚原東吾(112) 米谷匡史(113)
 近代史部会討論要旨(114)

現代史部会 ヴェトナム戦争と東アジアの社会変容    
ヴェトナム戦争と日本の社会運動-べ平連運動の地域的展開を中心に…平井一臣(117)
ヴェトナム戦争と韓国経済社会の変容…………………………………………朴根好(125)
ヴェトナム戦争と文化大革命……………………………………………………朱建栄(134)
  コメント…………………………………………………油井大三郎(140)  高橋勝幸(141)
 現代史部会討論要旨(143)

合同部会 転換期における農業社会
初期ヘレニズム時代エジプトにおける在地社会の変容と農民…………………周藤芳幸(147)
ローマ帝政初期を中心とする農産物輸送費の低下と農業立地の変化…………池口守(152)
土地売買と農村社会-紀元1000年頃のスペイン北東部の事例から………… 足立孝(159)
人口増加とイングランド中世農業の変革………………………………………勘坂純市(166)
近代初期スイスにおける領邦国家化と農村社会……………………………野々瀬浩司(171)
  -ザンクト・カレンとゾーロトウルンの例を中心にして                            
 合同部会討論要旨(178)

編集後記(182)

780号 2003年10月

論 文
中世後期荘園の経済事情と納入年貢の変遷……………………………川戸貴史(1)
75春闘と財界………………………………………………………………菊池信輝(19)

リレー特集 「歴史学」のいま
「社会構成論と東アジア」再考…………………………………………保立道久(37)
書評・上村忠男『歴史的理性の批判のために』………………………友常勉(45)
 
書 評
蓑島栄紀『古代国家と北方社会』………………………………………樋口知志(50)
児島恭子『アイヌ民族史の研究』………………………………………榎森進(53)
深沢克己『海港と文明』…………………………………………………近江吉明(56)
中嶋啓雄『モンロー・ドクトリンとアメリカ外交の基盤』…………………廣部泉(59)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(62)

779号 2003年9月

小特集 近現代東アジアにおける中華民国
小特集によせて………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
今日の中華民国史研究………………………………………………… 久保亨(2)
東アジア国際政治史研究の可能性……………………………………服部龍二(8)
中華民国史における「社会」と「文化」の探求………………………吉澤誠一郎(13)
民国期中国の農村社会の変容…………………………………………奥村哲(18)
近現代東アジアにおける中華民国の歴史的意味………………………陳紅民(25)
 -ある中国の学者の感想-

リレー特集 「歴史学」のいま
言語論的展開以後の歴史学…………………………………………中村政則(29)

書 評
中西康裕『続日本紀と奈良朝の政変』…………………………………細井浩志(36)
阪東 宏『日本のユダヤ人政策 1931-1945』………………………笠原十九司(39)
李成市・早乙女雅博編『古代朝鮮の考古と歴史』……………………吉井秀夫(43)
范力『中日゛戦争交流゛研究』……………………………………………萩原充(45)
小田中直樹『歴史学のアポリア』…………………………………………丹下栄(48)

学界だより
藤原彰さんの学問について思う………………………………………由井正臣(52)

会務報告
2003年度歴史学研究会総会の報告………………………歴史学研究会委員会(54)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(63)

会告 「イラク復興特別措置法」に反対する緊急アピール…………………(62)

778号 2003年8月

論 文
高度経済成長期における脳性マヒ者運動の展開…………………………鈴木雅子(1)
南冥学派の壬辰義兵活動…………………………………………………貫井正之(18)

リレー特集 「歴史学」のいま
リレー特集によせて……………………………………歴史学研究会編集委員会(34)
存在忘却?-「二つの構築主義」をめぐって-………………………北田暁大(35)
 
書 評
西別府元日『律令国家の展開と地域社会』………………………………森田悌(41)
誉田慶信『中世奥羽の民衆と宗教』……………………………………伊藤喜良(44)
小西瑞恵『中世都市共同体の研究』……………………………………鈴木敦子(48)
五野井隆史『日本キリシタン史の研究』…………………………………村井早苗(51)
新井政美『トルコ近現代史』………………………………………………秋葉淳(53)
北原 敦『イタリア現代史研究』…………………………………………北村暁夫(56)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(60)

777号 2003年7月

特集 「帝国」への新たな視座(Ⅱ)
論 文
戦時期朝鮮における治安政策……………………………………………水野直樹(1)
アメリカ帝国とフィリピーノ……………………………………………中野聡(12)
「ディナー・パーティ」を越えるために………………………………井野瀬久美恵(23)
研究動向
南アフリカ戦争の「原因をめぐる一世紀論争」………………………前川一郎(34)

書 評
田村圓澄『古代国家と仏教経典』………………………………………三舟隆之(43)
唐亮『変貌する中国政治』………………………………………………西村成雄(46)
松塚俊三『歴史のなかの教師』…………………………………………岡崎敦(49)
垂水節子『ドイツ・ラディカリズムの諸潮流』……………………………山本秀行(52)
小倉英敬『アンデスからの暁光』 …………………………………………辻豊治(55)

談話室……………………………………………………………………………(59)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(60)

会告:オオヤマト古墳群を貫くバイパス道路計画の撤回と古墳群の
    一体的な保存を求める声明…………………………………………………(61)

