2017年度歴史学研究会大会

第1日 5月27日(土) 全体会 13:00~17:30
全体会 境界領域をめぐる不条理 
境界領域をめぐる不条理
清朝・ベトナム国境と越境する海賊………………………………………………………豊岡 康史
「イギリス臣民」が作り出す不条理
 -19世紀インド洋西海域における境界と不条理の一事例-…………………………鈴木 英明
近現代のアルメニア人社会が包摂する「境界」…………………………………………吉村 貴之
  コメント:村井 章介・錦田 愛子

第2日 5月28日(日) 9:30~17:30(合同部会13時~ 特設部会11:30~14:00)
古代史部会 日本古代国家の支配構造とその形成過程 
日本古代国家形成期の交通と国司-その前史と成立・展開-……………………………中 大輔
日本古代における土地支配体制の特質と形成過程………………………………………北村 安裕

中世史部会 日本中世の権威と秩序   
室町幕府将軍権威の構造と変容………………………………………………………石原 比伊呂
足利時代における血統秩序と貴種権威…………………………………………………谷口 雄太

近世史部会 日本近世の自然資源と政治・社会  
秋田藩の林政と山林資源管理技術………………………………………………………芳賀 和樹
漁村秩序の近世的特質と自然資源・環境………………………………………………中村 只吾

近代史部会 人々の実践と生活世界の変容 
島民からみた硫黄島史
 -プランテーション社会、強制疎開と軍務動員、そして難民化-……………………石原 俊 
植民地期朝鮮における言語の政治史・社会史……………………………………………三ツ井 崇
   コメント:高江洲 昌哉・村田 奈々子

現代史部会 都市の「開発」と戦後政治空間の変容
戦後都市、「不法占拠/居住」をめぐる空間の政治……………………………………本岡 拓哉
未来都市の米国現代史
 -郊外化、開発、ジェントリフィケーションにおける排除と包摂-………………宮田 伊知郎
コメント:源川 真希・森 千香子

合同部会 「つながり」の比較史―前近代ヨーロッパの商業ネットワークと人的紐帯-
帝政ローマ前期ガリアの商人・運送業者のネットワーク-アルル、リヨン、北海-………長谷川 敬
14世紀リューベック商人のネットワーク……………………………………………………柏倉 知秀
   コメント:菊池 雄太

特設部会 地域に生きる市民と歴史-「社会的要請」と歴史学(その2)- 
地域市民と交流する歴史研究-宮城県における震災前後の変容-…………………… 斎藤 善之
地域市民と言葉を通わせる-飯田市歴史研究所での活動を通じて-……………… 多和田 雅保
歴史研究が地域で果たすべき役割-国境の島・対馬の実際-………………………… 大澤 信

▲会場:学習院大学目白キャンパス(JR山手線 目白駅下車1分)
▲会場整理費:一般1800円、会員1500円、学生(修士課程まで)1000円。両日とも参加できます。