歴史学研究会は、職業・所属・年齢・専門を問わず、会の綱領・会則に賛同する人が自由に 入会し参加できる、誰にでも開かれた全国的な学術団体です。現在、会員数は約2,200名で、年一回大会・総会が開かれています。
 本会では、学歴・学閥などの古い権威にとらわれず、「民主主義的な、世界史的な立場」に立って、「科学的な歴史学」を発展させることを目的に活動してい ます。また、教科書・歴史教育問題、文化財保存、情報公開、紀元節問題など、現実社会の提起する課題に対しても主体的・積極的に取り組んでいます。
 こうした会の趣旨に賛同される方の入会をお待ちしています(入会案内はこちら)

 歴史学研究会の活動は、会誌『歴史学研究』の編集、各種研究会の開催、科学運動への参加を主としています。会員の方々には、毎月『歴史学研 究』と『歴史学研究月報』をお送りしています。『歴史学研究月報』は、学問をとりまく様々な社会情勢・研究会の活動報告、会員の意見交換、会からのお知ら せなどを掲載しています。