国文学研究資料館アーカイブズ研究系の機能保全に関する要望書

人間文化研究機構                
機構長 金田 章裕 殿
国文学研究資料館
館長  伊井 春樹 殿

国文学研究資料館アーカイブズ研究系の機能保全に関する要望書


 散逸の危機に瀕した日本の記録史料の保存を求めた歴史学界をあげての強い要望と運動を背景として、歴史研究者96名による「史料館設置に関する請願」が 1949年に衆議院により採択され、文部省史料館が設置されたのは1951年のことであった。現在の国文学研究資料館アーカイブズ研究系は、この文部省史 料館に起源を置くものである。
 国文学研究資料館がこれまでにその調査・収集・研究を通じて収蔵した日本近世・近現代史の収蔵史料は50万点にのぼり、民間史料の受け皿として貴重な役 割を果たしてきた。また、過去60年にわたって刊行されてきた『史料館所蔵史料目録』(現『史料目録』)をはじめとする史料群の保存・公開事業は、これま で数多くの研究者の利用に供され、歴史学の発展に多大の貢献を果たしてきた。
 また、1952年に開設された「近世史料取扱講習会」は、「史料管理学研修会」、「アーカイブズ・カレッジ」へと継承され、多くの大学院生(現在、10 大学院で単位化されている)を含めた多様な職種の対象者に対する開かれたアーカイブズ学教育の貴重な場として大きな役割を果たし、全国における史料保存の 担い手を養成してきた。
 さらに、国文学研究資料館が展開するアーカイブズ学研究は、これまで海外諸国に対して著しく遅れをとってきた日本のアーカイブズ学の発展や内外の史料研 究機関のネットワーク形成に重要な役割を担ってきている。
 公文書管理法制定の機運が高まっている現在、日本におけるアーカイブズ学の発展とアーキビスト養成は喫緊の課題である。国文学研究資料館によるアーカイ ブズ学研究および「アーカイブズ・カレッジ」(アーキビスト養成事業)は、国立の研究機関としては唯一その役割を果たしているもので、日本の記録史料保存 学において不可欠の存在意義をもつだけでなく、より一層の充実が求められている。
 人間文化研究機構の設立(法人化)に際して、2002年12月、歴史学研究会は「国文学研究資料館史料館の設置形態をめぐる議論についての要望書」を提 出し、史料館がその機能と役割を減退することのないよう求めた。こうした歴史学界の要望をふまえて、松野陽一館長(当時)は、史料館をアーカイブズ研究系 と位置づけたのは「吸収合併ではなく、独自性を失う改変でもありません・・・(中略)・・・記録資料科学の学術的主張を強く推進するばかりでなく、文学研 究系と連携して魅力的な研究領域を構築してもらうつもりなのです」(『国文学研究資料館報』第61号、2003年9月)と述べている。また、現・伊井春樹 館長は国文学研究資料館要覧(2008年)の「はじめに」において、「各種の文書史料を基盤にし、新たな研究活動を持続していく」と述べている。このよう な姿勢を国文学研究資料館が堅持することが強く求められているのである。
 以上のことから歴史学研究会は、国文学研究資料館アーカイブズ研究系の機能保全のために、次の3項目を要望する。

1. 国文学研究資料館は、アーカイブズ研究系が歴史学と記録史料保存学に対して果たしてきた不可欠の存在意義を強く認識し、また学問の自由の原則をふまえて、 同研究系の機能・人員・予算を維持するとともに、アーカイブズ学研究のさらなる活性化に取り組むこと。
2. 国文学研究資料館は、これまでと同様にアーカイブズ系による日本近世・近現代史料の収集・保存・研究・公開利用が十分なされるように態勢の充実をはかるこ と。資料閲覧に際しては利用者・研究者の要望に応じられるよう、適切な人員・施設を確保すること。
3. 国文学研究資料館は、「アーカイブズ・カレッジ」を継続し、いっそうの充実をはかること。

2008年11月14日

歴史学研究会 委員長 藤田 覚