中央教育審議会答申「新しい時代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画の在り方について」への抗議声明

文部科学大臣 遠山敦子殿

 2003年3月20日,中央教育審議会は「新しい時代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画の在り方について」の最終答申をまとめた。

 最終答申は,「グローバル化の進展」がもたらす「国際的な大競争時代」を「切り拓く心豊かでたくましい日本人の育成」を目指す観点から,教育基本法を「改正」するとしている。そうした観点から,第一に,学校制度・学校改革に関わる理念,原則として,「信頼される学校教育の確立」,「「知」の世紀をリードする大学改革の推進」を,教育基本法に付加するとした。第二に,国民の精神にかかわるものとして,「「公共」に主体的に参画する意識や態度の涵養」や「日本の伝統,文化の尊重,郷土や国を愛する心」などを付加するとした。

 この教育基本法見直しには,根本的な問題点がある。それは,国家の目的は国民の権利を守ることであり,グローバル企業を発展させることであってはならないからである。

 「改正」点の第一は,日本のグローバル企業が国際競争に打ち勝つために,「創造性のある人材育成」を目的とする格差教育徹底化の制度改革に他ならない。国民に等しく一定の教育をあたえるという義務制の公教育の理念を放棄して,学校制度の複線化により子どもの早期選別を推進することは,憲法に基づく教育基本法に反するものである。また,国立大学の独立法人化とあいまって,収益性のある分野の重視,基礎分野の軽視や大学の自治の形骸化の推進は,社会・国家のありかたを批判するという大学の本来の使命を衰弱させる。それは,結果的に国家,社会の発展を弱めるだろう。

 「改正」点の第二は,グローバル化の進展にともない高まる国民多数の国家への不満を,幼少期よりの「心の教育」によって食い止め,国民の国家への忠誠心の強化をはかろうとするものである。これは,国民の権利の中核である思想,良心の自由を侵すものである。「国を愛する心」が教育基本法に付加されれば,児童,生徒,教員に対する思想統制の強化になることは,「国旗・国歌法」制定以後,学校現場における日の丸,君が代強制が格段に強まった事実をみてもわかる。「国を愛する心」が教育の中に取り入れられると,たとえば,国家が戦争を支持している場合,それを批判する行為も「国を愛さない心」とみなされてしまうだろう。そうした意味で「国を愛する心」の教育基本法への明記は,大変危険な政策なのである。

 以上の点から私たちは,中教審答申にもとづく教育基本法「改正」に強く反対するものである。

2003年4月25日
歴史学研究会委員会