776号 2003年6月

特集 「帝国」への新たな視座(I)
特集によせて………………………………………………史学研究会編集委員会(1)
論 文
現代世界と帝国論…………………………………………………………木畑洋一(2)
帝国史と国内史をつなぐ…………………………………………………平田雅博(9)
「ブリテン帝国」の成立……………………………………………………岩井淳(19)
戦間期フランスと植民地………………………………………………平野千果子(31)
「公正な帝国」から「近代中華帝国」へ……………………………………平野聡(43)
帝国との向き合いかた……………………………………………………杉原達(54)
 -中国人強制連行研究を通じて-

時 評
アメリカのイラク占領の衝撃……………………………………………栗田禎子(65)

書 評
山本正『「王国」と「植民地」』……………………………………………勝田俊輔(67)

学界だより
家永三郎氏の人と学問……………………………………………………峰岸純夫(71)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(76)

会 告
 歴史研究者は、アメリカの対イラク戦争に反対し、問題の平和的解決をのぞむ…(74)
 中央教育審議会答申「新しい時代にふさわしい教育基本法と
  教育振興基本計画の在り方について」への抗議声明…………………………(75)

775号 2003年5月            

論 文
明治期の大修参判使と対馬藩………………………………………………石川寛(1)

研究ノート
南洋群島のキリスト教政策………………………………………………高木茂樹(20)

批判と反省
継承される「ジプシー」に対する誤謬………………………………金子マーティン(33)
 -大里賢太論文への疑問-

書 評
若桑みどり『皇后の肖像』……………………………………………… 早川紀代(43)
川越 修・矢野 久編『ナチズムのなかの20世紀』…………………………高橋進(46)

◆2003年度歴史学研究会大会部会主旨説明◆
全 体 会:公共性再考-グローバリゼーションとナショナリズム…………………(50)
古代史部会:古代国家の展開と地域社会…………………………………………………(51)
中世史部会:中世社会の再生産構造………………………………………………………(52)
近世史部会:近世の国家・社会と文化動向………………………………………………(54)
近代史部会:科学と帝国……………………………………………………………………(55)
現代史部会:ヴェトナム戦争と東アジアの社会変容……………………………………(56)
合同部会:転換期における農業社会………………………………………………………(57)

会 告:民族学校出身者に国立大学の受験資格を認めよ……………………………(60)
   2003年度歴史学研究会総会・大会のお知らせ………………………………(63)

774号 2003年4月

小特集 中世・近世土地所有史の再構築
小特集によせて……………………………………………歴史学研究会編集委員会(1)
論 文
中世における土地の所有と売買…………………………………………鈴木哲雄(2)
中近世移行期土地所有史の論点と課題………………………………長谷川裕子(8)
17世紀における土豪の土地所有の変化…………………………………渡辺尚志(15)
コメント
土地所有史研究の現状と課題……………………………………………西谷正浩(22)
移行期土地所有論によせて……………………………………………白川部達夫(25)

論 文
清朝康煕年間における内廷侍衛の形成…………………………………内田直文(29)

書 評
吉澤誠一郎『天津の近代』………………………………………………水羽信男(46)
下田 淳『ドイツ近世の聖性と権力』……………………………………永田諒一(49)
田中ひかる『ドイツ・アナーキズムの成立』………………………………山泉進(52)
木村和男『カヌーとビーヴァーの帝国』…………………………………細川道久(56)

談話室………………………………………………………………………………(59)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(60)

773号 2003年3月

論 文
「大寺制」再考-7世紀を中心として-……………………………………三舟隆之(1)
中世ロシアにおける「七千年終末論争」の「異端化」………………………宮野裕(19)
ニューディールにおける1937年合衆国住宅法の歴史的位置………………中島醸(36)

書 評
松本一夫『東国守護の歴史的特質』……………………………………峰岸純夫(52)
藤本茂生『アメリカ史のなかの子ども』………………………………野々村淑子(55)
川島浩平『都市コミュニティと階級・エスニシティ』………………………大森一輝(59)

史料・文献紹介…………………………………………………………………(64)

772号 2003年2月

論 文
戦国期における将軍と大名………………………………………………山田康弘(1)
「大区小区制」の形成過程………………………………………………松沢裕作(17)
民国初期における地方自治制度の再編と地域社会…………………田中比呂志(35)

時 評
「歴史認識と東アジアの平和フォーラム」東京会議の呼びかけ………荒井信一(49)

書 評
濱田耕策『新羅国史の研究』………………………………………………森公章(51)
本康宏史『軍都の慰霊空間』………………………………………………西村明(54)
アンソニー・リード著/平野秀秋・田中優子訳
 『大航海時代の東南アジア 1450-1680年』(1・2巻)………桃木至朗(57)

談話室………………………………………………………………………………(60)

史料・文献紹介……………………………………………………………………(61)

771号 2003年1月

論 文
正長の徳政一揆と山門・北野社相論……………………………………清水克行(1)
枢密院事務規定改正問題…………………………………………………茶谷誠一(16) 
1930年代中国における徴税請負制度の改革と国家……………………姜■亜(32)

書 評
阿部浩一『戦国期の徳政と地域社会』…………………………………井原今朝男(45)
高橋昌明『武士の成立 武士像の創出』…………………………………野口実(48)
森 裕城『日本社会党の研究』…………………………………………高橋彦博(51)
森 時彦『中国近代綿業史の研究』……………………………………久保亨(54)
河原 温『中世フランドルの都市と社会』………………………………亀長洋子(58)

会告:投稿論文の取り扱いについて…………………………歴史学研究会委員会(61)

※姜氏の■は、「てへん」に「珍」の右部分。